朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ

3月4日  寒緋桜が咲き始めましたね。


f0117041_16092610.jpg

昭和記念公園に出かけました。
修善寺桜は見ごろを過ぎました。
染井吉野の開化を待つだけになりました。

このごろ世の中のできごとは愚かで信じられないことでさえ
あれこれの説明があり
起こり得ることを教えてくれます。
理性は金と力にあっさり口を閉ざすのですね。
そして賢いはずの人が暴走するのです。

欲のない田舎暮らし
それが現代の桃源郷ですね。

でも、平和な時代は、きれいな物持ち人生
それも選択肢にあるかもしれません。

何人かの「ぐうたらな」道しるべを見つけて
おろおろ歩くそれが似合っています。

気高く、格調高い
お疲れ様の人はご遠慮します。
自分の歩幅が丁度いい。
f0117041_16143613.jpg


ぐうたらで何をやっても間が悪いここまできたら「まあ、いいか」でゆく  あきオジ



f0117041_16072833.jpg
うまくやったとしても
名刺の肩書が増えるとか
預金の額を言いふらす。
こども自慢することぐらい。
それでもいいなら
「まあ、いいか」

とんがることはない。

f0117041_16161056.jpg
春風や八文芝居だんご茶や  一茶

一茶はスノッブというか野暮ったい俗人だったのですね。
そこが面白い。
結婚生活もそこそこで
子宝に恵まれず

強欲で
働かず、農業も嫌い。
田舎名士になりたい。

それもあり
そんな魅力でしょうかね。



f0117041_16055631.jpg
f0117041_05362135.jpg



# by hiramekarei | 2017-03-04 05:38 | Comments(0)

3月3日花の季節始まりましたね。

f0117041_21203408.jpg
神代植物公園の花です。

そろそろ写真技術もなんとかしなくてはいけませんね。
きれいなものをそのままきれいに写し取っても面白くありませんね。
気力が湧いてきたら挑戦しましょうかね。

とりあえずは「休まない」だけを考えていきましょう。

金子兜太の「今日の俳句」を読んで
俳句は、自分の守備範囲にはないことを知りました。
代表作としてとりあげている句も
内向きというより
仲間内向きですね。

それはそれでお楽しみください。

自分のそれは「その日暮らし」のメモ
血圧を測っているようなものです。
それ以上を望んでいるわけでもなく
かっこうつけるともりです。


f0117041_21211601.jpg

雨上がりそれはそれで春なのだ  あきオジ

f0117041_21215807.jpg
日めくりの暦はがして「今日は何」話題仕込んで家を出る あきオジ

f0117041_21223966.jpg

蝶見よや親子三人寝てくらす 一茶

f0117041_21235488.jpg

f0117041_05214910.jpg


# by hiramekarei | 2017-03-03 05:22 | Comments(0)

3月2日 老いは受け入れ態勢を追い越していきます。

f0117041_16131669.jpg
天気が悪くて撮影にでかけることができませんでした。
誰もこまるわけでもないのですがこだわってしまいます。

同じことの繰り返しですね。
f0117041_16141655.jpg

気合入れ家を飛び出す春の雨  あきオジ

f0117041_16170810.jpg

桜待つ西行うかぶか西の空  あきオジ

f0117041_16182120.jpg

順調に年を取ればそれでいい突然だけはいただけない  あきオジ

f0117041_16194683.jpg
春の風垣の雑巾かわく也  一茶

f0117041_16343178.jpg
f0117041_05512974.jpg



# by hiramekarei | 2017-03-02 05:13 | Comments(0)

3月1日 春眠暁を覚えず

f0117041_18021149.jpg

すっかり寝坊しました。
連日五時起きです。
寝たのが九時ですから寝坊です。

寝坊したとしても誰も困りませんね。

あと少しで色が溢れる季節になりますね。
年年歳歳ですね。

声まで弾んできました。


f0117041_18033079.jpg

ときをかけ当たり前はしみていく福島偏見いつ消えさるか  あきオジ

f0117041_18042456.jpg

暦なき鳥が教える春の声  あきオジ

f0117041_18051740.jpg
我家は団扇で煤をはらいけり  一茶

f0117041_18081923.jpg
「師走の夜の冷たい寝床が一つあるきり」


f0117041_06462218.jpg

# by hiramekarei | 2017-03-01 06:46 | Comments(0)

2月28日 もう少しですね。

f0117041_17251510.jpg

昭和記念公園です。
順番に桜咲いてますね。

いいこともそうでないことも
降ってくる雨のようにやりすごしたいですね。

最近はしたいことをしたいように
思いついたら何でも
そんな展開ですね。
f0117041_17260927.jpg
ことばさえ浮かばぬ春の雨になり  あきオジ

f0117041_17265937.jpg
どうしてもしなきゃならぬことはない何も残さず消えて行くだけ  あきオジ

f0117041_17274639.jpg

女郎花あつけらこんと立(たて)りけり  一茶

f0117041_17403033.jpg
f0117041_06434606.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-28 06:16 | Comments(0)

2月27日 やはり日本を感じるのは桜ですね。

f0117041_16383646.jpg

桜の季節到来ですね。
この季節になると西行歌集を取り出します。
西行も旅の人でした。

私の敬愛する人はいずれも旅の人です。
西行
一遍
山頭火
いずれも旅の人です。
なぜでしょうかね。

ぐうたら親爺は旅もできませんし
異端を気取ることもできません。

そんなことでしょうし
逆らいません。

自分の世界に入り込んだ芸術家を追ったドキュメントを見ました。
ここにも世界があったのだと思いましたね。

地球に人間以外の無数の生物がいるのに人間目線でしか
見ていないし
ことばでしか考えません。

まあ、難しく説明することもありまませんしその必要もありません。

好きなことをは見つけるのではなく生み出すことかもしれません。

f0117041_16401635.jpg

いつのまに桜神話に紛れ込み  あきオジ


f0117041_16433970.jpg

物わかりいい大人らが洒落のない息苦しさをまき散らしてる あきオジ

f0117041_16411956.jpg

古郷や餅につき込春の雪  一茶

f0117041_17085743.jpg
f0117041_04513894.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-27 04:19 | Comments(0)

2月26日 昭和記念公園も人が増えましたね。

f0117041_16210001.jpg
修善寺桜と河津さくらが見ごろでした。
やはり、山桜でしょうかね。
ソメイヨシノもあと少しです。

花の追っかけじいさんを楽しむのもいいものです。
そうしれば、俳句に写真に興味が広がります。

「雲霧仁左衛門」と「名探偵ポワロ」でテレビじいさんの午後が終わりました。
「雲霧仁左衛門」は国村準がよかったですね。
時代劇としては久しぶりの佳作でした。
録画しておきました。

一茶の面白いところは時代の気分を掬っているところです。
田舎の日常を庶民の目線でとらえているところです。
一つ間違えると駄作、それだけ俳句に陥ってしまいそうなのですが

何を見ているかの面白さがありますね。
しばらくお散歩気分でひろいよみしたいと思います。

f0117041_15473818.jpg

俳句する窮屈世界の春遠し  あきオジ

f0117041_15483559.jpg

憂いなど時と道連れいつの日か溶けておしまいそれ知恵かも  あきオジ

f0117041_15492923.jpg

 藪入りや泪先立人の親  一茶


f0117041_15503983.jpg
お粥煮えてくる音の鍋ふた  放哉


f0117041_16032437.jpg

f0117041_06131727.jpg

イラスト描いていると「写経」しているような気分になるから不思議です。


# by hiramekarei | 2017-02-26 05:14 | Comments(0)

2月25日  風が強く予定変更

f0117041_17382672.jpg

浅草風景です。

このごろは
「こころ旅」再放送
「グレートトラバース」再放送
「雲霧仁左衛門」
を見ています。

まさに、テレビ爺さんしています。




f0117041_17394595.jpg
守備範囲ちいさい日々に福寿草  あきオジ

f0117041_17401990.jpg
幸福になりたいなどとあいさつしなんとなくでそれでいい  あきオジ

f0117041_17410638.jpg
梅さくや我にとりつく無精神  一茶

f0117041_17525043.jpg
f0117041_05164142.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-25 04:41 | Comments(0)

2月24日  暖かくなったり冷え込んだり

f0117041_15450490.jpg
修善寺さくらです。
ちょとピンボケ

今日は写真の撮り直しにでかけましょうかね。

古本屋に出かけた以外は家でブログ更新作業
それが楽しいです。

山頭火の関連の本を読んだり
一茶の句集からお気に入りを選んだり
イラストを描いたり
素人は素人の楽しみがあるものです。

続けていれば何かが見えるものですね。


f0117041_15460969.jpg
塩辛を塗りこめているか今朝の空  あきオジ

f0117041_15471969.jpg

古今集のどかなf空気流れてる短命時代のせわしさもなく あきオジ

f0117041_15482094.jpg

雪とけて村一はいの子ども哉  一茶

f0117041_16033666.jpg
放哉のうちに向かった厳しさは、それはそれでいいですね。
f0117041_04475554.jpg




# by hiramekarei | 2017-02-24 04:57 | Comments(0)

2月23日 朝はいつも美しい

f0117041_13530267.jpg

朝のうちお決まりの作業をしました。
朝だと勘違いして夜中に起き出してしまいましたが
仕事があるわけでもありませんので
一人で苦笑いしていました。
午前中は「若冲」を見ていました。

散歩は二駅分歩いて「まあ、いいか」

アガサクリスティー「名探偵ポワロ」を楽しんで午後は終わりました。
だんだん、楽しめる量が少なくなってきました。

細切れにして工夫しています。

f0117041_13534152.jpg
退屈な部屋におこぼれ春一番   あきオジ


f0117041_13541675.jpg
春が来る忘我混沌嬉しくも階段注意手すり握って  あきオジ



f0117041_13544433.jpg
芭蕉翁の脛をかじつて夕涼  一茶
f0117041_14093668.jpg
「人をそしる心をすて豆の皮むく」 放哉

(お気に入りの句です。素直にも読めるし、負け惜しみともとれる。まあ、いいか)

f0117041_15012348.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-23 04:30 | Comments(0)

2月22日 昭和記念公園では桜が咲き始めました。

f0117041_13215474.jpg
桜の季節になりました。
電車に乗るのが楽しみになりました。

でも、でかけるのが面倒になり
距離も短くなりました。
でも、じっとしてもいても楽しめるようになりました。

どちらにしてもありがたいことです。

f0117041_13233002.jpg
桜咲き大食いできればそれでいい  あきオジ

f0117041_13241725.jpg

面倒な手順抜きのやりとりに倒されそうな無防備オヤジ  あきオジ

f0117041_13253529.jpg

竹きれで手習ひをするまま子哉  一茶

f0117041_14373418.jpg

f0117041_05284087.jpg
放哉の魅力は
打ちに向かってぶれないこと
続けていくうちに新たな目線が生まれる。
それが楽しみです。
とりあえず
ぼちぼちアップします。




# by hiramekarei | 2017-02-22 05:06 | Comments(0)

2月21日 桜の季節ですね。

f0117041_17141774.jpg

昭和記念公園も春を待っています。
色いっぱいの季節がいいですね。

今日、散歩ついでに出かけましょうかね。

最近、「クラシック倶楽部」で武満徹の音楽が多く流れます。
そんな時期なのでしょうか。

「グレートトラバース」「こころ旅」が繰り返し放映されています。
私も繰り返し見ています。

山頭火も放哉も
結局は「旅」ですね。
f0117041_17133609.jpg

こころから春を待ちますありがたき  あきオジ


f0117041_05132361.jpg

春の海これまでもありこれからもあり続けるか人影もなし  あきオジ

f0117041_17145849.jpg

こころからしなのの雪にふられけり  一茶


f0117041_04320009.jpg

(放哉噛みしめればいいですね)

f0117041_05104222.jpg




# by hiramekarei | 2017-02-21 04:40 | Comments(0)

2月20日  伊豆では桜咲いていました。

f0117041_04325871.jpg
横浜の街角


温泉にでかけました。
仲間が誘ってくるれるのです。

人がいっぱいでした。
桜も咲き始めていました・

楽しみは一つ二つでは物足りないです。
忙しいくらいでちょうどいいのかもしれません。

でも、最近は出かけないでも
当たり前の生活を楽しむのがいいですね。
じっとしていても楽しいことはいっぱいあるからです。
それも年でしょうかね。


f0117041_04334978.jpg
桜まつ挨拶軽し過疎の村  あkオジ

f0117041_04344448.jpg

人付き合いなくてもうれしき桜かな  あきオジ


f0117041_04353070.jpg


おしゃべりをなによりというばあさんが桜の里で梅干を食う あきオジ

f0117041_04325871.jpg
春風や藪に吹るる捨手紙  一茶

f0117041_05350017.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-20 04:54 | Comments(0)

2月19日 色のない季節は退屈だ。

f0117041_16093458.jpg
去年のラン展の出品作品です。

熱川温泉にきています。
まだ春は早いですね。
寒いと暖かい土地に行きたがる。

でも、その土地に根っ子をもつとじっと春を待つことを覚えるのですね。

季節に変化があると退屈しませんね。ありがたいことです。
このごろは守備範囲を小さくしています。
でかけるところも減らしています。
せまく
ほどほどに。
それがいいのかもしれません。
f0117041_16100539.jpg
身の程を忘れて飾る蘭一輪  あきオジ

f0117041_16105467.jpg
賢さを誇示するかのような投稿欄正論いっぱい躊躇いもなく  あきオジ

f0117041_16113249.jpg
                               山霧の足にからまる日暮哉  一茶

f0117041_16122945.jpg






# by hiramekarei | 2017-02-19 06:07 | Comments(0)

2月18日  遊びに忙しいのです。

f0117041_20272786.jpg
階段で置いてあっただんボールに躓きました。
転ばなくてよかったです。
注意していても躓くのが年寄です。

最近、大食いになりました。
食べたいものを我慢する。
長生きする。天秤にかけるは違うとおもいます。

いよいよ草間彌生の展覧会が始まりますね。
帰国した彼女を袋叩きにした新聞記者はどうしているのでしょうかね。

固化体性保持のため懸命に旗を振っている人
これからの人生に不安がないでしょうかね。

「医者なんだから」
「裁判官だったら」
「先生なのに」
こんな論調はそのうち消えるでしょが
歪みですね。

「親なのに」にこだわっているうちがいいのかもしれませんね。

素人には解説を読まなくては理解できない俳句はつまらない。
そんな句は専門家にお任せしましょう。
ちょっと口にして毎日続けて
なんとなく感じる
それが面白い。
それがあきオジ流の鑑賞法です。

でも、俳句はそこまでです。

f0117041_20282425.jpg
雪が降る背中に今日も降り積もる  あきオジ


f0117041_20292679.jpg
感謝する芸当持たぬ年よりは迷惑かけない口出さない  あきオジ

f0117041_20311746.jpg

旅人や山に腰かけて心天(ところてん) 一茶


f0117041_21202918.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-18 05:22 | Comments(0)

2月17日 楽しいのは予定がないこと

f0117041_17463084.jpg
昭和記念公園も春の気配です。


何も予定がないのは楽しいことです。

散歩したいし
短歌も作りたい

見たいドラマもあり
撮りたい写真もあり

詰め将棋もしたい
ダビングしなければならない音楽もあり

しなくてもいいことならいっぱい。

でも、何もしないでいることが最高ですね。
実際にできること
工夫できることなどごく少数

あれこれ思いついているときが楽しいですね。

山頭火の次は放哉です。
参考資料がたまりました。

自分を楽しむのがいいですね。

f0117041_17472776.jpg

寒椿受験生は改札へ  あきオジ

f0117041_17480428.jpg

期待せず期待もされぬこのごろは一人を楽しむ知恵がいっぱい  あきオジ

f0117041_17491703.jpg

寝た犬にふはとかぶさる一葉かな  一茶

f0117041_17500720.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-17 05:28 | Comments(0)

2月16日  もうすぐ桜の季節ですね。

f0117041_16421890.jpg
「名探偵ポワロ」
「刑事フォイル」
「歌手・竹原ピストル」
そして、ブログ更新準備で一日が終わりました。

すべてはなくても困らないことであり
しなくても迷惑をかかりません。
世間に扉は半開きですし
社会貢献もしていません。

税金を払い
役立つことはしていませんが
迷惑をかけない。
そんなものです。

家の掃除の邪魔をしないことが与えられた役割なのかもしれませんね。

素人が言い出すことではありませんが
芭蕉は観念の世界で虚構ですね。
そんな美意識が素敵です。
現代の教養人がとりあげるのはわかるような気がします。

でも、一茶の野暮ったさや市井の暮らしをえぐった言い回しもいいですね。
風景が見えてくるのがいいですね。

バッハの形式的な美しさを
近代音楽が突き破るのと同じような流れがあるのですね。
現代音楽の閉塞状態と現代俳句は似ているのでしょうかね。

中島みゆき世界がとってかわっているのでしょうかね。




f0117041_16430547.jpg
いきがりを半纏文字に押し込んで あきオジ

f0117041_16434700.jpg

正義など頭になくてひたすらに面倒きらいが決め手なり  あきオジ


f0117041_16445398.jpg
春風や八文芝居だんご茶や  一茶

f0117041_16455842.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-16 04:40 | Comments(0)

2月15日 寒さが続きますね。

f0117041_05405389.jpg
寒さが続きますね。
体調もそこそこになりました。

最近、時代劇にはまっています。
「雲霧仁左衛門」
「剣局商売」
「三屋清左衛門残実録」
放映日を探してみています。

古書店で原作本を探して別の展開を楽しんでいます。

「雲霧仁左衛門」は、泥棒を主人公に据える発想の面白さと
音楽の効果に惹かれます。

「剣局商売」は主人公が老人
それも、フォーレを多用した音楽が素敵です。
音楽の効果は大きいですね。
このドラマは音楽を聴いているようなものですね。

「三屋清左衛門残実録」は仲代達矢バージョンも北大路欣也バージョン
いずれも定年後の生活を下敷きにしてみると面白いですね。
とくに、仲代達矢と財津一郎のやりとりが秀逸です。

原作本にもない味ですね。

イギリスミステリーは食傷気味なのでちょうどいいかもしれません。



f0117041_05412971.jpg

雪降りのニューズ掘り出す友の顔  あきオジ

f0117041_05420712.jpg

マフラーを巻き直してる受験生いずこの街で春を迎える  あきオジ

f0117041_05425335.jpg

藪入や泪先立人の親  一茶

f0117041_05453024.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-15 06:27 | Comments(0)

2月14日  雪は峠を越えたのでしょうか。

f0117041_06010585.jpg
f0117041_05085040.jpg
昭和記念公園も春ですね。
梅が咲き
福寿草も咲き
セツブンソウもいっぱい咲いています。

人も外に出ていますね。
車いすの方やおとお年寄りが楽しそうにしているのが嬉しいですね。

NHkでペン一本で絵を描く「池田 学」を取材した番組を見ました。
繊細で丁寧な語り口の画家で
その細密描写に圧倒されました。
草間彌生以来の感動でした。

諦めないで続ける。
それしかないならそれを続ける。

池波正太郎の「雲霧仁左衛門」を古書店で手に入れました。
軽快な文章がいいですね。
数日は楽しめます。



f0117041_05094176.jpg

掘り出した春でくらす暢気もの  あきオジ

f0117041_05102562.jpg

ひな祭り何がめでたい不気味なる飾りなるもそれもいいかも  あきオジ

f0117041_05111610.jpg
春雨や欠伸(あくび)をうつる門の犬   一茶
f0117041_06010585.jpg

# by hiramekarei | 2017-02-14 05:34 | Comments(0)

2月13日 夜明けが早くなってきましたね。

f0117041_17165120.jpg

小学生夏休みの日記のような内容になってしまいました。
生活もそんなものです。

午前も午後も前の日と同じです。
極楽生活を思うこと
美しい音楽
美味しい食事
毎日なら飽きるということです。
退屈を感じることはないのでしょうかね。

BSの番組の前後の宣伝
どうして「放映後30分限定」の特典なのでしょうかね。
そのような宣伝を一日流すのには戦略があるのでしょうかね。

見え透いたサービス内容
素人でもわかる怪しさ
関係機関が規制しないのでしょうかね。
でも馬鹿げているからいいのかも知れません。
血ナマコになって痩せる栄養食品を探す
肥満おばさん
それもごった煮みたいで面白い。

そういえば
時代劇にしてみイギリスミステリーにしても
日本の「〇〇殺人事件」にしても
殺人事件を娯楽にしているのですから大騒ぎすることはありませんかね。

大学への「天下り」
大騒ぎしていると新聞社にも火の粉が飛びますよ。
韓国ばかりでありませんね。

今の時代
しっぺ返しも多いにありますね。
螺旋状に変化するのでしょうかね。

f0117041_17192524.jpg

あるなしの境目に乗るなごり雪  あきオジ


f0117041_17200591.jpg


馬鹿げてるきちきち技法に縛られた現代短歌も美味しそう  あきオジ

f0117041_17212488.jpg
寝むしろやたばこ吹きかける天の川  一茶


f0117041_05461129.jpg

f0117041_18235524.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-13 05:21 | Comments(0)

2月12日  雪になりそうですね。

f0117041_16553346.jpg

早起きしてブログを更新しました。
言葉が次々飛び出す日もあれば
パソコンを開くだけで
何もかも空っぽの日もあります。

人の気分はわからないものです。

とりあえず昭和記念公園を一周してきました。
3時間の散歩でした。
ブログに使う写真を撮るだけになってしまいました。

俳句用、短歌用、一茶用
一応は考えるのですが、思い通りにいきませんね。
そんなときは

「まあいいか」
「休まなければそれでいい」です。

帰りにスーパーで干し柿を買いました。
干し柿は大好物ですが
高価な食べ物ですね。
時代が変わりましたね。

将棋対局を見て
名探偵ポワロを見て
何もない一日が終わりました。

今日は「こころの時代」
NHK俳句、短歌
そして将棋番組
散歩
古書店立ち寄り
「刑事フォイル」

めでたしめでたしになるように
そして転ばぬように
f0117041_16561685.jpg

梅の丘吟行グループ点々と あきオジ


f0117041_16565635.jpg

あれもこれも知ったかぶりのつかみどり言葉が散らばるどうでもいいのに  あきオジ


f0117041_16581468.jpg
花さくや足の乗物手の奴  一茶


f0117041_05470547.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-12 05:47 | Comments(0)

2月11日 西日本は大雪とか。ご用心ください。

f0117041_04242923.jpg

クリスマスローズの季節ですね。

何事もないこと
それで十分ですね。

余計なおまけがを求めるのは強欲ですね。

最近の時代劇では「雲切仁左衛門」が断然面白い。
NHKの時代劇はときおり名作が生まれますね。
江戸時代はあらゆる可能性が花開いた時代でしたね。
そんなとき「鎖国もいいかも」と思います。

時代劇は日本人の心情を鷲づかみにしますね。

煙草を吸わせない法律を作ろうとしています。
健康神話で「無駄の楽しみ」を奪い去ろうとしています。

その片棒を担いていろ人の「正論」も怖いですね。
正論は暴発しますからね。

f0117041_04245652.jpg


それはそれ雪降る朝はお念仏  あきオジ


f0117041_04254372.jpg


ひとりごと言うほど気楽な日々になり金なし友なしそれでいいかも  あきオジ


f0117041_04262508.jpg

能無しは罪も又なし冬籠(こもり) 一茶

f0117041_05055256.jpg
(毎日山頭火句集を開いていると身近になりますね。)

# by hiramekarei | 2017-02-11 04:37 | Comments(0)

2月10日  気候に支配される。それもいいかも。

f0117041_07201043.jpg
寒いので家にいました。
「将棋」対局を見ていました。
将棋も奥深そうですが性分にありませんね。
「鬼平犯科帳スペシャル」を見ました。
日本人の心情をくすぐりますね。
「名探偵ポワロ」
殺人をゲームにしてしまう。娯楽として楽しめる。
そのような感性にはついていけません。
でも、まあいいか。

そしてブログの整理をして
新日本風土記「四国遍路」を見直して
一日が終わりました。

まあまあかな。
これまで苦労した日々のご褒美のような暮らしです。

俳句、短歌などであれこれのものを吐き出し
捨てるのがいいですね。

先日「おねえ」を特集したNHKの番組をみました。
差別と偏見と闘った日々を取材したものです。
時代はここまできたのですね。

岸田秀の「ものぐさ精神分析」に影響されて
このような時代は追いかけてくると思っていました。

次の時代
家族制度は崩壊し
結婚という形は消滅し
人工的な人口コントロールするようになるのでしょうかね。

もう、法律的に重たい結婚という形は消えて行くのでしょうね。

f0117041_07211045.jpg

梅咲けば桜気にするお遍路さん  あきオジ

f0117041_07220580.jpg

結婚をしなきゃ不貞もありゃしない子のないことは無責任ではない  あきオジ


f0117041_07230748.jpg
かつしかや月さす家は下水端  一茶

(せこく、ずるく、強欲と俳句がつながっているところがいいですね。)

f0117041_05222560.jpg

# by hiramekarei | 2017-02-10 05:29 | Comments(0)

2月9日 寒くなりそうですね。

f0117041_18081702.jpg
寒い日になりそうです。
年を取って慎重になりましたね。
転ぶのが怖いですし
周囲の人と摩擦を起こしたくないですからね。

昭和記念公園へ出かけました。
白梅がきれいでした。

人は少なく
マラソン大会の学生だけでしたね。
こんな公園もいいものです。

遠回りして帰宅しました。
電車の中が何をしなくても楽しいですね。

「名探偵ポワロ」を見ました。
なかなかの作品でしたね。
でも、週一くらいで楽しむのがいいですね。
濃密ですが、疲れます。

ポワロは現実味がないのがいいですね。

歌番組で録画しておいた「カバーズ」をおさらいしました。
最近、歌番組が気に入りました。
新たな楽しみです。

これで将棋番組を加えると毎日同じような暮しになります。
新しいつもりでもいつも同じですね。

豊かな生活とは言えませんが
慎ましく暮らしてればどうにかなりそうです。

自分の物語を楽しめればそれでいい。


f0117041_18091482.jpg
水仙が因果を語る寒さかな   あきオジ


f0117041_18100529.jpg

福寿草けなげに咲いてありそうな幸運語る親子あり  あきオジ

f0117041_18105400.jpg

あつさりと春は来にけり浅黄空  一茶

f0117041_05525585.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-09 05:15 | Comments(0)

2月8日  今日は一番の寒さになりそうですね。

f0117041_20464745.jpg

公園にどうして少女をモデルにした裸像が多いのでしょうか。
男性裸像は見かけませんね。
いつの時代から女性裸像が優位に立ったのでしょうか。
まあ、いいか。
彫刻の世界の閉鎖性と時代錯誤を感じますね。

これからの時代は
彫刻というジャンルは消えるのでしょうね。

動くこと、光を放つことが必要なのでしょうかね。

マッピングシステムが楽しいですね。
東京駅を光で包んだり
ショールームを光の変化で飾ったり
もう、彫刻のために彫刻の時代は終わったのですね。

月曜日は楽しみがありません。
デニーズで音楽鑑賞して
散歩して
古書店で暇つぶし

そして、録画しておいた「雲切仁左衛門」「カバーズ」をおさらいしていたら
一日が終わりました。

ブログの更新の準備を忘れていました。

今日も寒さが厳しく
通勤に苦労するでしょうね。
ご苦労様です。
お出かけください。

とりあえず山頭火の画像も間に合いました。
f0117041_20472498.jpg

梅咲けど中途半端な暖かさ  あきオジ


f0117041_20482581.jpg


おけいこに出かけることも暇つぶし社交と言い切るしたたかさ  あきオジ

f0117041_20525575.jpg



名月や寝ながらおがむ体(てい)たらく  一茶


f0117041_05550273.jpg

# by hiramekarei | 2017-02-08 05:59 | Comments(0)

2月7日 今日は一段と寒くなりそうです。

f0117041_05522350.jpg

体調が戻りつつあります。

去年当たり前の平地を歩いていて
躓き転んであちこちを痛めましたが
少しずつ回復してきました。

それにしても、転ぶだけで
歯を欠いたり
手の指を痛めたりで
大変でした。

転ばぬようにすることですね。
でも注意していても転ぶのが老人です。

今の時代
「自分第一主義」を標榜して長続きするのでしょうか。

「感謝」などと若い人まで言い出す国とはずれがありますが
なんとか落としどころをみつけるのでしょうか


それにして、病気だとか
意外なことから急変するのですね。

f0117041_05530037.jpg

愚痴もない雪降る街は歩きます  あきオジ


f0117041_05533114.jpg

生きるなら上手に死ねる段取りも予定に入れる春のひらめき   あきオジ


f0117041_05542467.jpg
春風や大宮人の野雪隠  一茶


f0117041_06072427.jpg

# by hiramekarei | 2017-02-07 05:40 | Comments(2)

2月6日 変化ある生活も疲れます。

f0117041_17565342.jpg
日曜日はしなくてもいいことをしているだけです。

「こころの時代」
難しことばを弄り回して生きている人もいるのですね。

「NHK俳壇」
「NHk歌壇」を見ました。
魅力的な投稿作品はありませんでした。
でも、日々の暮らしにまじめに取り組む人がいるのですね。
とても真似できません。

昭和記念公園に出かけました。
市民マラソン大会が行わていました。
日曜日だったのですね。
家族連れもいました。
絵にかいたような東京暮らしですね。

梅が見ごろになっていました。
蝋梅もいいですね。

でもくたくたでした。

家に戻り
テレビを見ながらイラストを描いて一日が終わりました。

「あん」
「雲霧仁左衛門」
「三屋清左衛門残日録」
いいテレビ番組とであいました。

二度目もおいしい。




f0117041_17573790.jpg

無造作に咲きたる水仙雨を受け  あきオジ

f0117041_17582759.jpg

年寄に笑ってごまかす武器がある知らないことは厚かましいが聞く あきオジ

f0117041_17594718.jpg
朝晴にぱちぱち炭のきげん哉  一茶


f0117041_05295415.jpg



# by hiramekarei | 2017-02-06 05:32 | Comments(0)

2月5日  冬の真ん中ですね。

f0117041_04370209.jpg

とりあえず、駅まで歩いてきました。
それで「まあいいか」にしました。

「日本鉄道の底力」を見ていました。
日本人というのは条件を与えられると頑張れるのですね。
鉄道番組はワクワクしますね。

「三屋清左衛門残日録」を見ました。
北大路欣也主演のシリーズですがいい雰囲気でした。
原作が面白いこともあるのでしょうが
登場人物がいいですね。
次回が楽しみです。

仲代達矢主演のものは「お宝です」
名作ですね。

このブログのほかに
「お絵かき」を非公開で作っているのですが
その作業をすると一日が終わります。
仕事をしていた時代を思うと夢のようです。

都会生活は精神生活も人工物で
言い訳だらけですね。
新日本風土記で「桧枝岐」を紹介していましたがよかったですね。




f0117041_04374427.jpg

梅咲けば景色が変わるありがたさ  あきオジ


f0117041_04382562.jpg
あるがまま自然の景色に溶け込んで自給自足それでいいのだ  あきオジ


f0117041_04391173.jpg

縄帯の倅いくつぞ霜柱  一茶

f0117041_05520068.jpg




# by hiramekarei | 2017-02-05 05:17 | Comments(0)

2月4日 時代が求めた人が登場するのですね。

f0117041_20420257.jpg

寒さが続きますね。
来週は寒さが厳しくなるそうです。

野心家で媚を売るのが得意な一茶
怠け者で強欲な一茶
それも楽しいですね。

禁欲的で人格者であるのが好みの人には好かれませんが
圧倒的なパワーがありますね。

アメリカ人は変化を熱望していたのですね。
それほど閉塞状態だったのですね。

奴隷制度が廃止されたのはつい最近
形式的ではあるけれど人種差別を廃止したのもつい最近

原住民を悪者にしたてて勝手な物語を生み出した
西部劇も残っていますし
ピストルも元気です。

まだまだ貧富の差は大きくなる。
それなりの理屈を語り合えるようになるのは時間がかかりそうです。

人は本能を壊してから
かぎりなく利己的で方向を失ったのですね。

これまで維持されてきた家族制度も崩壊し
国制度も危うくなっていくのですね。

母性愛とか家族の絆
そんなものも変形して見えなくなってしまうのですね。

江戸時代は生涯結婚できない男性は相当数いたそうです。
現在を物差しにすると見えてこない風景がいっぱいあったのですね。

今を軸にして考えないことですね。


f0117041_20424540.jpg

とりあえずきれいごという梅だより  あきオジ


f0117041_20433260.jpg



とりあえず生きてきたがそれなりで自分で描く絵図は見えず  あきオジ


f0117041_20441111.jpg

猫の子がちょいと押さえるおち葉哉  一茶


f0117041_05163381.jpg











# by hiramekarei | 2017-02-04 05:17 | Comments(0)

2月3日  あと少しで凍結の不安が消えます。

f0117041_04595248.jpg

なかなかの日々を過ごしています。
若いころ
こんな心地よい生活ができるとは思いませんでした。

自然の恵みに触れる生活ではないのですが
それはそれでなんとかなるものです。

愚痴を言う相手がいないのがよかったと思います。
世間では愚痴を言い合うことが慰めといいますが

愚痴の大部分は自分が生み出したもの
愚痴の相手方の態度を変えることを堰堤としているのです。

年を取って気づいたことは
ときには、原因などを推測したり
憶測することをしないことがいいですね。
自分の正当性を確認するために聞いてくれる人を探す。
それはそれで間にありますが

それではつまらない。

夢物語を自分に語り掛ける。
そんなのがいいですね。





f0117041_05003154.jpg

愚痴言える相手もなしの炬燵かな   あきオジ

f0117041_05010812.jpg


西行を気取るほどの春待ちの笑顔もなしに干し柿を食う あきオジ

f0117041_05015133.jpg

大の字に寝て涼しさよ涼しさよ  一茶



f0117041_05585162.jpg


# by hiramekarei | 2017-02-03 05:25 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧