朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ

11月13日  俳句する気楽身分に秋の雨

f0117041_05412984.jpg
九十九里浜です。

久しぶりの外出でした。
夏場の賑わいはありません。

犬の散歩
そして、釣り人しかいませんでした。

車の中で将棋ビデオをたくさん見ました。
プロ棋士
思えば珍しい仕事ですね。
便利な時代になりました。

でも、もう追いつけませんし
追いつくつもりもありません。
ガラケーでおしまいです。

今日は朝から寒いですね。
年よりは転ばないようにしないといけませんね。

当たり前の暮らしをあたり前にしましょうかね。

f0117041_05423809.jpg

続けていれば地平が向こうからやってくる。成熟の時間が必要なのですね。

f0117041_05433702.jpg

稲妻にへなへな橋を渡りけり  一茶

f0117041_05442359.jpg

欲しいもの減らし続けて残されたほのぼの卵温めている   あきオジ

# by hiramekarei | 2017-11-13 06:02 | Comments(0)

11月12日  定型を突き抜けていく鰯雲

f0117041_06385976.jpg

昭和記念公園です。

「こころ旅」
香川県に入りました。
景気も言葉も懐かしいですね。
讃岐うどんが登場しました。
地元の人はトッピングは殆んど注文しません。
注文の仕方で他県のひとかどうか識別できます。

NHK杯将棋トーナメントを楽しんで
「素人お絵かき」を楽しめば一日が終わりです。

それと録画しておいた「運慶」を楽しむ日曜日にします。

f0117041_06394096.jpg

友達多くて付き合い好き。いい人。裏側にはかたりきれない重さもありそう。


f0117041_06402268.jpg

這へ笑えへ二つになるぞけさからは  一茶


f0117041_06413998.jpg

サラリーマン背広をぬいてうどん喰う誰のためと聞きたくもなく  あきオジ




# by hiramekarei | 2017-11-12 05:46 | Comments(0)

11月11日 凧揚げの親父も消えた秋の原

f0117041_06034587.jpg
昭和記念公園です。

温泉にきています。
秋は後半戦で須す。

そろそろ人生の店じまいです。
まだ、少しは余裕がありそうなので捨てるものは捨てましょう。
山の景色を見ているとそんな気分になります。



f0117041_06042770.jpg



恨みに報いる賢い方法は「振り返らない」「解釈しない」そんなこと。


f0117041_06052902.jpg


寝て起きて大欠伸して猫の恋  一茶

f0117041_06062781.jpg
人生に目的もなく意味もない自分で生み出す物語だけだ あきオジ

# by hiramekarei | 2017-11-11 05:45 | Comments(0)

11月10日  富士白く中途半端な雲が浮き

f0117041_05542590.jpg
昭和記念公園です。

秋のど真ん中です。
昔を懐かしみ「昔はよかった」というより
「これからの人生を楽しもう」
そのほうが、それなりに楽しめそうです。

些末なことを「揚げ足を取る」ような新聞記事が多いですね。
読んでいる方が恥ずかしいのですから書く方はなおさらでしょうね。
「大人げ」が薄い時代なのでしょうか。

助け合い、協力し合う美談を「感謝」で押し返す。
処世術の時代ですね。
美談は「生きる技術」なのですね。
それもありか。

だから「段取りが違う」ことにイライラする。
おおらかではいけないのですね。

運慶展を楽しみました。
圧倒的な像です。
仏像を越えています。
日本にもこんな作家がいたのだ驚きました。

久しぶりに上野にでました。

f0117041_05553573.jpg
裁判官が判決言い渡したあと、被告人に人生訓を述べるのやめてほしい。

f0117041_05565957.jpg
藪入りや泪先立つ人の親   一茶

f0117041_05582681.jpg
勘違い気づかぬふりしてすりぬけるしたたか老人それなり苦労  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-11-10 04:20 | Comments(0)

11月9日  文庫本重ねたままの秋の暮

f0117041_05481518.jpg

昭和記念公園です。

「ロダン」のドキュメントを見ました。
再放送していました。
天才は感情の激しさと表現の大胆さがありますね。
男女の関係は格闘技ですね。
「カレーの市民」
圧倒的ですね。

銀河戦
三浦VS宮田
対局後「感想戦」をやるのですが
なかなかのものですね。
勝敗にこだわる私には「感想戦」など我慢できませんが
さすがにプロですね。
プロの養成機関である奨励会会員のときは
一日3局さすのが日課なのだそうです。
それならわかりますね。

「トレッキング・隠岐」をみました。動けるうちに行ってみたいですね。

f0117041_05490138.jpg

体裁のいい言葉もバランスの気遣いも捨てなくては楽しい老人は前に進まない。

f0117041_05494325.jpg
木曽山に流れいりたる天の川

f0117041_05502669.jpg
あったこと今あることも「自分事」消えてしまえば何もないのさ  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-09 04:50 | Comments(0)

11月8日 窓閉じてスイッチ入れる秋の部屋

f0117041_04590709.jpg

昭和記念公園です。

すっかり秋です。
落葉も消えて行きます。

老化は順調に進んでいますが、痛みを抱えることはありません。
ボケは進んでいますがどうやらブログ更新できます。

ブログ更新は早起きしてのルーチンです。
ブログは書き付けて捨てるようなものですね。

テレビドラマ「球形の荒野」のおさらいをしました。
松本清張の原作は青春そのものでした。
若い貧しさに押しつぶされそうな時代の気分を覆いだしました。

ラグビーの試合をみました。
大学ラグビーの見直しでした。

銀河戦
大橋VS加藤女流のおさらい。
藤井VS藤倉
藤井聡太の大人の差し回しに感心するばかりです。
瞬時に先の先まで読み取るのですね。

政治家はあらゆる不幸を利用して
「手厚く手だてしている」演出を仕組むのですね。
「とりあえず」に利用される人たちの無念はいかばかりでしょうか。

f0117041_04595653.jpg

不倫に目くじら立てるマスコミの記事は大人げない「きれい好き」文化ですね。


f0117041_05010151.jpg


ボンボリにはつしとあたる木実哉  一茶


f0117041_05014432.jpg

語るほど波乱万丈見あたらないオヤジの日々もそんなものかも  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-11-08 05:30 | Comments(0)

11月7日 セーターを探し始める午後三時

f0117041_05414211.jpg

昭和記念公園です。
すっかり秋ですね。

人生のヂープなところに迫っているような気分です。
競争したり、高みを目指すの暮らしでなくてよかったです、

「ショーシャンクの空に」を久しぶりに見ました。
「さすがの映画」ですね。
映画でなければ描けない世界もあるのですね。

無罪の罪で投獄された男が
理不尽な仕打ちを乗り越え脱獄する物語
シンデレラストリーの裏返しですね。
裏返しの物語を楽しむのも面白いですね。

将棋
羽生の7冠を取り上げた新聞がありました。
若くして過去の人になる不思議な世界ですね。

三浦VS宮本
佐藤VS宮田
自分から見るようになりました。
少し興味をもてるようになったのでしょうか。
懲りずに続ければ「好きになる」のでしょうかね。

ラグビー大学対抗戦
成蹊大学VS早稲田実業
帝京大学VS慶応大学ラグビーを楽しむのもそれを見るのもとりあえずの平和なのですね。

アメリカ大統領と某国の首相
公私混同の帝王気分ですね。
天皇まで利用する。
冷たい視線を投げる人がいない時代の気分なのです


f0117041_05422411.jpg

戦争がなく、とりあえず分かち合えば食べられる。いくつくところはそんなことかな

f0117041_05431789.jpg


親に似た御顔出して秋の暮  一茶


f0117041_05441256.jpg

身内だけ安心ならばそれでいい平和時代の小さなわがまま  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-07 06:23 | Comments(0)

11月6日  群青の空を見上げて大欠伸


f0117041_05162118.jpg

昭和記念公園です。

「こころの時代」は認知症の老人による演劇を主宰する
介護士を取材した内容でした。
久しぶりにリアルな内容で面白かったです。

ロダンを取り上げたNHKの番組を見ました。
妻と女性の弟子との壮絶な奪い合い
そして「愛のカタチ」を取り上げていました。

ロダンは「カレーの市民」がいいですね。
ロダンを体裁のいい「芸術」として傍観的に見るより
「性の葛藤」としてみるのも
面白い。
「ゾラ像」もその視点を避けた解説がありました。
何もわかっていないし
解説を逃げている。

インタビュー番組
坂東玉三郎VS松任谷由実
さすがの二人ですね。
言葉の選び方も内容も「さすが」ですね。

現代短歌は
中島みゆきと松任谷由実によって流れが変わったのですね。
繊細さと微妙さで「寄りかかり」を突き破っていますね。

将棋銀河戦
藤井VS藤倉を繰り返し見ています。
経験のない素人にも「強さ」が見えてきます。



f0117041_05173536.jpg
教養あふれる美学に収まる人生は「もったいない」。でも、凡人にはそれもいいかな。

f0117041_05200181.jpg
ねはん像銭みておわす顔も有  一茶

f0117041_05571661.jpg

紅葉でいっとき話題の接ぎ穂でき今日も元気だうどんがうまい あきオジ





# by hiramekarei | 2017-11-06 06:00 | Comments(0)

11月5日 もみじ葉で石けりしてる姉妹みゆ

f0117041_18111155.jpg
昭和記念公園です。

昭和記念公園に出かけました。
紅葉の見ごろです。
でも、まあまというところでしょうか。
色が鮮やかでありませんね。
そんな年が続いていますね。

「当たり前」が続くのは難しいですね。

それでも人がいっぱいでていました。
最近、外国人と老人が多いですね。
時代はじわじわ変化していますね。

公園では安心して歩けますね。
迷子の心配もなければ交通事故にもあわないですみますからね。

将棋「銀河線」を見ました。
糸谷対郷田
天才糸谷がぼろぼろ負け
勝つときは必死負けるときはあっさりですね。

第一線で活躍できない棋士はどのような暮らしなのでしょうか。

「玉三郎vS松任谷由実」の対談。
熟成した歌舞伎役者とミュージシャン
面白かったですね。



f0117041_18122155.jpg


とりあえずしたいことを「山」にみたてて越えていく。それでいいのだ。


f0117041_18133620.jpg
草そよそよ簾のそよそりそより哉  一茶

f0117041_18143968.jpg

思い出す昔はいつもやるせないひもじい匂い染み込んでいる  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-05 05:36 | Comments(0)

11月4日  はなみずき葉を落としたる通学路

f0117041_03451849.jpg
昭和記念公園です。

すっかり秋ですね。
今年は天候不順で紅葉もきれいでありません。
今年は今年
来年は来年

ひたすら歩きました。
そんなしおらしいことは言えませんが
「こんなことでいいじゃない」とはいえそうです。

将棋銀河戦
藤井聡太VS藤倉
彼の対局を何回かみていると中盤辺りで勝ち筋を見抜いているように見えてきます。
それほど段取りが鮮やかなのです。
将棋から見えるものがあります。
成長を追いかけるのも楽しいですね。

「ロダン」を追いかけた番組を見ました。
以前、みたことがあります。
ロダンを傍観的に彫刻家と見るのではつまらない。
「性の衝動」を感じなければ何も見えない。
芸術とは「とりあえず」の説明だと思います。

「赤ひげ」の放映がありました。
何回かドラマ化していますが
今回の作品はなかなかのものです。
黒沢「赤ひげ」は名作ですが少々過剰。
でもお気に入りです。

8回シリーズ
2月楽しみが続きます。



f0117041_03460138.jpg

過去を清算するかのように「過去を捏造」するよりも、これからの過去を作りたい

f0117041_03464389.jpg
母馬が番して呑す清水哉   一茶

f0117041_03472764.jpg
先を行く人見えずとも歩いてるそれでいいと強がりこぼし  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-04 03:47 | Comments(0)

11月3日  ハナミズキ葉を落としてる川の道

f0117041_05350823.jpg

昭和記念公園です。

昭和記念公園の秋です。
今年はそれなりの紅葉になりそうです。
それはそれなりを楽しめばいい。

将棋銀河戦を見ました。
黒沢VS村山
藤井VS藤倉

いずれも完勝対局でした。

タイトル戦にからめないベテランはどのような暮らしをしているのでしょうかね。

「カバーズ」を繰り返し見ていると
名曲を見出している人の感性を「なるほど」と思いますね。
楽しみ方いろいろ。
自分なりの懐メロを見つけるというのいいですね。

「ロダン」を取材した番組をみました。
お手頃素材を料理したものでした。
それなりの教養を提供するのがNHKですね。

裏側の破廉恥でどろどろした現実があることを知らなくてはいけませんね。

最近は「あってはならないこと」と驚いたふりをする記事が少なくなりましたね。
「あってはならないこと」も「ある」現実を受け入れるようになったのですね。


f0117041_05324023.jpg

表層を「それなり」説明できたとしても「賢い」だけ。

f0117041_05333728.jpg

追分の一里手前の秋の墓  一茶

f0117041_05341816.jpg


ありえない瞬きこぼれる散歩道秋のときめき拡散無方  あきオジ






# by hiramekarei | 2017-11-03 06:08 | Comments(0)

10月2日 残すもの気にしない秋寒し

f0117041_05074366.jpg


それぞれの秋です。

風が冷たくなりましたね。

ブログを更新
テレビ体操をして

ファミレスで新聞読んで
散歩して古書店で世間話
そして、電車で帰宅

いつものようにいつものように

「どら平太」市川崑監督
よくできた脚本で飽きさせない映画でした。
上等な監督が作ると
展開や画面に破たんがないですね。

「文豪ファミリードキュメント・山本周五郎」を見ました。
直木賞受賞辞退した唯一の作家です。
気コツが爽快ですね。

最近の文学賞候補者の連絡を待つ「間抜けな姿」は
選抜高校野球の出場連絡を待つ高校生と同じです。

あの身内同士の「褒め合い」の異様さは
俳句、短歌世界も同じですね。
まあ、いいか。
それでみんながご機嫌であれば。

銀河戦
伊藤VS上田女流
面白がってみました。

「続けると好きになる」



f0117041_05081509.jpg


「有名企業」その名に寄りかかって、その気にさせられ、金で切られる。そんな人生もいいかも。


f0117041_05090804.jpg


麦秋や子を負いながらいわし売  一茶


f0117041_05101904.jpg

耕運機田の色変えて進みゆく何も起こらぬそんな日でいい


# by hiramekarei | 2017-11-02 06:06 | Comments(0)

11月1日 皮肉さえ風に馴染む茶会かな

f0117041_04515032.jpg

秋の風景

寒くなりました。
寒さより道路の凍結がこわいですね。

将棋・銀河戦
女流王将加藤VS大橋を見ました。
まだまだ、夢中になれません。
それでも
最近は序盤から丁寧に見るようになりました。
もうすこし観戦すれば「その気」になるかもしれません。

NHKが数年前新藤兼人を取材したドキュメントを見ました。
好きなことにのめりこむ人生もいいですね。
「性の衝動」に言及したのが面白いですね。
新藤兼人という人はいろいろな女性関係がありましたからね。

女性問題を引き起こしたり
男性との不倫疑惑を疑われるような人は
「腋が甘い」のではないかと「いい人」を演じる演じる老人が増えますが
新藤兼人は元気です。
「性の衝動」にストレートに向かっているのですね。

「浮気問題」が起きると
「された方」が同情され、
「された方」が、
貞節な自分が正しいと言い出す。
「性の衝動」をはしたないと言い出ししなびていく
それも「安全」でいいかもしれません。

NHKでの「アナザーストーリー」で古今亭志ん朝を取り上げていました。
「江戸っ子」だったのですね。

江戸っ子の美学、落語の美学に生きた落語家だったのですね。
そろそろ、そんな時代は消えて行くでしょう、


f0117041_04522194.jpg

「粋で」わがままでな美学を追い求めた老人がいい。


f0117041_04533163.jpg


鼻先に飯粒つけて猫の恋  一茶


f0117041_04542538.jpg
何もかも消えゆくものかそれでいい引くつぐ未練それもない  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-01 04:51 | Comments(0)

10月31日  呼びかけの声も消えゆく秋の山

f0117041_04595456.jpg

昭和記念公園です。

今年のそれなりの秋です。

久しぶりに「茨木のり子」の詩を読みました。
凛としていていいですね。
気合を入れられました。

北朝鮮の女子サッカー選手が日本に来ています。
北朝鮮の選手にもそれなりの価値観があり
見える景色があるのですね。

日本人の思い込みで彼女らを見ている景色も同じでしょうね。

報道番組や政治討論会を見ていると
「地位」と「金」を根っこにした「せこさ」が見えます。
「説明と言い訳上手」でないと政治家になれないかな。
なりたくもないし、なれもしない。

「違っているようで」も似たりよったり。

将棋銀河戦
佐々木VS小山

小山はプロを目指したアマです。
なりたくてもなれなかったそうですう。
プロにならなくても
将棋にかかわっていたい。
きれいごとではない言い訳が準備されているのでしょうか。

「カバーズフェス」を繰り返し見ています。
ライブ演奏にこだわったミュージシャンのパフォーマンスです。

好きな世界に入り込み

それなりの暮らしをしている。
きれいごとばかりでない世界でしょうが
懸命に取り組んでいる。
いいですね。

街に出かけ古書店によって
家に戻ってお絵かきして

一日が終わりました。
めでたしめでたし。


f0117041_05002953.jpg


人生に意味をさがして、ついには、ありそうなふりをしている。時代の気分ですね。


f0117041_05014267.jpg
浅間から別れて来るや小夕立  一茶

f0117041_05022586.jpg

ありがたき金襴緞子の袈裟つけて「無常」を語る骸骨僧侶   あきオジ



# by hiramekarei | 2017-10-31 05:02 | Comments(0)

10月30日 温もりがほしい雨の散歩道

f0117041_04580417.jpg

昭和記念公園です。

台風一過の朝になりました。
「忘れる知恵」「忘れない知恵」だけでなく
「振り返らない知恵」というのもありますね。

日曜日は、テレビで一日楽しめます。

日曜日は俳句短歌番組があります。
素人向きの楽しい番組です。

日曜美術館
NHK将棋と続きます。

ブログを更新しながら楽しんでいます。

そのうち藤井聡太と稲葉の対局がありそうです。

俳句も短歌も発展がない定型ですが、それがいのかもしれません。
俳句作っている。
時代を掬っている。
その仰々しさがいいのかもしれません。
早くその域にたどり着きたいですが
同じ海で泳ぎたくありません。

でも、自分の作った歌を振り返ってみても感動がありません。

以前、古書店で手に入れた「塚本邦雄」の短歌集を開きました。
毎日少しずつ読んでいます。

綺麗な言葉、複雑で難解な言葉を楽しむ短歌なのですね。
まあ、いいか。

f0117041_04584486.jpg


年を取ってしまうと、何もかも「もっともらしさ」で語っているだけ。


f0117041_05000309.jpg

初瓜を引きとらまいて寝た子哉  一茶

f0117041_05002771.jpg

毎日がだらだら流れる暇つぶし言い訳食いの肥満体質



# by hiramekarei | 2017-10-30 05:32 | Comments(0)

10月29日 とりあえず野分はこえて柿を食い

f0117041_04101707.jpg

昭和記念公園です。

台風が接近していますね。
一難去ってまた一難。
まあいいか。

「こころ旅」が再開されます。

年寄の集まりが予定されていましたが天候不順で中止になりました。
みやげまで準備したの残念でした。
年寄には次回はありませんからね。

その代わりに吉祥寺の「みどり鮨」で寿司を楽しみました。
満足しました。

テレビ「カバーズ」
年に一度のお祭り番組がありました。
楽しい番組でした。
馴染むと意外と楽しいですね。

おじさん歌手が出てくるのがいいですね。
しっかり録画しました。

NHK杯阿久津VS佐藤の対局をみました。
将棋は退屈しないお集中できませね。

ラグビーはまさにシーズンですね。
テストマッチ、大学ラグビーが行われていました。


f0117041_04105615.jpg

頼らない。すがらない。それがいい。

f0117041_04113864.jpg


餅腹をこなしがてらのつぎ穂哉  一茶


f0117041_04130840.jpg
吉祥寺100均ショップは賑やいて買い物気分ぶくぶく弾け  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-10-29 04:52 | Comments(0)

10月28日  野分抜けそして生まれる遠い島

f0117041_05062648.jpg
昭和記念公園です。

藤沢周平の生き方を紹介する番組を見ました。
根っからいい人だったのですね。

NHK杯将棋トーナメント
行方VS中村
おじさん棋士が勝つとうれしいですね。
自分の世界に生きるって大変なんだ。

最近、将棋を早送りしなくても
丁寧に見ることができるようになりました。
楽しいことです。
好きになるためには成熟の時間が必要なのですね。

「カバーズ」の再放送がありました。
銀杏ボーイズ、鈴木雅之登場しました。
ご機嫌な歌手で好きです。

Bリーグ
千葉VS北海道
バスケットをビジネスにしようと懸命です。
選手も懸命ですね。
応援している人も楽しそうです。


政治家の運命にある人もあれば頑張ってもなれな人がいるのですね。

f0117041_05071437.jpg


「不倫だ。許せない。」と正義の代表者のように大騒ぎする人の不気味さはなんとかならないでしょうか。


f0117041_05080045.jpg

能無しは罪も又なし冬籠  一茶


f0117041_05091153.jpg

好きなこと見つけることもできもせず無理やりすきもあきらめた  あきオジ




# by hiramekarei | 2017-10-28 05:09 | Comments(0)

10月27日 コスモスの時は知らずに今日も雨

f0117041_17175560.jpg
昭和記念公園です。

年寄がいっぱいでした。
いい時代なのでしょう。


昭和記念公園に出掛かました。
コスモスは天候不順で満開とはいえぬまま終わりました。
紅葉も期待できませんね。
残念
まあ、いいか。
来年がある!

いいことばかりでは楽しくはない。

帰りに拝島駅で食事しました。
吉野家の「麦とろ牛皿」を注文しました。
牛皿・おくら・麦飯・とろろ・味噌汁付きで580円
お値段相応ご機嫌でした。

めったに昼は、外食しないのですが
疲れたのと待ち時間が長いのでついつい食べてしまいました。

でも、ひさしぶりにご機嫌でした。

将棋銀河戦を二局みました。
一局目は
アマ将棋名人が登場しましたが若手棋士に歯が立ちませんでんでした。

銀河戦本戦に藤井聡太4段が登場しました。
一回戦ということもあり、中堅との対局でした。
でも藤井聡太という棋士は「準備が巧み」な棋士ですね。
大人の戦略が仕組める棋士ですね。
危機を迎えることなく完勝でした。
中盤まで有利に展開すると終盤は危なげありませんね。

彼の将棋は強いだけでなく「大人」ですね。



f0117041_17183386.jpg

教養を身に着けるよりテレビでグダグダがいいのだ


f0117041_17195421.jpg
枯芒(かれすすき)むかし婆々鬼あつたとさ  一茶

f0117041_17222777.jpg

形式を壊して破綻を作りたる元気がほしい気合がほしい  あきオジ

# by hiramekarei | 2017-10-27 06:23 | Comments(0)

10月26日  台風も一気にぬけたぞ夕焼けだ 

f0117041_04152823.jpg

横浜線沿線

風船カズラも終わりでしょうか。
昭和記念公園に出かけようと思ったのですが大雨なので中止です。
隣駅までの散歩でお終い。

銀河戦
香川VS伊奈
勝敗が分かっている対局を見るのも面白いですね。
将棋は目くらましの装飾を外した推理小説ですね。
はまれば奥が深いですね。

「バッハ・ドイツ音楽紀行」を聞きながらのお絵かき
楽しいですね。
パイプオルガンは一人で演奏するオーケストラでですね。
お絵かきも物語を広げることができる。
楽しくすれば楽しさが湧いてくる。

ラグビー
東芝VSサニックス
ラガーもサラリーマンですね。
夢中になってスクラムをくむ姿は感動的ですね。

生活かかっているから
いやだから「辞める」わけにはいかないのです。



f0117041_04161452.jpg

賢さとは右があることを語るとき左があることを念押しするけど自分は語らぬことにあるのかもしれません。


f0117041_04170182.jpg


綿くりやひよろりと猫の影法師  一茶


f0117041_04174375.jpg

結局は苦労と寄り道まぜこぜのそれが豊穣隠し味 あきオジ

# by hiramekarei | 2017-10-26 04:18 | Comments(0)

10月25日  何もない空だけになる秋がいい

f0117041_03490859.jpg
横浜戦です。

台風一過空が高いですね。
散歩コースのハナミズキも葉を落としてしまいました。

「鈴木雅明ドイツオルガン紀行」おさらいしました。
バッハの追っかけをしようと思いますが、間に合いません。
まあ、いいか。

将棋銀河戦を二局みたら一日が終わりました。
女流棋士が活躍する時代が来るといいですね。

人生の味わい方が若い時と違いますから年を取るのも楽しいものです。
現役時代のスタイルと思考回路のままだと失敗しそうです。

受け身の楽しみ方
行動的な楽しみ方
それもある。

何もしない楽しみ方
それがいい。




f0117041_03494444.jpg

「邪魔しない」「迷惑かけない」「口出さない」きっとこの程度でおりあいがつくでしょう。


f0117041_03502058.jpg


瓜西瓜ねんねんころりころり哉  一茶


f0117041_03515032.jpg
壊れたる玩具のごとくかわいげもなきまま老いる秋の風  あきオジ







# by hiramekarei | 2017-10-25 04:01 | Comments(0)

10月24日 野分抜け何事もなき日差しなり

f0117041_04161744.jpg


昭和記念公園です。

台風一過
選挙も終わり祭の跡の跡始末ですね。
ご苦労様です。

鈴木正明のドイツオルガン紀行をおさらいしました。
パイプオルガンは、ひとりで宇宙を支配するようなスケールがありますね。
楽しくわがままな楽器です。

モーツアルトの「レキュレム」を聞きました。
老人は「人生の忘れ物」を拾ってあるくような満足があります。
演歌も歌詞が何とかなれば好きになりそうです。

銀河戦はベテランと女流棋士との対局でした。
女流棋士は序盤はいい勝負ですが
責められると暴発していまいますね。
攻めまくり、行き過ぎるのです。
同じ傾向があります。

ラグビー「豊田ダービー」を見ました。
たかがラグビー、されど、ぼろぼろになるまで献身する。
それもあるなと思いました。

スポーツは職業になりましたね。

f0117041_04165762.jpg


なにもない幸運をつかんだら、好きを作り出すに限る



f0117041_04173217.jpg

はく日からはや白足袋でなかりけり  一茶


f0117041_04195821.jpg
頑固でも熱心でもなく臆病が支配している秋深し  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-10-24 04:48 | Comments(0)

10月23日 これがまあ民意なるか冬近し

f0117041_03552001.jpg
昭和記念公園です。

すっかり秋の気配ですね。

選挙マニアにとっての秋は終わりですね。
それにしても何のための選挙だったのでしょうかね。
頭のいい人の考えることは分かりません。
となりのスーパーにおやつを買いにいっただけです。

井上陽水の「傘がない」を思い出します。
「だけども問題なのは今日の雨 傘がない」

日曜美術館で「国宝」を特集していました。
国宝巡りの老人生活もいいかもしれません。

将棋はNHK杯「佐藤康光VS飯島」を楽しみました。
まだ、将棋は見るものであっても対局するものにはなっていません。
ここにも生活をかけた世界があるのですね。

「こころの時代」はインドで活動する僧侶を紹介していました。
行動的で過激でいいですね。

日曜日はNHK「俳句」「短歌」の講座があります。
かならず見ますが、参考にはなりません。
定型の「お決まり表現」で茶道と同じです。

NHK中井精也の「鉄道写真の旅」が楽しい。
今回はベトナム。
中井精也の人柄で楽しむ番組です。
「こころ旅」の火野正平と同じですね。

「あたりまえ」が美しいですね。
取材に応じた人たちの笑顔が美しい。




f0117041_03560182.jpg


「深く反省しています」とは「しかえししてやる」「見返してやる」から抜けれれないこと


f0117041_03563344.jpg

  1. 御仏の代わりにおぶさる蜻蛉哉  一茶

f0117041_03570472.jpg

声高に「国のため」とは「お隣の」実りを念じるそれだけのこと  あきオジ

# by hiramekarei | 2017-10-23 04:56 | Comments(0)

10月22日  なんとなく秋を迎えるありがたさ

f0117041_05223799.jpg
昭和記念公園です。

台風が近づいていますね。
ラジオ体操がいいですね。
テレビ体操というのでしょうかね
日にに二度ほどやっています。
体操しているというより「休まない」程度です。

NHK「美の壺」で「北海道の駅」を取り上げていました。
まだまだ知らないことがいっぱいですね。
豊かな表情をした人いっぱいでした。
都会にはあまりいませんね
リフレッシュできました。

「新日本風土記」では、「八ヶ岳」で暮らす人を取材していました。
「根っ子のある居場所」が必要なのですね。
景色だけでなく「暮し」もいいですね。

でも、「しきりおじさん」「しきりあばさん」いっぱいだろうな。

久しぶりにバッハの「ロ短調ミサ」を聞きました。
ライブ録音されたものでした。
「マタイ受難曲」と交互に聞いています。

将棋はNHK杯橋本VS菅井対局のおさらい。

「こころの時代」では差別と闘う仏教僧侶を取り上げていました。
差別も戦争も宗教が後ろから押しているのですね。


f0117041_05231790.jpg

時代を嘆き、熱心に「正しさ」を主張する人もそれを応援する人も怪しい。

f0117041_05234702.jpg

参詣のたばこにむせる雀の子  一茶

f0117041_05243656.jpg

人生に意味などなくて「あるべき」をそこそこ頼らずまあまあがいい あきオジ

# by hiramekarei | 2017-10-22 05:52 | Comments(0)

10月21日  裏がない自慢もいいか秋選挙

f0117041_04443992.jpg
昭和記念公園です。

NHKの金曜日は「晴れときどきファーム」は秋の収穫祭です。
「あそび」と「余裕」に満ちた楽しく気楽な番組ですので欠かせません。
素朴な人たちの「あたりまえ」が素敵です。
地方に「憧れの暮らし」があるのかもしれません。

ロシア「アバンギャルドの芸術」
ソ連邦の政策に反すると粛清された作品を追った内容です。
政治は残酷さしか残しませんね。
きっと、このようなことが中国でもあるでしょうね。
現在隠蔽された裏側には驚くような事実があるのでしょうね。

日本でも国威発揚のために働いた藤田嗣治をとことん排斥し国外に追いやり
草間彌生を「わいせつだ」とたたいた時代があたのです。
日本人の血が繋がっているとノーベル賞を受賞を喜んだり
マスコミも「正義」「と「公序」を武器にした単なる商売なのです。

「新日本風土記」は「蕎麦」「八ヶ岳」でした。
庶民の歴史がみえる番組ですね。


選挙と言えば我田引水
恥ずかしげもない自慢話を言う方も聞く方も恥ずかしげがない。
どこか不思議。
つい最近まで選挙事務所に行けば弁当がをもらえた。

選挙を「お得意イベント」心得の人も多い。
こうして大国をめざして戦略をすすめる。

「真面目さを装う不思議」がある。


f0117041_04454151.jpg

どのようなことにも言い訳が付く。


f0117041_04462644.jpg


秋風やつみ残されし桑の葉に  一茶


f0117041_04473159.jpg

正義論乱射している真面目さが不気味になりし野分の季節  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-10-21 05:22 | Comments(0)

10月20日  コスモスに押しつぶされる夢を見た

f0117041_17363606.jpg
神代植物公園です。

寒い日が続きますね。

将棋銀河戦をみました。
女性棋士登場していました。
将棋は体力勝負ではないのですが、
女性棋士と男性棋士ではではまだ差があります。
女性棋士は攻撃が好きですね。
とくに女性同士の対局ではそれが目立ちます。

女「藤井聡太」が登場するのはもうすぐですね。

NHK放映の「ミケランジェロミステリー」を見ました。
ミケランジェロには謎が多く探るのが楽しいですね。
作品の絵解きも面白いですね。
謎解き番組は面白い。

星のついたヨーロッパ」シェフからの招待状
海外で活躍するシェフの物語です。
快楽主義の楽しみですね。
食べることにさほどの興味がない私には退屈な内容でした。
でも、自分を生きる物語としては面白い。


「路線バス乗り継ぎの旅」
台湾編を偶然見ました。
相変わらずの蛭子の奔放さが異彩を放つ。

使い古しのタレントをつかっての
「仕込みたっぷり」のスポンサー付きの旅番組はいりませんね。




f0117041_17381543.jpg
50年先には消えてしまう人に「いまある危機」を安直に語ってほしくないですね。


f0117041_17385081.jpg

あの月をとつてくれろと泣子哉  一茶


f0117041_17393188.jpg
上品に時代を語る老人の理不尽なりし封印暮らし  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-10-20 05:33 | Comments(0)

10月19日  コスモスの狂気乱舞で丘が揺れ

f0117041_04574620.jpg
神代植物公園です。

体力が落ちています。
すべてがめんどくさい。
まあ、いいか。

NHK将棋見ました。
大逆転の将棋だと思ったのですが
対局者は予想した通りだとか
分からないものです。

「こころ旅」は三重県から和歌山県を通過中です。
繰り返し見ています。
懐かしい日本に出会えるからです。
出会った地方で暮らす人々がいいですね。

限りなく美しいですね。

芭蕉は都会人ですね。
教養で着飾り
「わび」「さび」を振りかけ
自分をさらずふりして
みせない。
そんな気がします。

でもファミレスでの暇つぶしには利用しています。

「運慶」ブームですね。
圧倒されるような迫力ですね。
阿修羅像の神経質なまでの繊細さを蹴散らしますね。

仏像巡りを楽しみにするのもいいですね。

「北斎」「ゴッホ」の絵解き番組を見ました。
記録するのはぼけ防止です。





f0117041_04582947.jpg


解説好きな知ったかぶり、苦手な話し相手ですね。「わがふり直せ」かも。


f0117041_04590431.jpg

朝霧に浄土参りのけいこ哉  一茶


f0117041_04594805.jpg
壊されて正体見える壺があるあちらがこれでこれがあれ  一茶


# by hiramekarei | 2017-10-19 05:00 | Comments(0)

10月18日  俳句するコスモス畑に雨が降り

f0117041_04544361.jpg

ドラえもんの記念館です。

順調に年老いていきます。
ことあるごとにテレビ体操をしています。
録画しておいて機会を作ってやっています。
なかなかのものです。

NHK杯将棋トーナメントをみて

ドキュメント番組「ALS」にり患した男性の闘病記録
性転換して故郷を逃げ出した人の帰郷
見てしまいました。

体裁のいいことを語り続ける「実は・・・・・」の人たち
その野心に便乗して群がる人たち
世の中「きれいごと」ほど怪しいものはないことを教えてくれます。

まあ、いいか。

ラグビー
パナソニック対神戸製鋼
帝京大対青山学院
勝敗が分かっている試合を見ます。
これってどこか歪んでいるのかもしれません。

楽しければ、それでいい。



f0117041_04553335.jpg


記憶さえ消えてなくなるのです。思い出さない知恵もときには必要ですね。


f0117041_04562472.jpg


山霧のさつさと抜ける座敷哉  一茶

f0117041_04571672.jpg

西行の旅の追っかけそれもいい老人暮らしは贅沢もある


# by hiramekarei | 2017-10-18 05:30 | Comments(0)

10月17日  秋雨が軒を伝わる昼休み

f0117041_04014675.jpg

昭和記念公園です。


街頭では危機を煽り「力を与えてください」と叫んでいます。
当選すれば小学校の行事に出席して
紹介されるのが楽しみになるのですね。
強力な支配者を求めないのですからそれもいいかもしれません。

「日曜美術館」は運慶です。
きょうもみました。

いくつかの特集番組をみています。
お気に入りの作品も多くて繰り返しみています。
来月でかけようと思います。

将棋は「銀河戦」を見ました。
ここにも深い世界があるのですね。
はまるのもいいかもしれません。

N饗定期演奏会ではバルトークを集めていました。
重い時代が音楽を作るのですね。

落語は久しぶりに枝雀を聞きました。
天才のスピード感と盛り上がりに圧倒されました。
「終わり方」に苦しんだのですね。

f0117041_04024522.jpg


軽い時代は、軽い人の「怯え」に振り回されるのですね。


f0117041_04032776.jpg

大仏の鼻から出たりけさの霧  一茶


f0117041_04041344.jpg
仲間内教養きそう和歌俳句それはそれの居場所となりて  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-10-17 04:33 | Comments(0)

10月16日  ありもせぬ儲け話に揺れる秋

f0117041_04590841.jpg

昭和記念公園です。

秋も深くなりましたね。

真面目に日本の将来を考えているような
「お友達大切」もありそうな
候補者の真剣を演じているのが気の毒です。

また、かりだされて雨の中応援しているおじさんもご苦労様です。
旗を振る人がいつも「加害者」になるのです。
みていると「政治家」でしか生きられない人もいるのですね。

それもありか。

「西会津のお天気母さん」というドキュメント番組をみました。
懸命に勉強して米つくりしている夫人を取材した番組です。
日本は庶民によって支えられている。
人は良かれと思って間違える。
そんなことを教えてくれる内容でした。

東京が生み出しているのは「虚構の豊かさ」ですね。
商品は「作り出すもの」なのですね。

将棋はNHK杯トーナメント
菅井VS橋本
これだけ平和な状態であるならば将棋で老後を過ごすのもいいかもしれません。
若い棋士の活躍は楽しいです。

「こころの時代」に安藤忠雄がでました。
「しゃあない」人生論は関西風の骨太のしたたかさがあり
面白かったです。

日曜美術館では「運慶」を紹介していました。
圧倒される「ど迫力」ですね。


安売り卵に行列を作る老人
イベントを楽しんでいるのですね。
それもいいかも。



f0117041_05000458.jpg


鉄砲も担げぬ老人が「もっともらしい危機」を煽るのも奇妙な絵柄ですね。


f0117041_05010748.jpg

木がらしや鎌ゆひつけし竿の先  一茶

f0117041_05020027.jpg
とりあえずあと十年はこのままでいさせてほしいわがままな秋  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-10-16 05:30 | Comments(0)

10月15日  秋めいた弁当並べる道の駅

f0117041_04462583.jpg
昭和記念公園です。

古書店で「山家集」などの古典文学を文庫で手に入れました。
大型の本では担いで歩くのが大変なのです。

旅への誘惑が湧いてきました。
どうしましょう。

NHKの旅番組「ぐっさんのトラックの旅」が面白かったですね。
北海道編した。
最近の旅番組では撮影スタッフを画面に取り入れ
スタッフとの会話あるし

なにより「しこみなし」の素人というか
出会った人とのやり取りを大切にしていることです。
そこが面白い。
頂点にあるのが「こころ旅」ですね。

お絵かきしました。

将棋対局を見て一日が終わりました。
郷田VS糸谷でした。
将棋棋士は相手の話をきかないですね。
そこが面白い。

「こころの旅」が始まりました。
「ブッダ最後の旅」をとりあげていました。
同じ事の繰り返しです。
ですから、とりあえずの日曜日の朝です。

学者や坊さんの「ブッダはなし」が一番つまらないですね。
使い古しのことしか言わないのですね。

知識とは商品ですね。

f0117041_04471730.jpg


体裁よく他利を語る坊さんは言葉多いだけで強欲親父と似たりよったり


f0117041_04494976.jpg


姥捨てはあれに候とかがし哉  一茶


f0117041_04513423.jpg

教養の発露なるか短歌する極楽気分そんなものかも  あきオジ

# by hiramekarei | 2017-10-15 04:51 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧