朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

2月27日 国際ラン展の名残です。

いっぱい写真を撮ったのにアップしていないものが大部分
プロだったら、厳格に精選し
妥協を許さないのでしょうが
そこは素人
何でもありのまあいいか
そんなことで
桜までの時期
アップします。

・・・・・・・・・

今日もまた寒さも和らぎ空高くそんなものかと散歩に出かける  あきオジ

・・・・・・・・・・・

f0117041_542546.jpg
f0117041_543852.jpg
f0117041_5432024.jpg
f0117041_5433737.jpg
f0117041_549979.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-27 05:47 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月26日 提灯つながり

浅草寺の大提灯です。
これからあつこちで発見して楽しもうと思っています。
これでは提灯持ちはできませんね。

f0117041_4524619.jpg
f0117041_453557.jpg
f0117041_4532221.jpg
f0117041_4533456.jpg


・・・・・・・・・

静かなる朝に流れるブラームスドイツの春はいかなるものか  あきオジ

半そでの少年駆ける玄関で福寿草ようやく開き  あきオジ

・・・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-26 04:56 | 浅草 | Comments(0)

2月25日 冬は寒さが表現できませんね。

f0117041_5365279.jpg
f0117041_53779.jpg
f0117041_5372775.jpg
f0117041_5374496.jpg


江ノ電の写真を撮りに出かけました。
でも、残念ながら富士山は姿を見せませんでした。
花のない季節ですから
花で季節を感じることはできませんでした。
まあ、いいか。
三月になれば桜も美しく咲くでしょう。
でも、桜と組み合わせができるポイントを探すのが難しいかもしれません。

・・・・・・・・・

桜咲く季節は近し海岸の駅に残る春待ち人  あきオジ

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-25 05:44 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

2月24日 長谷寺の風鐸・灯り

f0117041_552989.jpg
f0117041_555268.jpg
f0117041_561061.jpg
f0117041_562561.jpg


鎌倉長谷寺です。

・・・・・・・・

細部まで見ると
いろいろな意匠があって面白い。
そんなこと現役の時代
考えもしなかったのですね。

職人さんの仕事は素晴らしいですね。
一生をかけて自分を磨く
そんな仕事
その誇りが自分を支えているのですね。

・・・・・・・

提灯をのぞいてみても何もない何もないを確かめるやぼ   あきオジ

・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-24 05:08 | 鎌倉 | Comments(0)

2月23日 スカイツリーは300メートルを超えました。

f0117041_544073.jpg
f0117041_544994.jpg
f0117041_5442064.jpg
f0117041_5442857.jpg


浅草から見えるツリーです。
怪獣映画に登場するような
不思議な存在感があるものになりました。
きっと、この塔の建設に携わった人は生涯の思い出になり
孫に「おじいちゃんたちが建てたんだよ」と話すのでしょうね。
そして、孫が新しい塔の建設に携わるかもしれません。
人の命は短いけれど連続することができますね。
素敵なことだと思いますね。

・・・・・・・・

時を越え聳え立ちし塔なれど始めがあれど終わりも近し あきオジ

・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-23 05:46 | スカイツリー | Comments(0)

2月22日 長谷寺の提灯です。

f0117041_4355391.jpg
f0117041_436768.jpg
f0117041_4361916.jpg
f0117041_4363169.jpg


寺によっては大きな提灯を飾っています。
単純で大胆で素敵ですね。
なぜか、提灯が好きなのです。
浅草浅草寺の提灯がことのほか好きなのです。

でも、長谷寺のこの提灯も好きです。
赤が鮮明だし、避けない文字がない。
それだけでも素晴らしいと思います。
提灯情報があったら教えてください。

・・・・・・・・

提灯が招いているか梅咲きし寺に吹く風清かなりけり  あきオジ

・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-22 04:40 | 鎌倉 | Comments(0)

2月21日 長谷寺の石仏

f0117041_4343643.jpg
f0117041_4344877.jpg
f0117041_43521.jpg
f0117041_435344.jpg
f0117041_4355859.jpg


つい最近建てられた石仏も
100年後には、古仏となる。
そんな思いがしますね。
素朴で可愛い。
今の時代の「可愛い」が100年後にどう映るのでしょうかね。

ゆったりとして
なぜたくなるような愛らしさがいいですね。
これが時代感覚だと思います。
お願いごとの受け入れてくれる。
それともちょっと違っているのですね。

・・・・・・・・

春風は法然様の声掛けにほほ笑みがえしをするかのごく  あきオジ

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-21 04:37 | 鎌倉 | Comments(0)

2月20日 海を背にした江ノ電を撮りたかったのです。

f0117041_15111458.jpg
f0117041_15112292.jpg
f0117041_15113141.jpg
f0117041_15114045.jpg


暖かくなるとの天気予報
江ノ電の写真を撮ろうと思いつきました。
梅と寺の組み合わせはとりあえず撮ったので
やはり江ノ電がいい。
踏切を渡り
高くなった場所から撮りましたが
けっこう本格的気分でした。
連続シャッターで摂りましたが
電車が通過したあと
最後の写真をよく見ると
海でサーフィンを楽しんでいる人が写っています。
御愛嬌ですね。

そんなことで江ノ電
そして長谷寺に寄りました。
それだけで今日は、十分でした。
若い時期と違って体力も
そして根気も続かないのです。

昼過ぎに戻り
「東京タワー」芝居版を見ておしまい。
芝居版ですが、いまいちでしたね。
そんなものでしょう。

・・・・・・・・

振り向けば憎悪も嫉妬も消えており平平凡凡無事だけ残り  あきオジ

十分に生きた母の砂を噛む貧しき日々を探す春の日  あきオジ

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-20 15:20 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

2月20日 新しいデジカメで撮ったものです。

f0117041_14311546.jpg
f0117041_14312957.jpg
f0117041_14314095.jpg
f0117041_1431579.jpg


なかなかきれいに撮れてますね。
腕ではなくカメラが優秀なのです。

・・・・・・・・

雪になり傘をさす子の転げる子駆けだす子あり坂道楽し  あきオジ

・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-20 14:33 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月20日 神代植物公園のベコニアです。

f0117041_561943.jpg
f0117041_56287.jpg
f0117041_563947.jpg


この水瓶
きれいなのに写真を撮る人は少ないですね。
廃物利用しているような雰囲気を読みとるのでしょうか。
スタッフに聞いたことがあります。
甕に入れるのは上等な花に限るのだそうです。
次の花を咲かせるために
あえて摘んでしまった花を浮かべるのだそうです。
なるほど
スタッフにスタッフのこだわりがあるのですね。
それ以来、来るたびに写真を撮り
しつこくアップしています。
同じようで、同じではないというこだわりです。
すいません。
素人の頑固さなのです。
「撮ったものはみなみせたい」

これって、単なる年寄り現象・・・・・?

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-20 05:11 | 神代植物公園 | Comments(0)

2月19日 ランのてんこ盛りです。

美味しい食事も飽きる。
そんなことでしょうか。
でも、せっかくですからアップを続けます。

来月になれば桜で夢中になっているでしょう。
この夢中になっていることで
痛さや悲しみから逃れている。
いろいろな言い方がるのでしょうが
あまり真剣に自分を責めたり
周囲をなじったりしないですむように・・・・

そんなことかな?

f0117041_17431719.jpg
f0117041_17432668.jpg
f0117041_17433565.jpg
f0117041_17435774.jpg
f0117041_1744774.jpg
f0117041_17441576.jpg

f0117041_17442469.jpg


・・・・・・・

女子高生沈下橋を疾走す掛け声だけを川に残して  あきオジ

・・・・・・・・

四万十川を歩いたことがあります。
そのとき、見た風景が懐かしいですね。
夏だったのですが、女子高生の白いブラウス姿が新鮮だったですね。
冬なのにそんな景色を思い出しました。
# by hiramekarei | 2010-02-19 17:47 | 神代植物公園 | Comments(0)

2月19日 雪を嘆き、雨の煩わしさを話題にしている

このごろ更新をしながら
音楽を聞きます。
テレビで流れる曲でも十分なのですが
最近は、DVDを購入して聞きます。
緊張感が違います。
「買った分だけしっかり聞かなくちゃ」という思いもありますが
「これを聞きたかったのだ」という思いがあるのですね。
まだ、昔、レコードで聞いた名盤といわれる曲だけですが昔を思い出します。
この数日聞いているのがブラームスの交響曲です。
20年かけて「てんこ盛り」にした一番がいいですね。
食べすぎの気もしますが
気合が入っていいですね。
20年かけて練り上げたという大曲中身が濃くて感動的

音楽に無縁だったおやじのこれから始まる
世界だと思うとわくわくしています。
「年はとるものですね。若い時に無縁だった世界が突然開けます。」


f0117041_5274938.jpg
f0117041_528264.jpg
f0117041_528149.jpg
f0117041_528286.jpg


蘭の展示会です。

・・・・・・・・・・・

仕事終え、世事から抜ければ遥かなる夢が優しく手招きをする  あきオジ

・・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-19 05:40 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月18日  きょうは雪模様

とりあえずラン展を続けます。
私はランが特別好きと言うわけでもなければ
魅力を感じているわけではありません。
ただ、花のない時期
一気に別世界を生みだしてくれる。
これでもか
さあ、どうか
そんな迫力を感じているのです。
そんなことを思いませんか?

日本人の必須アイテムである「はかなげ」が見えないのが、この花の個性なのでしょうね。
ですから、展示会にはくるけれど
心から好きとは言えないのですね。

でも、圧倒する迫力ですね。

f0117041_5272769.jpg
f0117041_5274155.jpg
f0117041_528324.jpg
f0117041_5282288.jpg
f0117041_533445.jpg
f0117041_534324.jpg
f0117041_5342328.jpg


・・・・・・・・

雪降るも老婆と老婆手をつなぎほとけ道をただただ歩く   あきオジ
# by hiramekarei | 2010-02-18 05:37 | 薔薇・蘭・生け花

2月18日 東京の雨は表情もなくただ降るだけです。

東京ドームのラン展
二度行きましたが、二度とも雨でした。
カバンを担ぎ、傘を持ちながら写真を撮るのは
意外と難しく
傘が邪魔にまったり
カバンがずれおちたりで苦労しました。
そんな愚痴を探すのも年寄りの楽しみです。
贅沢貧乏
幸福愚痴
そんなものなのですね。
言う必要がないことでも
口にしたいのです。

でも、このごろは、「ラン」は、つなぎの楽しみ。
次はやはり、桜ですね。
情報を教えていただきたいですね。
BSでいま、奈良地方の一本桜を取材した番組を放映していました。
どこにも桜マニアがいて
その人たちはカメラマニア
日本人的ですね。

それはそれ、今年も、あちこちでかけたいですね。

f0117041_4432785.jpg
f0117041_443472.jpg
f0117041_444197.jpg
f0117041_4441537.jpg
f0117041_4442771.jpg
f0117041_444543.jpg


今日も雨愚痴いっぱいの朝になり洗濯物は風呂場に寿司づめ  あきオジ
# by hiramekarei | 2010-02-18 04:48 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月17日 雨にもかかわらず東京ドームは人が溢れてました。

今日も雨で外には出られない。
しかたがないので、東京ドームに出かけました。
ランの展示会の写真を撮るためです。
確か、西武ドームでの薔薇展のときも
二度出かけましたね。


・・・・・・

怪しげなランの香流れるドームには人があふれる平和な時代  あきオジ

・・・・・・

f0117041_204353.jpg
f0117041_2041163.jpg
f0117041_2041999.jpg
f0117041_2042744.jpg
f0117041_2043631.jpg
f0117041_2044543.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-17 20:15 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月16日 雨が降り、そして雪交じりになったので、家に戻りました。

ラン展の出品作品

育苗家にとって
ランは作品なのですね。
見るものとの微妙な温度差があることが分かります。

f0117041_15315453.jpg
f0117041_1532699.jpg
f0117041_15321565.jpg
f0117041_15323058.jpg
f0117041_15324120.jpg


・・・・・・・・

「生きる」こと 意味なきものと言い切れる 力もなくて 冬の雨降る  あきオジ

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-16 15:38 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月16日 植物図鑑の様相ですね。そのうち元に戻ります。

「東京物語」というか
東京に住むからには、東京の雰囲気とか気分を
ブログにしたかったのですが
いつの間にか「鉄道ファン」のようになったり
「植物図鑑」になってしまいました。

素人がやること
その場の勢いでどこまでも進んでしまいます。
「まあ、いいか」
今は、写真をいっぱい撮ってアップして楽しむそれでいい。

この写真は神代植物公園でクルスマスローズの展示会での出品作品です。
最近は愛好家が多くなりましたね。
店頭にも並ぶようになりました。

f0117041_6371628.jpg
f0117041_6373279.jpg
f0117041_6374981.jpg
f0117041_638747.jpg

f0117041_6382079.jpg


・・・・・・・

多摩川を越えて富士の白く見ゆ千本松原いかになりしか  あきオジ

・・・・・・・・

「うるさい」「関係ないだろ」でやってきた少女が隠す本当の顔  あきオジ

・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-16 06:42 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月15日 こてこて料理のあとのデザートという雰囲気で・・・・

神代植物公園で東洋ランの展示会がありました。
いかにも漢方という雰囲気で
胃がすっきりした
そんな気分を楽しみました。

趣味も昂じるとここまでくるだろうな
そんな「軽さ」が素晴らしいですね。
ここにもマニアがいます。
熱中人は近所にいるのですね。

f0117041_21435656.jpg
f0117041_2144482.jpg
f0117041_21441460.jpg
f0117041_21442221.jpg
f0117041_21443114.jpg


深大寺合格祈願の親子連れ冬の時代を生き抜いてゆけ

・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-15 21:49 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月14日 ランの花の美しさも長くて数カ月だそうです。

散らない桜は桜ではない。
散るから美しく
今の美しさに心ふるわせる。
とても、よくわかる日本人の感性だと勝手に思っています。

・・・・・・・・・

春を待つ西行の歌

長閑なれ心をさらに尽くしつつ花ゆゑにこそ春は待ちしか

花にそむ心いかで残りかむ捨て果ててきと思う我が身にに

・・・・・・・・・

最後の花瓶も「ラン」関連工芸として展示してありました。
同好家の集まりと言うより、商業的イベントですね。
客を集める工夫がいっぱいあります。

f0117041_5442226.jpg
f0117041_5443268.jpg
f0117041_5444694.jpg
f0117041_5445981.jpg
f0117041_5451453.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-14 05:54 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月13日 東京ラン展の写真を撮りました。

雪まじりの天候でしたが
東京ドームに出かけました。
恒例のラン展です。
愛好家の集まりと言うよりイベントですね。
とにかく物凄い人です。
アリーナだけでなくスタンドも食事する人でいっぱいでした。

ランのファンは多いのですね。
私もそうですが、野球の試合にはこないけれど
この展示会で初めて東京ドームに入ったひとも多いのではないでしょうか。

7割程度が女性。それも、それなりの年齢の人が多い。
男性は荷物運びの延長という雰囲気
それもいいかな。

同じ展示会を繰り返していると
感動が薄れるのはしかなないですね。
作っている人、参加する人はまったく違う思いでしょうが

見るだけの人は「去年見たね」で片づけてしまうこともけっこあるのです。
カトレアは去年もカトレアであるし
シンビジュームは今年もシンビジュームですからね。

ですから、どうしても素人で写真を撮るだけだと
ランをそのまま見せるものより
組み合わせたり、工夫があるものを探すようになりますね。

そんなことでかなり枚数を撮りましたので
あちこちのブログに載せます。
飽きるほど載せますので覚悟してください。

来年トラブルがあって、開催不能ということだってある時代ですからね。
しっかり、写真も撮りました。

あれこれしているうちに桜が咲くでしょう。

写真日記

球場に甘き香りたちこめてラン展に入る雪降りの門

f0117041_16142250.jpg
f0117041_16143231.jpg
f0117041_16144052.jpg
f0117041_16144957.jpg
f0117041_16145987.jpg


・・・・・・・・・・

夜に咲く 梅清ければ 人恋し あの日の続き語りたくなり  あきオジ
# by hiramekarei | 2010-02-13 16:16 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)

2月13日 ガラスに映る風景好きなのです。

みなとみらい

横浜美術館の窓に映る景色です。
額縁の面白さですね。
こんな当たり前のことなのに
周囲の人が面白がらないことを楽しむ。
素人でなければできないかもしれない。

でも、自分が思いつくことは、ほとんど
他の人が気づいている。

でも、そんなこと関係ない。
このごろ開き直っているのです。
真似でいいし、パクリでいい。

f0117041_4494310.jpg
f0117041_449556.jpg
f0117041_450987.jpg
f0117041_4502353.jpg
f0117041_4503511.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-13 04:54 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

2月12日 ちょっと淋しいですが、これが冬です。

昭和記念公園の池に映る冬景色です。
裏側とか何かに映し出された景色って好きです。
あれこれ見えた楽しいですね。
それにしても昭和記念公園はいたるところが工事中です。
訪問する人が少ないときに公示するのですね。
もう菜の花は移植が終わっていました。

一方で梅が咲き始めています。
あと少しで春です。
暖かい季節が待ち遠しいですね。

こうして、一年が過ぎるのはいいですね。
ちょっと贅沢ですが
それでいいのです。

明日は東京ドームに出かける予定です。

・・・・・・・

冬枯れの公園歩く嬉しさよ空飛ぶ鳥は春を呼ぶごと

f0117041_4404736.jpg
f0117041_441028.jpg
f0117041_4411627.jpg
f0117041_4412964.jpg
f0117041_44145100.jpg




雪混じる雨降り傘も頼りなし会社勤めは辛くはないか  あきオジ
# by hiramekarei | 2010-02-12 04:45 | 昭和記念公園 | Comments(0)

2月11日 みなとみらい・日差しが暖かかった。

みなとみらい

横浜線で一本
ほぼ一時間
往復料金もそこそこ
となるとよく出かけます。

電車は座れますし
一時間、日頃読めない本を読んだり
意味不明な俳句もどきを作るのにちょうどいいですね。

桜木町駅に降りると
ランドマークタワーに向かいます。

途中、根岸線を走る電車写真を撮ります。

次にランドマークタワーの怪獣のようなオブジェの写真を撮ります。
ついでに、鏡になっているビルなどの写真を撮ると桜木町は終わります。

大桟橋に向かうと大桟橋の写真を撮ります。
船の写真も撮りたいですが、欲張ると、散漫になってしまいます。
現在は、そこそこです。

そして、いつもの曲がり角の洋風レストランの風景とステンレスの彫刻広場で終わります。
そして、管内駅から帰路に向かう。
それが定番のコースです。

ほとんど変わりませんね。
自分では代えているつもりでも同じですね。

f0117041_64375.jpg
f0117041_6432514.jpg
f0117041_6433788.jpg
f0117041_6434947.jpg


みなとみらい
ランドマークタワー周辺の人の姿を撮りました。
素人は人物写真は難しいですね。
今は、個人情報問題もありますので
うかつに載せられませんし
撮るのも難しいですね。
# by hiramekarei | 2010-02-11 06:54 | 横浜・みなとみらい

2月10日 昭和記念公園は恵みの場所です。

こんな素敵な場所が近くにあるなんて・・・

ありがたいことです。
この公園があるから、この近くに引っ越してきたということはないのですが
ほどほどの場所にあり、半日過ごすのにちょうどいいです。
出かけると3時間ぐらいは歩き回ります。
写真にする花はどこかに必ずあります。

盆栽園には、季節の訪れを感じさせてくれる花が必ず迎えてくれます。

今日は梅の写真を撮りました。
来週ぐらいが見ごろでしょうか。

f0117041_14404837.jpg
f0117041_14405665.jpg
f0117041_1441418.jpg
f0117041_14411423.jpg
f0117041_14412422.jpg
f0117041_14413282.jpg


最近、ハイビジュン放送で「小さな旅」とか「こんな素敵なニッポンが」というような
番組を見ます。というか、そのような番組を選んで見ています。

そうすると自分が落としてきたこと
切り捨ててきたこと

そんなものを大切にしている生活を発見します。
そこには確かな生活があり、暮らしの知恵があるのですね。

棄ててきたこと
見逃してきたものを拾い集める。
そんな生活をしていきたいですね。

今日は「米食うひと」という番組を見ました。
陸稲を栽培するタイのカレン族を紹介していました。
彼らの柔和で温かい表情を見ていると
憧れますし
こんな表情になりたいと思いましたね。

いたく感動し、涙してしまいました。
# by hiramekarei | 2010-02-10 14:45 | 昭和記念公園 | Comments(0)

2月10日 神代植物公園です。

カトレアは無条件に美しい。
ですから、好きだと言う人が少ないのかもしれません。

でも、日本人の美意識の中には
「はかなさ」が必要なのですね。
完璧であったり
絶対であったりすることにはこだわりがあり
「はかなげ」を愛する。
そんな気がするのです。

それと、神代植物園の温室に行くと
いつでも会える。
そんな安心感が
逆に愛着を薄めるのかもしれません。

でも、美しい花ですね。
その国に行くとその国にふさわしい
納得できる花が咲いているような気がします。

・・・・・・・・・

写真日記

空走るモノレール窓に富士真白になりて稜線美し  あきオジ
f0117041_545669.jpg
f0117041_545184.jpg
f0117041_545343.jpg


球根ベコニアも美しいですね。

f0117041_5455644.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-10 05:55 | 神代植物公園 | Comments(0)

2月9日 みなとみらいは寒風

寒風の中
それでも人は溢れるように出てきますね。
この人工の島に夢を見るのでしょうか。
移動しやすいけれど、座っていたい気分にはならない。
それがみなとみらい。

猥雑さがない街には匂いも邪魔ものなのでしょう。
せっせと汚いものは吐き出している。
もちろん「年寄り」も締め出している。

ただ、写真を撮りながら歩くのは嫌いじゃありません。
俳句のような言葉を歩きながら見つけたり
写真の素材になるようなものを探したり
あるいは、気付かなかったアングルを考えたり
ときには、試したり

それだけでもけっこう楽しいし
時間がたつのを忘れる。
そんな気分でした。

そして、絵を描く楽しみがあれば
もっと楽しいところだろうなと思いました。

写真を撮ったあと
桜木町の「にぎわい座」で林家たい平独演会
「粗忽長屋」を熱演
楽しいし笑ったし
老後の楽しみの中でかなり大きな場所になりました。

めでたしめでたし。

・・・・・・・・・・・

新しい街に漂う清潔も二十年後の墓標に見える。

f0117041_4543033.jpg
f0117041_455860.jpg
f0117041_4551947.jpg
f0117041_515287.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-09 04:59 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

2月8日 よく見ればたのしいものがいっぱいある。

横浜みなとみらい
ランドマークタワーの中を歩きました。
歩くと楽しいことがいっぱいあります。
これまで気づかなかったことに気づくとけっこう面白い。

みなとみらいの人工的な景色を楽しみ
「にぎわい座」で林家たい平の独演会
江戸時代の気分にひたりました。

高度に重層化された物語の展開をひとりで演じる。
これも芸能ですね。

圧倒された気分は心地いい。
世界が広がりますね。

・・・・・・・・・・・・・・

飽きるほど馴染み親しみ楽しめば新しいもの見いだすよろこび  あきオジ

f0117041_4412122.jpg
f0117041_4412876.jpg
f0117041_4413870.jpg
f0117041_4414717.jpg
f0117041_4415695.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-08 04:50 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

2月7日 ときには、うたたねの一日を過ごしたい

神代植物公園のラン

ランは圧倒的な色彩と形で迫ってきますね。
日本人もこの自己主張を受け入れてきたのですね。
そんな気がします。

・・・・・・・・・・

群れて飛ぶ雁のときか大空に何ごともなく雲は流れる  あきオジ

f0117041_6203637.jpg
f0117041_620476.jpg
f0117041_621624.jpg
f0117041_6212033.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-07 06:27 | 神代植物公園 | Comments(0)

東京の空もすてたものではない。

神代植物公園から冬の空を撮りました。
東京にもこんな空があるのだ。
奇妙な感想でした。

一度アップしたかったのです。
今日はまとめて撮ったのでアップします。

宿題をひとつこなしたような気分です。

・・・・・・・・・

東京の冬を遊ぶ軽やかさ紅白の梅と福寿草の花  あきオジ


f0117041_1615481.jpg
f0117041_162722.jpg
f0117041_1621645.jpg
f0117041_1623187.jpg

# by hiramekarei | 2010-02-06 16:05 | 神代植物公園 | Comments(0)

2月6日 電車が見えると人生を感じる。

f0117041_63037.jpg


江ノ電です。
電車が動いていると
人生を感じますね。

・・・・・・・・・

乗りし人の鼓動なるか電車音消えては現れる湘南の海  あきオジ

・・・・・・・・・・
# by hiramekarei | 2010-02-06 05:30 | 江ノ電の四季 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧