朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月31日 都知事選挙ですね。

f0117041_17485883.jpg


東京都知事選挙ですね。
吉祥寺で女性候補の演説に遭遇しました。
真夏日の猛暑の中
ハチマキ
大変そうです。
高所恐怖症の私には街宣カーに昇るだけでも無理です。

そのついでにカラオケに行きました。
下手な歌ですが、長時間歌うといいですね。

それだけでトイレにも起きず熟睡しました。

カラオケも「聞かせたがり」になるまで練習したいですね。
楽しみの場が広がりました。

f0117041_17483759.jpg


「銀河戦」
行方VS山崎
解説 飯島
同じ対局を見ました。面白いみたことがない内容なのでおさらいしました。
でも、解説聞いても理解不能。
楽しければ小理屈不要。

f0117041_17481283.jpg


心地よい夏かぜ抜けて山々は積乱雲に覆われる午後 あきオジ

f0117041_5575997.jpg


年を取るのは自然現象だけでなく記憶の節目ですね。
下手な短歌でも10年続けると日記になる。
そんな気がします。
by hiramekarei | 2016-07-31 05:47 | 東京風景 | Comments(0)

7月30日 投票に値する選挙かな。

f0117041_17465271.jpg


東京で発見したデザインです。
マンホールだとか手ぬぐいだとか
こだわればいろいろありますね。

ファミレスで新聞二紙を読んで
短歌をとりあえずに二首作りました。
でも、素人の安っぽい中身では
家に戻ると陳腐で使い物になりません。
時間は冷静さを引き戻してくれます。

都知事選挙のニュースは
週刊誌の見出しを読めば見当つきますね。
立派な評論家や学者が論評するあれこれのこととは関係なく
品のないところで決まるのですね。
選挙に値する選挙か
怪しいですね。

唐突ですが、
戦争というのはこんなきっけけで始まるのでしょうね。

長生きして完全にわかったこと
政治家に期待しないこと。

あまりに「恥ずかしい」泥仕合
また、数か月で新しい都知事はスキャンダルの渦の中にあるのでしょうね。

f0117041_17463529.jpg


高校バスケットをみました。
そんな番組も放映されています。

高校生が「バスケットは最高です。」と健気に言っているのは印象に残ります。
プロ化するともっと楽しいでしょうね。
バスケットは商品になりますね。

銀河戦
中村VS深浦
解説 飯島

新鮮な対局で興奮しました。
将棋が終えたら次は何でしょうかね。

次の「マイブーム」にはいつか、どこかでぶつかるでしょうね。

f0117041_17461131.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「倚りかからず」

茨木のり子


もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない 
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある

倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

破廉恥なことであっても起こすのが人の業なり合歓の花さく あきオジ


f0117041_17455316.jpg


生と死を哲学的に議論しなくなりしたね。
神奈川の大量殺人事件の犯人は、現在の政治の流れを象徴していますね。
「臭いものに蓋」ですね。
「最善をつくりました」といえればいい。
基本的には関係者は考えていることは同じですね。

「パンドラの蓋」を開けられたのですね。

事件の当事者は、ヒットラーを引用しています。時代錯誤しているようですが、そうでもなさそうです。「あいえないことはあるのです。」
起きてはならないことは起きるのです。」
by hiramekarei | 2016-07-30 04:32 | 東京風景 | Comments(0)

7月29日 立川駅周辺です。

f0117041_17442676.jpg


立川が多摩地区の中核都市ですね。
きれいだし洒落ていますね。
基地の街のうさん臭さは消えましたね。

足腰の賞味期限がきれそうです。
散歩もせずファミレスで音楽を聴き
そくさと家に戻り
英会話をおさらいしたらいつもの平日です。

施設を襲った元職員の理不尽な物言いは
私たちのきれいごとで説明したインチキかげんを糾弾しているようですね。

人の心の闇は暗黒でどろどろしているものです。
体裁のいいきれいな言葉で締め付けてバランスをとっているだけなのですね。

日本の中にニーチェのような言い方をする人がいたら
別の言い方をいるのでしょうね。

正論だけを語る人の「たが」が切れれば容易に逆転してしまうのです。

f0117041_17435851.jpg


「銀河戦」
深浦VS中村
解説  飯島
トップ棋士同士のスリリングな内容でした。
すっかり暇つぶしになりました。
もう、これ以上にはしません。

f0117041_17433311.jpg


長生きの信仰薄め充足の暮らし見出す道でいいのだ  あきオジ

f0117041_1742556.jpg


「郷土の誇り」
どうして、このような表現につながるのでしょうか。
どこがどうだかわかりませんが、劣等感の裏側が見えてきます。
by hiramekarei | 2016-07-29 05:41 | 東京風景 | Comments(0)

7月28日 何もないことが大切なのですね。

f0117041_17412062.jpg


東京風景です。

東京には若い人が溢れています。
東北をまわると老人しかいないことが分かります。

オリンピックになると国旗を振り回す。
何の抵抗もなく振り回しているのも異常ですね。
旗を振る意味は何でしょうかね。

また、メダルを取ると国旗をかざして会場を一周する。
国の英雄と思っているのでしょうか。

戦時中の国威発揚の戦略も同じなのでしょうね。
のせる人ものせられる人もお人好しなのですね。
それでいいかもしれません。
でも全体としては「大いなる勘違い」かもしれません。



f0117041_1741436.jpg


「忌野清志郎」のライブを聞きました。
厚化粧したり奇妙な発生をする人ですが
極めて繊細で誠実な人なのですね。

銀河戦
真田VS阿部
解説 西尾
大逆転の将棋でした。
大いに興奮しながらみました。
将棋も楽しんだもの勝ち。

f0117041_17404531.jpg


語気強く「人命尊重」訴える単純正論時代を掬えず あきオジ

駅前で正論語るおばさんの嘘をこぼす夏は短い  あきオジ

f0117041_4395286.jpg


「安楽死」「自然死」
どれもこれも既成の価値観では説明つかない時代に入りましたね・
by hiramekarei | 2016-07-28 04:37 | 東京風景 | Comments(0)

7月27日 街には若い人が溢れています。

f0117041_17384440.jpg


午後から雨降りになりました。
家で録画しなら200名山をたのしみました。

神奈川県の施設で大量殺人事件が起こりました。
記憶の奥に押し込んだものが突然飛び出したような衝撃がありましたね。
被疑者の経歴
被疑者の家族なども標的にされ
亡くなった人のメディアの扱い方
新聞は混乱するのでしょうね。

オリンピックはなんとなく
うやむやで進みそうですね。
思えば、オリンピックはビジネスですね。
勝てば生活保障されますし

競技によってはスポンサーがつきますからね。
スポーツなどと考えない方がよろしいようです。
ロシアは他の国の問題を暴露しないのでしょうかね。

もう、薬物を禁止するのは諦めたらづでしょうかね。

一般的な治療に使用する薬物だって、根っこは同じなのですね。

f0117041_17382625.jpg


グレートトラバース200名山
15分番組を視聴しながらダビングしました。
現在、アルプスからの素晴らしい景色が連続しています。

銀河戦
行方VS山崎
解説 飯島
将棋は内容だけでは1時間30分かかります。
こえを早指しというのですが毎日一局は見ています。

お絵かきと将棋観戦で午後は終わります。
年寄りの一日は一つ一つに手間がかかり
もたもたすることもあり
早く終わりものです。

浮世絵・広重
古本屋で手に入れたものを楽しみました。
浮世絵を楽しみにしていた時代は豊かな時代だったのですね。

f0117041_1738457.jpg


予備校は有名大学合格者載せて夏風邪こじらせる あきオジ

f0117041_17374618.jpg


国家は個人と同じ軸をもっていて
することなすこと相似形
国家も嫉妬するし金銭感覚をもっていますね。
南シナ海のも問題で経済支援をもらっている国が支援した国と同調しましたね。
政治的体裁が行動を支配しているわけではないのですね。

アメリカ大統領候補もこの原理で動いています。
by hiramekarei | 2016-07-27 05:35 | 東京風景 | Comments(0)

7月26日 ポケモン騒動

f0117041_17352171.jpg


八王子駅前
ポケモン遊びの若者が群れています。
それもいいか。

でも、例のごとく過剰予防で大騒ぎ。

いっときは電車の中はマンガ読む人がいっぱい。
今はスマホだらけ。

ここでついていこうか
脱落しようかの迷いがあるのですが
最初から脱落組です。

ガラケー生存者です。

退屈は哲学者か
単なる怠けものを生むのかもしれません。

f0117041_1735553.jpg


「お好み将棋道場」
若手の金井が角落ちで対局してました。
負けましたが、
いかにも社長さんの「もちあげ将棋」ですね。
接待麻雀というのがありましたね。

こんな素人の将棋好きに若手が「かませ犬」のように対局するのです。
意図が分かりません。
対局していただいたのですから
大金を若手に渡してほしいものです。

「八代亜紀」ワンマンショーをみました。
例のごとく「ど」演歌で温泉地のカラオケでおばあちゃんが懸命に歌っている姿を思い浮かべました。

それにしても「成功をおさめた歌手」は
どうして「我が道一筋」「家族の支え」賛歌を歌いたがるのでしょうか。
しかも、自作自演です。
歯の浮くような通俗文法でつらぬきます。
最初の一言で全部が読み取れるのです。
それがいいのかもしれませんね。

f0117041_17344128.jpg


おだてられその気になって立候補大義がたてばそれでいいかも  あきオジ

真面目なる反戦論もいびつなり案外それが真ん中にあり  あきオジ

f0117041_17342119.jpg


空海と最澄との関係を「理趣経」のやりとりだけでなく弟子との関係などを絡ませるとリアルな人間が見えてきますね。
これからの時代
週刊誌のような下衆の勘繰りが表にでなくちゃね。

それにしても出家者が結婚して世襲の財産をもって説教する。
そんなとんちんかんも時代のふところのひろさ。
難しいことを言わないのが賢さ

イエスとマグダラのマリアとの関係にしても後世「公式教科書」作成段階で改竄して
歪めているのは明らかですね。

それにしても「つじつまあわせ」が乱暴ですね。
後継者争いの中で歪めたのですね。

世の中「あげあしとり」の楽しみがいっぱいです。
真面目さは美徳ではない。
by hiramekarei | 2016-07-26 05:32 | 東京風景 | Comments(0)

7月25日 暑い日曜日でした。

f0117041_17383836.jpg


昭和記念公園こども広場です。

体調不良につき
市街地まで電車で出かけそのまま帰ってきました。
駅前ロータリーではポケモン遊びに夢中な人たちが溢れていました。
社会現象ですね。

ときおり低価格パチスロに立ち寄るのですが
平日なのに常連のようにしている人を見かけます。
老人なら「それもあるかな」と思えるのですが
20代、30代の人が入りびたりなのです。
この機種ゲーセンよりも「お得」で、1000円あればそこそこ遊べるのです。
逆のいえば、1000円回収するのは大変だということになります。
苦労してわずかな収入を得るより
「やらない」あるいは「別の仕事をさがす」のがよかろうと思うのですが
そうもいかないようです。
知り合いになった44歳のおじさんは失業補償を得て暮らしているようです。
大人の安っぽい分別でものをいうことは簡単ですが
そう簡単なものではありません。
事情など他人が知る由もありません。

最近の裁判で
認知症の親を殺害して、自分も自殺を図ったとか
子供を虐待した夫のいいなりになって殺害ほう助した妻にたいして
「もっと適切な方法があるにもかかわらず」など
ご機嫌分別をならべる裁判官に「むかついて」いるのですが
常識人には理解できない不条理の中で生きている人もいるのです。

だから、裁判官より「寅さん」が必要なのです。
同趣旨のことを書いた気もします。
なぜか不快感がたまっています。
まあ、いいか。

都知事がせこい金銭感覚で辞任しましたが
「そんなもんじゃないの?」という議論や
「そんな人だと見抜けなかったのはあなたでしょ」という議論はありませんね。

きれいなことを主張したり、訴える人も必要でしょうが
悪いやつと同じ程度に信用していません。

ことごとく
もっともらしいことを書いていますが
いい加減です。
くれぐれも
読みながらうなずいたりしないでくださいね。

f0117041_173865.jpg


「NHK杯」将棋トーナメント
加藤女流VS佐藤
解説 島

囲碁でも女流が出始めましたが
将棋のプロが誕生していますが実力は相当に差があります。
だからといって女性の能力をあれこれ言うのは違いますね。
「女がするものではない」という思い込みが長かったのですから。

キルト展で男性作家は少数です。
単純に結露づけた物言いはやめましょう。

「銀河戦」
丸山VS三浦
解説 北浜

将棋を見ていて思うのは
優勢になるのはそれなりn勢いがあればできそうですが
「勝ち切る」のは容易ではないのです。

「クラシック倶楽部」
毎朝楽しんでいます。
今朝はラフマニノフの「徹夜祷」
国立モスクワ合唱団が演奏していました。
大のお気に入りの曲ですし
ラフマニノフの哀愁帯びた重さが好きです。

f0117041_17391347.jpg


ご機嫌で弱者目線の一茶でも遺産相続強欲なるか  あきオジ

子だくさん女性問題あれこれを包み隠す始祖のたしなみ  あきオジ

f0117041_17393656.jpg


日本ではいつからセックスの扱いを陰湿なところに押し込んだのでしょうか。
封じ込めた時間の長さだけ下品になりますね。
by hiramekarei | 2016-07-25 05:25 | 昭和記念公園・夏 | Comments(0)

7月24日 バーベキューを楽しむ

f0117041_17355573.jpg


昭和記念公園です。
猛暑は頭の回転を緩くしますね。

昭和記念公園を散歩しました。
花も展示物も先週と同じでした。
半周コースで退散しました。

疲れてテレビをみながら午睡
「人生の賞味期間」想定しておきたいですね。

f0117041_17353976.jpg


「落語研究会」喜多八の追悼番組でした。
また、楽しい人を失いました。
落語家らしい落語家でした。
私より年下だったのですね。

高倉健、永六輔と立て続けに時代の先輩を亡くして
人生とはこんなものかなと思うようになりました。
終わり方をきれいにしたいですね。
でも、そんな見てくれいらないかな?

「銀河戦」
羽生VS佐藤天彦
解説 久保
去年の対局でしたが、今年の天彦の活躍のスタートのような鮮やかさでした。
時代は動いていますね。

「こころ旅」をみない朝はものたりないですね。
そんなときは録画しておいたものを見ます。
年寄のありがたいことはほとんで覚えていないことです。
繰り返しの視聴も楽しんでいます。

「こころの時代」ガン患者が文章を書き
名古屋芸術大学の生徒がその文章から絵を作るという活動を取材した番組を見ました。
坊さんの講釈番組はむたくさんですが、時代は新しい形をもとめているのですね。
面白かったです。

f0117041_17361744.jpg


人生は「まあいいか」であきらめるそれがいいと夏の風ふく  あきオジ

つよがりの逆説並べる講釈も捨ててぼやく「まあ、いいか」とか あきオジ

f0117041_17363915.jpg


病気を「直す」のが医療だとすれば
穏やかに死んでいく「みとり」も対極にありますね。
by hiramekarei | 2016-07-24 06:09 | 昭和記念公園・夏 | Comments(1)

7月23日 昭和記念公園の夏休みです。

f0117041_17342361.jpg


昭和記念公園です。
現役の人は「夏休み」なのですね。

時間に鈍感
世の中の流れに無関心
年号はさっぱり思い出せない。
すべては重要なことではない。
知りたければ「尋ねればいい」
そんな横着な年寄になりましたがけっこう
「ご機嫌な」日々です。

ロシアのドーピング問題
きれいごとにしないで
いっそのこと
薬物の使用を認めればいいじゃないか
そんな議論のあっていい段階まできているのでないですか。
国家、企業丸抱えで商品として選手を養成しているのですからね。
それもドーピングですからね。

ロシアだけのことではありませんね。
「みないことにしている」
段階でしょうが
きちんと検査すれば、世界中が薬物づけでしょうね。
オリンピックが商売になるから困るのですね。
個人だけのものにして国旗を利用しないというのはどうだろうか

でも、関心がないお祭り騒ぎをあれこれいうことありませんね。
肥大化し政治利用され解体するのでしょう。

f0117041_1734026.jpg


「銀河戦」
丸山VS佐藤康光
解説 橋本
序盤がいいと押し切ることも可能だと知りました。
個性の表現がないからいいのかもしれません。

「東北の夏祭り」再放送
この時期、日本中のお祭りが紹介する番組がありますね。
放映されるとチェックしてみます。
「根っ子」のある暮らしが大切だと思いますね。

「こころ旅」東北方面終わり
9月に西日本が始まります。
日本人を端的に紹介していますね。
今年放映分は録画して繰り返しみています。

f0117041_17334461.jpg


無礼なるあれこれの傷かき消せる消しゴムないかいくつもほしい あきオジ

語られず闇に封じたあれこれも物語となり浮遊したまま  あきオジ

f0117041_17333122.jpg


裁判官が育児放棄の親に向かい「適切なやりかたがあったにもかかわらず」と述べるほど
とんちんかんなことはありませんね。
by hiramekarei | 2016-07-23 05:04 | 昭和記念公園・夏 | Comments(1)

7月22日  雨降りですね。

f0117041_17304591.jpg


昭和記念公園です。
カサブランカもいっぱい咲いていると意外と退屈ですね。
匂いも空々しい。
まあ、いいか。
季節を感じます。

今の見ごろは桔梗でしょうか。

古書店で「安藤広重」の版画集を手に入れました。
大型の箱入りのものです。
出版社が出した本格的なものです。
「わくわく」は、手に入れたときに終わりですが
時代の雰囲気や
庶民の楽しみかたを想像していました。

f0117041_1731817.jpg


銀河戦
羽生VS屋敷
解説 木村

対戦組み合わせが面白いですし
展開も意外性いっぱいでした。
解説の木村が
「どうなるかわかりません」といつものテンポある解説を投げ出していました。
でも、素人にはご馳走様でした。

「英雄たちの選択」NHK
正岡子規をとりあげていました。
自分の人生の先が見えるとすれば
それまでの人生で何をすべきかの議論がありました。
なすべきことがあり
進むべき思いがあれば生きられる。
あたりまえの収れんがありました。

f0117041_17312338.jpg


生きたいの渇望幻想かき立てる刺激こぼれる御岳渓流  あきオジ

安定を真ん中にした言葉あり時代の風はそれしかなくて  あきオジ

あれこれと捨て去り残るすべきことこれから始まる小さな覚悟 あきオジ

f0117041_17314995.jpg


スーパーで子供が動き回っています。
買い物客にも迷惑ですが子供の代わりに「どうもすいません」と親が謝罪している。
きれいな風景だけれど
なぜか「変」
by hiramekarei | 2016-07-22 05:17 | 昭和記念公園・夏 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧