朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

<   2016年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

5月31日  目が覚めたら元気だった。それでいい。

f0117041_6524499.jpg


神代植物公園です。
春のバラも終わりますね。

雨降りでしたのでブックオフを一巡して家に戻りました。
ノルマのあれこれをして
あっという間に一日が終わりました。

何もない一日は嬉しいことです。
自分で決めた小さなノルマをこなすだけの生活は贅沢ですが
続けることは大変です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨降りを気にもしない月見草  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青梅をうてばかつちる青葉哉 蕪村
(蕪村の句には色だけでなく音がありますね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはそれこれはこれのみどりなり河原の午後は極楽にもなる あきオジ

不満もちいい分あれこれみつけるも暇つぶしなれどいきどころもなく あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_6521662.jpg



「名探偵ポワロ」
「ABC殺人事件」を見ました・
ポワロも連続してみると単なるゲームになってしまいますね。
年に数回のお楽しみ
それでいいのかも

「お好み将棋道場」
見るつもりはないけれど見てしまった。
そんなことがありますね。
今日は落語家が二枚落ちで対戦していました。
解説する人も気を使いながらのものでした、

ブログを更新して
翌日のブログ材料を準備してしまうと一日が終わります。


f0117041_6514922.jpg



その場しのぎの嘘もつきたい。
別の自分をそう想像させたい。
お互いさま。
それがいやなら付き合う相手を選ぶこと。
by hiramekarei | 2016-05-31 05:28 | 神代植物公園・春 | Comments(0)

5月30日 雨の月曜日です。

f0117041_17522260.jpg


神代植物公園です。
葉の命は短くて・・・・・・
林芙美子を思いだすのはじいさんだからでしょうか。

昨日温泉にでかけました。
というより、連れて行ってもらったのです。
これから何年動けるのでしょうか。

欲をかかないで一日良ければそれでいい。
それだけの頑張りで十分ですね。

温泉は連休の賑わいは消えて
温泉を日帰りで利用する家族連れでいっぱいでした。
そんな休日の使いかたもありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨降ればそれもいいのだ  あきオジ

雨うける地藏菩薩のよだれかけ  あきオジ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

語ること何もなくて山を見る温泉街のとっぱずれ  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

針に糸を通しあへず青空を見る  放哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_17515396.jpg


「NHK杯主義トーナメント」
阿久津VS伊藤慎吾
温泉を楽しみながら見ました。
老人にとって極楽とはこんなことでしょうか。
双方慎重で展開が見えませんでしたが
「詰み」が見えてからの攻めは一気でした。
20手先や30手先まで読み切ることはプロにとっては当たり前のことなのですね。
それがプロなのでしょうか。

勝ち続けることで収入を得る。
大変なことすね。

f0117041_17513468.jpg
f0117041_1751714.jpg


正義を語る人は怪しい。
四字熟語を探す人は要注意。
by hiramekarei | 2016-05-30 17:49 | 神代植物公園・春 | Comments(0)

5月30日 バラが美しい。

f0117041_16595256.jpg


昭和記念公園です。

f0117041_6494592.jpg
f0117041_6491551.jpg
f0117041_6484832.jpg


あったものは正当な理由があると勘違いする。
by hiramekarei | 2016-05-30 05:46 | 神代植物公園・春 | Comments(0)

5月29日  花は育てるから面白い。

f0117041_17485914.jpg


いい陽気ですね。
朝が早いのがうれしいですね。
夜が長いのは苦手です。

早起きすると能率がいいし
言葉も容易に浮かんできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヤマボウシ利休の声する雨の中  あきオジ

猛暑とはうまく言いあて帽子脱ぎ  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

繰り言も愚痴さえ同じ目線の人選ぶ「みんなそうさ」というために あきオジ

深刻な言葉並べる歌人たち教養人でそれだけの人  あきオジ

破たんなきリズムで進む短歌には毒も仕掛けも見当たらず  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すこし熱がある風の中を急ぐ 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_17483373.jpg


日曜日はテレビ爺さんになりきりです。
「こころの時代」「俳句」「短歌」の番組を見てからお出かけ
散歩から戻ると録画しておいた「将棋講座」とNHK将棋トーナメントを楽しむ。
これで一日が終わります。
それでいいとか、悪いとかの問題ではなく
これで何も考えずとも終わるということです。

f0117041_1748529.jpg


f0117041_17474932.jpg


もっともらしい評論する人は
同じ口で人の品定めをしている。
by hiramekarei | 2016-05-29 06:46 | 神代植物公園・春 | Comments(0)

5月28日 大統領も体力勝負ですね。

f0117041_17461039.jpg


昭和記念公園の池で花菖蒲が開き始めました。
今週が見頃ですね。

万座温泉に出かけます。
早起きしてブログを更新していたら閲覧している人がいました。
午前4時起きている人はいるものですね。

アメリカ大統領が広島を訪問しました。
政治的な影響力は半端じゃないでしょうね。
大統領も気づかいと演技力が求められる役職ですね。

もう、「さあ、謝れ」の感情論も薄れてきましたね。

f0117041_17454448.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛暑が肌を生き物にする  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美意識を様式にして生み出した短歌世界の奇妙なこだわり  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりの雨の雨だれの音  放哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鼾で驚く 生きている実感  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_1544119.jpg


「こころ旅」蔵出しをみていました。
日本の文化をなぞっているような感じですね。
地方へ行けば行くほど
風土の香りをもっていますね。
日本人の表情って素敵ですね。

「アメリカ大統領広島訪問」

テレビで生中継していました。
ヘリコプターで到着し、車に乗り換え
会場に到着するところも放映していました。
歴史の証人になった気分で。

「さあ、謝れ」という議論がありますが誰に謝れというのでしょうか
不思議な議論ですね。原爆を落としたの誰なのでしょうか。

f0117041_17452564.jpg


心理学者は心理学は科学であると思い込んでいる。
でも、根拠を持たないから証拠にはならない。
事後説明の補助にしかならない。
みんなで勘違いしている。

根拠のない文学なのですね。
事件が起こると「こころのケア」しか言わないのですね。
by hiramekarei | 2016-05-28 04:00 | 神代植物公園・春 | Comments(0)

5月27日 金曜日は「フロスト警視」

[#IMAGE|f0117041_1712810.jpg|201605/19/41/|mid|500|375

昭和記念公園です。
遠足しいグループがいっぱいでした。

いいですね。
この季節は引退した夫婦も目立ちますね。
みなさん表情が穏やかですね。
それが何よりです。
引きづらない。
それがいいですね。

東京では人との関係の距離が遠く
面識がない人との挨拶はありませんし
家の中に入れることもありませんね。
そうでないと疲れるからでしょうかね。

思えば第二の仕事を過ごした職場の人たちは
教養もあり社会的な地位も高い人でしたが東京の人でした。
名刺で関係を確かめる人でしたね。
ああ、これが現代風の東京でしたね。

お疲れ様の仕事をしているのですから
それくらいの距離があたほうがゆったりできるのでしょうかね。
でもなぜか
本当はそうでないのに、邪険な顔している人が多かったですね。

東京都知事
事実はわかりませんし弁明もあるのでしょうね。
金の問題より品性のことを取り上げてほしいですね。
彼の問題というより、選んだ都民の品性の問題ですね。

f0117041_171969.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俳句する仰々しさも気にならず日記に残すシミのごとく あきオジ

美しさ若さの幻影生み出して商売にする長閑な時代  あきオジ

生臭いギトギト短歌もほしくなる大島紬そろう夏茶会 あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突風が山を突き抜ける あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふりかえらない道をいそぐ  山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_1704595.jpg


銀河戦
村山VS鈴木大地
勝ったり負けたりするのが
将棋ですね。
棋譜だけ見て誰の棋譜かわかるのでしょうか。
個性が見えない不思議な世界でですね。

囲碁もそうですし
麻雀もそうですね。
だからいいのか
だからつまらないのか
そんなの関係ないのか

f0117041_1702163.jpg


学校関係者の事件が起きると
新聞社はトラウマ取材に走り
スクールカウンセラー配置で思考がとまる。

落としどころを了解した世界。
by hiramekarei | 2016-05-27 05:46 | 昭和記念公園・春 | Comments(0)

5月26日 氷の彫刻

f0117041_16583774.jpg


市街地でのイベントでした。
氷をの彫刻を競い合うものでした。
ここにも自分の居場所があるのですね。
時間制限の中
焦りながら鑿をつかう真剣なおじさんたちが素敵でした。
ホテルの結婚式の装飾なのだそうです。
それにしても力仕事でしたね。

「サラリーマン川柳」
大流行ですね。
自分は違いますけれどね。
そんな安心が透かし見えるのがいいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛暑逃げ場所もなく  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死ぬる夜の雪ふりつもる 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとり暮らしそれも楽しむ日々なれば孤独などはどこにもなくて あきオジ

なぜかしら一人暮らしは淋しいと決めてかかる世の中不思議 あきオジ

意味があるから続けてるそうじゃなくて意味は後付け  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16545431.jpg


「銀河線」
だらだら見ていると
内職しながら見てしまうし
素人には退屈な中盤戦は早送りしてしまいます。
でも、素人の恐ろしさ
中盤戦の盤面の全体図からどちらが優勢か見えるものですね。

「おとなの基礎映画」をDVDに移しながら見ていました。
毎日見ていますが、ひとりでぼそぼそやっているようなら
実用にはならないし
ボケ防止にもなりませんね。

でも「しない理由」ならいくらでもでてきませんね。
はじめたらだらだらでもいいからやめない。

f0117041_16543329.jpg


第三機関の設置で問題をみえなくする。
それも方法ですね。
そこまでで終わりですね。
今の上手な逃げみち。
by hiramekarei | 2016-05-26 05:21 | 日々の暮らし | Comments(0)

5月25日 二度寝しました。

f0117041_16525094.jpg


昭和記念公園の春です。
もう、守備範囲は小さくします。
取材も温泉にでかけたときのついでにします。

無理しない。
当たり前をつづける。
それで十分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後悔はきれいなことばで実りない日々につなげるそんなこと あきオジ

冗談を飛ばす電車の軽快さ若い世代は青さが似合う あきオジ

ブランドのリュックを背負う中学生親の期待に振り回されるな  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハナミズキ初恋のせる傲慢さ あきオジ

プールには年金おばさん浮かんでる あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すこし熱がある風の中を急ぐ 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16522482.jpg


「銀河戦」
木村VS田村
開設 先崎
田村の攻撃がさえて木村の力が発揮されない一局でした。
でも、感想を語るときの木村は絶好調ですね。

NHK杯
加藤一二三VS丸山
古い対局です。
中原の解説が古い
対局者も解説者が読みが浅いですね。
今の時代の若い棋士なら
容易に読みきっていますね。
素人にはそんなことはわかる由もありませんが、そんな感じですね。

最近、一日一局くらいのペースでみています。
どこかに傾くとどこかがかるくなりますね。


f0117041_1652878.jpg



考えも考えなくても同じなら
自分の感性を大切にしたい。

考える。よく考えるとは「やめておこう」と同義語。
by hiramekarei | 2016-05-25 05:37 | 昭和記念公園・春 | Comments(0)

5月24日 猛暑ですね。

f0117041_1650736.jpg


昭和記念公園です。

猛暑でした。

サッカーもバレーボールも
テレビで流れるのはプロの試合ですね。

私はサッカーも野球も相撲も見ません。
忙しいこともありますが、
応援するのも面倒だからです。
その場の興奮だけですね。
ぼんやりがいいです。

応援している自分をみたくはありませんね。
どうしてだかわかりませんが
おんぶにだっこというか便乗スタイルが苦手ですね。

「笑点」で歌丸が引退
司会は昇太が後任に決まりましたね。
珍しくいい人選ですね。
昇太は才能がありますし、資質が素晴らしいですね。
いままでだって昇太と歌丸以外に落語家的シャレがわかる
落語家はいませんでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにもかも中途半端な昼寝なり あきオジ

付け足しの季語ならいらぬそんなこと  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原爆の投下理由の議論やめ風化させるそれが賢さ  あきオジ

いつの世も勝ったものが正しくてむりおしごりおしどさくさまぎれ あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貧乏して植木鉢並べて居る  放哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16494881.jpg


「日本の黒い夏」熊井啓監督
松本サリン事件の冤罪を取り上げた異色の映画でした。
もう、映画を見た記憶さえ薄れていました。
予断いっぱいの報道を信用しない。
そんな「確信」を植え付けられた報道でした。
犯罪の被害者は「優しい子だった」ことで収斂してしまうスタイルは
いまだに残していますね。

裁判官の説教も勘違いだとおもうし嫌いです

思えば、災害があると行政の対応が遅いと新聞が煽るのも同じですね。

不安を煽る記事も「不安は商品である」という減速はぶれていない。

「銀河戦」
藤井VS斎藤
解説 高野でみました。
勝って仕事になる。
大変な仕事ですね、

「木村VS田村」
「加藤一二三VS丸山」を続けてみました。
これで一日が終わります。

老人は迷惑をかけないように
気を使いながら暇つぶしを工夫しているのです。

f0117041_16492481.jpg


恨むことなどありゃしない。
すべては宿命
受け入れるしかない。
そして、それは」、自分で作りいじりまわした夢想かもしれない。
by hiramekarei | 2016-05-24 04:42 | 日々の暮らし | Comments(0)

5月23日 バラは種類も多いし、色も素敵ですね、

f0117041_6301440.jpg


早起きしすぎでした。ということで午後はテレビ見ながら昼寝
寝ていようが何をしようと誰も困らない。
邪魔にならなければそれでいい。

当面のしなければならないことは
入れ歯の金具が破損したので修理してもらうことぐらい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芭蕉追う夏がきた あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仏にひまをもらつて洗濯してゐる  放哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問いかけに答える坊主のしらじらしい教科書通りそれはないだろう あきオジ

五月空始祖がどうだかしらないがあなたの言葉それを聞きたい  あきオジ

騙されてその気になったその程度他人の助言そんなものさ あきオジ

f0117041_6294790.jpg


NHK杯将棋トーナメント
松尾VS佐々木
解説屋敷
考えることに集中できること。
それも才能ですね。

「フロスト警視」36話
テレビだからそのようなドラマになるのでしょうが犯罪というのは猟奇的ですね。
どんなこともありえるのですね。
「そんなにしなくても」といいたくなるほどフロストは頑張りますね。

落語研究会
瀧川鯉昇「佃祭」
古今亭歌武蔵「稲川」手慣れた演目を滑らかに演じていました。

f0117041_6292666.jpg


生きる意味は自分が作り出すもの
そんなものなくても
今日しなければならないことがあればそれで十分ということもある。
by hiramekarei | 2016-05-23 04:49 | 薔薇・蘭・生け花 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧