朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

8月31日  四万温泉の風景です。

f0117041_637507.jpg


四万温泉に出かけました。
想像したより大きな温泉街でした。
そして、格安ホテルと言うこともあり満室でした。

ロケーションは渓流沿いに旅館が並んでいる。
どこにもある温泉です。

最近は温泉仲間も遊び上手になり
風呂、寝るだけでなく
将棋したり、カラオケも楽しむ人もいます。

日本人はじっとしていられないのですね。

・・・・・・・・

温泉に浸かる極楽満喫し眠りにはいる贅沢もあり  あきオジ

・・・・・・・・・

f0117041_6381629.jpg


「刑事フォイル」の放送が開始されました・
NHKBSですので、CMはなく日本語吹き替えですし
画面もきれいなので見ごたえあります。
しっかり、録画しておきました。

さっそく、携帯テレビで見るつもりです。

・・・・・・・・

選択肢二つあるもかなしけれ選べず選ばず判断もせず  あきオジ

・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-31 06:52 | 地方の風景 | Comments(0)

8月30日群馬県の温泉に出かけてました。

f0117041_45223.jpg


みなとみらいのエベントの消防車です。
大人でも消防レスキュー隊のユニホーム憧れますね。無理か?
でも、どの子も消防車好きですね。

動くもの、それも赤と言うことなのでしょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

温泉でぼんやり過ごす楽しみを楽しみとする年になり  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_5192067.jpg


飲み会があり、遅くなりました。
眠くて更新する時間もなくなり
早々に寝てしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・

生きること死ぬことさえも通過点どれもこれも一瞬にもならず  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・

ミステリーを見ていていつも余計なことを考えてしまいます。
被害者だけでなく加害者の再生の物語です。
被害者の遺族の悲しみは癒えることはないでしょうし
加害者の反省に終わりはないでしょうし
反省しました。
そんなことを言っても世間は許さないでしょう
事件は当事者だけのものではなく
正義の代弁者のような顔をしてものいう人が多いですね。

被害者加害者紙一重の状況はありえますね。

人生は長い。
どうせならぼんやり長閑な時間であってほしいですね。

金儲けから離れ
地位や名誉から離れて安心を得ることが
結局のところ楽しいことだと
この年になって見てきました。

気を使いのではなく
離れることですね。
by hiramekarei | 2015-08-30 05:18 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月29日 温泉にでかけます。

f0117041_424272.jpg


みなとみらいの大桟橋です。
お気に入りの場所ですから何度も出かけます。
でも、場所も写真の撮りかたもマンネリですね。

今日は温泉に出かけます。
途中の風景を撮ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

温泉に出かけるはなしもではじめてプールフレンドいつも暇なり あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・


f0117041_4243172.jpg


ドラゴンゲートの試合をテレビで見ました。
忙しくて見る機会がありませんでした。
でも、月に一回程度は観戦したいですね。
単純明快
若いからできるショーですね。
これも青春
いいですね。

最近のプロレスは選手が喋りまくりますね。

自分たちで自分たちの表現形式を生みだしていく
試行錯誤しながら創り出していく
半端じゃありませんね。

「グレートトラバース」を企画し、売り込み
資金を得て日本名山100踏破」に挑戦している若者もそうですね。


・・・・・・・・・・・・・・

雨降りて寒さ感じるこのごろは山頭火さえ部屋でこごえる あきオジ

煩雑なお付き合いも終わります消息さえも話題から消え あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・

飲み会も一段落です。

食いっぱぐれないようにはたたらき続けること
うまいものを食いながら健康管理する。
そして、金儲けをして豊かな老後を過ごす。
そんな話題だけで終わります。

どこか違う気がしますが
それでいいとする人たちとのお付き合いです。
遠くの話として聞いていました。

いい人たちなのでしょうが、もう残された時間は少ないのです。
我慢して聞いているというか
聞かされているというか
余計なことに気配りすることはなさそうです。

それはそれとして
そんな話題を続けて
「楽しかった。また、やりましょう」だとか

居場所を変えましょうかね。

草間彌生についていきましょう。
by hiramekarei | 2015-08-29 04:41 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月28日 暑かったり寒かったりですね。

f0117041_4385361.jpg


「みなとみらい」にもずいぶん通いました。

・・・・・・・・・・・・

雨降れば雨の思いが湧いてくる気分次第なにもかもが  あきオジ

・・・・・・・・・・・

仕事仲間との飲み会です。
これで社会的な仕事からも解放されます。

これからは何もしません。
自分だけの暮らしになります。

社会に還元するとか、貢献するなどと言いたくありません。
邪魔しませんから口出ししないでくださいということでしょうかね。

したいことならいっぱいあります。

f0117041_4392263.jpg


イギリスミステリー熱が一段落して
次の「何か」を探しています。

・・・・・・・・・・・・

あれこれでつじつま合わせで語りたる自分人生それだけのもの  あきオジ

・・・・・・・・・・・・

野球に興味があるとたのしいでしょうね。
サッカーのサポーターを見ていると
夢中になって大声出すのも楽しいだろうな。
そんなこと思いますが、誰もが楽しめうというわけにはいきません。
巨人の対戦を見ると監督がもっともらしい顔をして映し出されます。
それだけでうんざりしてしまいます。
他のチームにも元巨人軍の選手だった監督がいっぱい登場します。
それもいやです。
いやだったら見なきゃいいじゃないか。
そうです。だから見ません。

物事の判断基準は理性的なものでもなけりゃ
全体的なものでもないのです。

相撲も見ませんし
競馬、競輪にも関心がありません。
でも、夢中になれるものが欲しいですね。

今は、イギリスミステリーでしょうかね。
お絵かきも飽きません。

落語も週に何回も見ます。
自分でない自分になれるという感じでしょうか。

本当は何もしないでぼんやり外の景色を眺めるだけ。
そんな贅沢があればいいでしょうね。
by hiramekarei | 2015-08-28 04:56 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月27日  だんだん出歩くことが面倒になってきました。

f0117041_5221731.jpg


台風が通り抜けますね。

最近、一番大切にしたいのは「夢見る」ことだと思います。
あれこれ歩きながら考える物語
そして、寝ながら見る夢見ることです。

自分でない自分が自由に遊んでいるのは楽しいことです。
「夢みたいなことばかり考えるな」
「もっと、地についた考え方をしろ」と言われてきましたが

自分が自分らしくいられるのは物語を紡ぎ
夢見ることの中にもあると思うようになりました。
邪魔されず自分らしい自分を自由に動かしたり
夢の中ではかってに飛び交って」いるのですからね、

怖い夢を見ても目覚めれば消えてなくなっており
安心できるのですからね。

現実を生きるのも素敵ですがそれだけではもったいないですね。
誰もが現実だけで十分ではないのですからね。


・・・・・・・・・・・・・・・・

大騒ぎしてもなくも死んでゆく何ものこさず記憶にもなく  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_5231243.jpg


「自分は職場を自分の逃げ場所にしてきた」というフロスト警部のつぶやきが印象に残りました。
同僚のジョージが殉職した回想シーンです。
ジョージには別の居場所があった
ジュージは職場で懸命に仕事している自分を気の毒がっていた。
これからの人生はそのようにしていこうと言います。

ドラマは退職し、新しい家族を大切にするフロストを暗示して終わります。

「刑事フォイル」のシリーズがNHKBS放映されますから録画します。
ミステリーチャンネルとは画質が違うか知れませんからね。

「フォロスト警部」とともに、ゆっくり見直すのがこれからの老人生活の中心になりそうです。

最近出かけるのは同じところが多くなりました。
好奇心も少なくなりましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傲慢な人間などはものとせず宇宙時間あってなきがごとし  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-27 05:47 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月26日 今日は一日雨のようです。

f0117041_4152034.jpg


みなとみらい大桟橋手前のいつもの公園です。
できあがったときは多くの人が足をとめたかもしれませんが
いつ行っても素通りです。

豊かなはずなのの余裕がない時代時代の気分なのかもしれません。
でも、素敵な空間です、
周囲がみどりに囲まれているのがいいですね。

台風が通り抜けたようですね。
沖縄では台風が接近するたびに不安になるのでしょうね。


・・・・・・・・・・・・・

台風の接近情報うわのそらミステリー見る何もない午後   あきオジ

・・・・・・・・・・・・

何もない。
予定もない。
それを楽しめる。
それが何よりです。

f0117041_4154730.jpg


「刑事フォレス」がシリーズを終わりました。
継続があるのか分かりませんが、堪能しました。

最初の頃は戦争の危機を背景にして地方都市で起こる事件を軸にして展開しますが
戦争が悪化してからは、戦争状態を直接扱うようになります。

ここから俄然、政治的な内容になります。
主人公たちも政治的な立場になってきます。
物語もスケールが大きくなりますね。

戦争が終わってもそれぞれの人の戦争は終わらず
新たな戦争が始まろうとしている。
そんなことを思いましたね。

このシリーズNHKの放映がありますから、おさらいをします。
それから、別のドラマを楽しむことにします。

「フロスト警部」を一話からおさらいしながら見ています。
イギリスミステr-の登場人物は個性的ですし、行動的ですね。
蹴散らしながら突進していきます。
生活の臭いもあり素敵ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・

やきもきとしながらテレビ見ている時代なり戦争画面はそこまででいい  あきオジ

・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-26 04:35 | Comments(0)

8月25日 台風接近中ですね。

f0117041_430384.jpg


いかにも横浜という雰囲気ですね。
みなとみらいのショッピングモールは開店が11時です。
夜は何時まで開いているか分かりませんが若者向けですね。

・・・・・・・・・・・・・

一つずつ記憶の隅からこぼれ落ち瑣末なことが蘇る夜  あきオジ

・・・・・・・・・・・・

韓国と北朝鮮の突っ張り合い
ああ。戦争はこんあことが始まりなのだと思いましたね。
それと戦争をしたがっている人がいるのも現実なのですね。

f0117041_4302375.jpg


「フロスト警部」が再放送されました。
今日は第一回目でした。
「フロストのクリスマス」です。
長いシリーズなので相当の年数が経っているのが分かります。
警察も何回も移転していますし
電話、パソコンの型式も変化しています。
それぞれの主要な人物も年を取っているのが分かります。

一回目は必ずしも夫婦仲がよくなかった妻が病気になっている状況から始まります。
その後の展開で妻の死後
交際した女性も何回か登場しますし
フロストが父親だと教えられ
その気になって逢いに来る娘のエピソードもありました。
その辺りがこのドラマの面白いところですね。

事件は社会性が強い事件が多いですね。
DV、同性愛者の社交クラブ、そこで働く少年,ドラッグなどが重なってでてきます。

最後はほろ苦い結末になることもありますが、
素人にはそこそこの気分を与えてくれます。
内容だけで90分の番組ですから、年に数本しか製作できなかでしょうね。

社会常識の枠をしっかり守って、その範囲内ではみ出した演出を試みるというのが面白いところですね。
それにしても、警察は太変な職場ですね。

なぜかフロストはとりあえずは、禁煙中のようです。
このドラマが放映中の時代は
イギリスでは職場での喫煙はありですし
ポイ捨て当たり前だったのですね。
靴で吸殻を踏みつぶすシーンが何度も出てきます。

今のところ美味しそうな料理は登場しません。
出てくるのは紅茶?それとも珈琲でしょうか
職場でも、ひきりなしに大きなマグカップで飲んでいます。

「刑事フォレス」は時代の流れを背景にして
国際問題を取りあげて終了になりました。
国際問題を取りあげながら、別の事件をからませるという手法はいかにも
ミステリーという感じでときおり難解になりますし
登場人物の関係が見えなってしまいます。

おさらいはNHKBSの再放送で見ることにします。
お薦めです。

「ポワロ」の一挙放映がありますから、それも録画します。
それにしても朝から夜まで放映するとしても
見る人はどのようにしているのでしょうかね。
次々と新しい企画が登場しますから、見る余裕がありませんね。

それとも暇の老人のためのものなのでしょうかね。

・・・・・・・

老人は老人時計で暮らしてる見えるものさえ地球を離れ あきオジ

・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-25 05:13 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月24日  みなとみらいは猛暑でした。

f0117041_518291.jpg


横浜スタジアムです。
みなとみらいの大桟橋に向かうとき
通りすがりで撮ったものです。
清掃中だったのでしょうか

そこで一枚

昼までに帰宅し
録画しておいた将棋番組をみて
録画しておいた「刑事フォイル」をみて
バタバタと一日が終わりました。


元気に外を歩けることがありがたいですね。

・・・・・・・・・・・・

レスキューのオレンジ色が眩しくて消防イベント子らは釘づけ あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・


f0117041_5185782.jpg


横浜スタジアム前の噴水です。
野球に関心のある人には夢のある場所なのでしょう。

「刑事フェイル」の戦後の混乱を背景にしたシリーズを三本みました。
さまざまな国の事情が交錯する時代の
MI5の活動を素材にしたものです。
スパイの駆け引き
ユダヤ人問題
パレスチナ問題
母国に戻れいない兵士の問題
アウシュビッツ収容所

戦後の歴史を見直すことができました。
戦勝国は新たな戦いの火種を生むことも実感しました。

なかなかの内容ですが
政治的な問題や権力闘争に
一般人の中で生じる事件までからめて
展開ます。

原作本を読みたいですね。

後半では登場する人物の配置も変わります。
フォイルの部下だったミルナーは警察中堅になります。
登場する機会もすくなくなりました。

フォイルの運転手だった女性サラは国会議員夫人となりますが
フォイルの活動を支援します。行動的ですね。

007のアクションはありませんが、スリリングな展開の連続です。
一度見ただけは理解不能です。
それほど内容てんこ盛りです。

後半は都市部が舞台ですので
美しいで田園風景は出てきませんが
クラシックカーが登場して楽しめます。

MHK杯の将棋
糸谷が登場します。
内藤邦男が解説します。
圧倒的に相手が責めて
「もう糸谷君は負けましたね」
「これがこうなってこうですから勝ちはありませんね」と解説し
司会の清水市代も同調します。
ところが糸谷が起死回生の一手を放ち
どんでん返しで勝利します。

知ったかぶりで勉強を怠った「元棋士」を見たような気がして
逆に面白かったです。

私は将棋のことは分かりませんが
MHKの放映ですから
相当の将棋ファンが見ていたと思います。

その人たちは糸谷竜王の一手を読みとり
解説の予想は違っていると読みとっていたかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・

策士あり奇作を放つ人の世は定石だけでは勝つことできず  あきオジ

・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-24 05:58 | 横浜・みなとみらい | Comments(0)

8月23日 猛暑が戻りましたね。

f0117041_4598.jpg


昨日は猛暑でしたね。
台風が近づいています。

大阪で猟奇的な中学生殺人事件が起きました。
犯人は逮捕されました。
例の如く、新聞は犯人をとことん悪い奴という枠組みを決めて報道しますし
被害者は「優しく、気遣いできるいい子だった」に仕立て上げ
それを前提に取材する。
そんな未熟な手法がいまだに使われていますね。
被害者氏名の報道や葬式の放映などは
ワイドショー好きな人の好みに合わせているだけですね。

保護者と一緒に犯罪現場に出向く人たちも
取材されるのを期待しているようにしか思えませんね。
マスコミがそのような構想で事件を展開しているのですね。

人には殺してでも「得たい」ものがあるのですね。
「あってはならないこともある」のですね。

スポーツクラブにでかけたら毎回顔を合わせるおじさんに出会いました。
でも挨拶をしません。

東京とはそういうところです。

・・・・・・・・・・

過剰なる親切ぶりと無関心ごちゃごちゃにする口先だけで  あきオジ

・・・・・・・・


f0117041_454159.jpg


「フォイル刑事」が終わりに近づいています。
ミステリーチャンネルで放映されているのはイギリスが勝利したあとのそれぞれの国の複雑な関係が絡んだ殺人事件です。
主人公のフォイルはMI5のメンバーに加わります。

また、それまでフォイルの運転手をしていた若い元気な女の子だったサラは若手政治家と結婚して、国会議員夫人としても活躍します。

時代が進み冷戦時代となります。

毎回90分以上のシリーズですので、続けてみるのは大変です。
せっせと録画しておいてDVDに焼きつけ
携帯テレビで「デニーズ」でも見ています。

今月末からNHKBSでも放映されますので、それも録画しながら見ることにします。
一回分を前後編に分けて放映されるようです。
全編放映されるか分かりませんがCMが挟まらないだけでもすっきりします。

アガサ。クリスティーの正統的ななぞ解きミステリーのような
舞台劇のような言葉のやりとりで解明する
娯楽色のつよいミステリーとちがい
はらはらどきどきがあり疲れます。

でも、「庶民派フロスト警視」と違った政治的な内容が濃いですね。
久しぶりに興奮し、緊張し、時代と連動したミステリー番組をみた感じです。

「フロスト警視」は一回目です。
「フロストのクリスマス」ということで初回ということもあり登場人物のキャラを紹介するような内容でした。
フロストの妻はどこにでもいる夫に過剰な期待をかけ
出世だけをひたすら願う人です。
その妻が癌で余命いくばくもない。
そこから物語は始まります。
全体の展開を知っていると物語の展開が読めて興味ふかいですね。

仕事に夢中で傍若無人な日常生活
書類が嫌いで喰いしんぼう
そんなキャラを
練り込んで展開しているのですね。

イギリスの警察機構
職場の人間関係日常生活が見えてきます。

この話は先日しましたね。

フロスト警視はジョークがきつく
ときには警句を発しますので、ひろい集めてみましょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

いつの世も金と政治はやめられぬそうかもしれぬま横見りゃわかる  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-23 04:53 | 昭和記念公園・夏 | Comments(0)

8月21日 段々と日が短くなりましたね。

f0117041_617535.jpg


夢中になると飽きるのも早い。
だらだらしているくらいでちょうどいい。

最近、起きる時間を遅らせました。
午前5時にしました。

夜のテレビ番組を見るためです。
「刑事フォイル」「名探偵ポワロ」「フロスト警視」が午後八時開始ですので
最後まで見ていると寝るのが10時になってしまうからです。

これで録画しておいて見直す手間が省けます。
録画しておいて見るのは至難なことです。

どうでもいいことですが小心者の私には大きな出来事なのです。

「将棋」「囲碁」「イギリスミステリー」退職後のtのしみの発見です。


・・・・・・・・・・

手いっぱいめいっぱいに楽しめるそれはあやうい信号となる  あきオジ


・・・・・・・・・・・

f0117041_5452480.jpg


「フロスト警部」が始まりました。
フロスト警部は折り合いの悪い妻との二人暮らし
その妻が亡くなり、独身生活が始まり、女性遍歴も始まります。
あれこれあって最終回では二人の子どもを待つ離婚歴のある
しっかり者の女性と所帯を持つことになります。

最終回の台詞の中で
幸福とは言えない夫婦生活の中で
職場は逃げ場だった。
職場で懸命に働いているときは家庭の事は忘れられる。

そんな生活からこれからは離れられる。

そんな台詞で終わります。
引退を暗示しているのかもしれません。
年齢ぶりからしても定年に近いですからね。

でも小太りのつまみ食いだいすきなフロストなのですが
いかにもイギリス人という姿勢のいい歩き方をしますね。

週一回42回を楽しめます。
ついでに英会話の勉強にも利用しましょう。

小心翼翼出世欲できゅううきゅうとしている警察署長
仕事はほどほど家庭生活を楽しんでいる同僚たちの組み合わせがいいですね。
苦々しいと思いながらフロストを気にかける署長とのやりとりが絶妙ですね。

それにしてもコンビニランチのような食事しか出てきませんね。

・・・・・・・・・・・

懸命に仕事のために生きてきたそれでよかったとはとても言えない  あきオジ


・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-08-22 06:16 | 東京風景 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧