朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

<   2010年 07月 ( 54 )   > この月の画像一覧

7月31日  山頭火をなぜか思い出します。

f0117041_16143382.jpg
f0117041_16151138.jpg


傲慢な顔に変えたるひと夏の一夜限りの決別の夜 あきオジ

日焼けした表紙となりて恥ずかしさなくなる夏の自費出版本   あきオジ

正義をば語る人あり情念に燃える夜あり暗き夏の夜   あきオジ

淡々と夏の夜は更け列車事故過剰に語るテレビをば消す  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-31 20:19 | お絵かき | Comments(0)

7月31日  何もかも気合をいれないとその気になれない。

f0117041_15113245.jpg


昭和記念公園の百合
盛りだと思ったら終わりです。何もかも「あっ」と言うまです。

「丹沢のそのむこうだよ富士山は」キュウリで答うる老夫婦かな  あきオジ

南武線いずへに向かう電車かと語りあいし立川の夏 あきオジ

百合の花咲きたる茂みに風流れ水遊びの子ら帰路急ぎたる  あきオジ


何事もなき日々こそありがたしそれでいいのか分からずにきた  あきオジ

トラブルも悩みもなしに長生きしそれがなにより言い切れずにいる  あきオジ

by hiramekarei | 2010-07-31 15:30 | 昭和記念公園 | Comments(0)

9月31日  何もかも人に都合よくなってきている

f0117041_6534243.jpg


もう、今の時代
人の都合に改造されてしまいましたね。
年中薔薇はあるし
青い薔薇も誕生しています。

大きさも工夫され
人の好みで匂いも工夫されています。

これからの時代
人の好みとは何か
そんなものが問いかけられる時代なのでしょうね。

そこで分かることは普遍的な好みなど存在しないし
揺れ動くということです。

確信する人より揺れ動く人の方が確かなものをみようとしているような気がします。

・・・・・・・・・・

雨ふれば晴れる日願う都合よさ天気次第の信念の人

風鈴の音に驚く涼しさもいっときのこと桔梗の花散る


昨日とは違う一日どいう幻想も記憶にないというのと同じ

・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の西行


秋風の更けゆき野辺の蟲の音にはしたなさまで濡るる袖哉  

・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-31 07:07 | 近所散歩 | Comments(0)

7月30日  あっという間に百合の季節が終わりました。

f0117041_2052183.jpg


猛暑の中短歌を作ろうと久しぶりにそこ気になったのですが
言葉を探す気力がついてきません。

それと、ときどき、気恥かしさが先にくるのですね。

まともすぎれば
「お前らしくない」と揶揄されそうだし
説教臭い内容だと
「違うんじゃないの」と言われる。
気取るほど教養人ではない。

それと、周囲には評論家が溢れるほどいます。

評論だけは得意の人
一番、苦手な人
絶対安全地帯からしか物を見ない人。

そんなことで現在はまだまだ中途半端のままです。
そのうちと思っているうちに年の追い越されてしまうでしょう。

今は作るの手いっぱい。

・・・・・・・・

とらえどころなき形状に似た記憶もてあそぶもよしどうでにもなる  あきオジ

難しい言葉探して一首作るそれも面倒ももう寝る時間   あきオジ


・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-30 21:14 | 昭和記念公園

7月30日  あれこれありましたが、もう8月の気分ですね。

f0117041_4595759.jpg

深大寺の「鬼太郎」茶寮の看板です。
これも商売
楽しみには乗る。

・・・・・・・・・

鬼太郎遊びし藪も今はなく闇が育てし物語消え

・・・・・・・・・

今日の西行

花におく露に宿りしかげよりも枯野の月はあわれ成けり

・・・・・・・

短歌など気張って作ることもないのでしょうが
自分が生きていた証として何かを残したい。
そんな思いから始めました。
けっこう、きつい作業ですが
一日一首だけでも作り続けたいと思います。
とにかく作ること、そして続けることだけはしたいですね。

まだまだ、写真と連動させたり
響きあう作業までいきませんが
写真も記録の一つです。

楽しみながら続けたいと思います。

同じようなことをしているかたコメントを寄せてください。

・・・・・・・・

秋風が抜けて猛暑も消え去りぬ撫子の花咲く茂みの青さ

終戦の季節きたれど吹く風は薄く記憶も遠のいており


・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-30 05:16 | 神代植物公園 | Comments(0)

7月29日  猛暑の後は大雨。でかけることは止めました。

f0117041_15351398.jpg


「巨大ヒラメ」を釣る競技を取材した番組をました。
このような意味がよくわからない番組を見るようになりました。
でも、庶民の関心のありどころを知ることができて
面白いですね。

「グレートサミット」というような五大陸の山を登る。
そんな番組も見ます。
素朴な好奇心を関心を向けた番組は面白いですね。
最近では「ブルース・リー」マニアの熱中スタジアムが面白かったですね。


ドラマは「剣客商売」「鬼平犯科帳」という池波正太郎の時代劇
そして「イ・サン」を見ています。

放送大学のお気に入りの講座番組を見ていたりすると
テレビは、それだけで、けっこう、楽しめます。

不思議なものです。

・・・・・・・・

もう一度夢追いかけて歩きたい落ち穂拾いのうつむき加減で  あきオジ

憂鬱をしまいこまずそのままに他人の楽しみ楽しんでいたい  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-29 16:37 | 神代植物公園 | Comments(0)

7月29日  猛暑だけが話題となる日々だけでいいのか。

f0117041_631254.jpg


神代植物公園のベコニアです。

・・・・・・・・・・

猛暑なり木々の緑深くなりわが暇つぶしも乾燥のまま  あきオジ

・・・・・・・・・・

テレビを見ているとテレビの流す形式のまま
自分の思いになり
驚いたり
楽しんだり

いささか情けない。

きっと、いろいろな国の国民も
そうなんだろうな。
流される情報で隣の国を敵対視したり
その気になって攻撃的行動に出たり

人のうわさに振り回されて
正義のために戦うというような思い込みの人もいます。
どれが正しいなどと言うことなど
分からないものです。

・・・・・・・・

いにしへに 恋ふらむ鳥は ほとどぎす けだしや鳴きし 我が恋ふるごと  読み人しらず

・・・・・・・

にわか雨かけゆく人は階段を一気に登る急用なるか  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-29 06:21 | 神代植物公園 | Comments(0)

7月28日  これでもかというような猛暑を耐える。

f0117041_16564710.jpg


猛暑
出かける余裕などありません。
家でじっとしていました。
仕事がある人御苦労さま
慌てないと取り残された気分になります。

・・・・・・・

なでしこの咲きし茂み暗くして雨流れゆく夕暮れのころ  あきオジ

分別の盛りにありて時代をば説きたる男のべっ甲眼鏡  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-28 16:58 | 神代植物公園 | Comments(0)

7月28日  猛暑が続きます。でも始まるものは終わります。

f0117041_540510.jpg


神代植物公園の売店の風景です。
今は、花が乏しい季節ですね。
まだ、春の薔薇が残っていました。

・・・・・・・・・・・・・

短歌の成長はないですね。
当面は地のままでいいや。そんな感じ。
象徴的にしたり、物に託したり
きれいなものに置き換える。

それができない時期ですね。
大人げないけど、それでいい。

・・・・・・・・

ちかごろは気力も乏しくなったまま短歌作る暢気さもなく あきオジ

・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-28 06:01 | 神代植物公園 | Comments(0)

7月27日  時代は少しも進化していないのかも・・・

f0117041_19175098.jpg


神代植物公園です。
花もなく、人も少なく
歩いているだけでボーとしています。
どうしたことでしょうか。

・・・・・・

昭和20年代
エアコンなど想像もできませんでした。
トンボ型の扇風機が天井で回っている。
それが百貨店の象徴でした。

当然、自家用車など想像もできませんでした。
進化するといことは失われていくものも多いということです。
どっちがどうのということは長い目で見れば言えないことなのかもしれませんね。

比較することはたいして意味がないことなのですね。

・・・・・・・・

それにしても、アメリカの公民権運動
中国の文化大革命
東西ドイツの統一
それも私が生きているときに起きた運動です。

ということは人種差別も
権力闘争もつい最近まであったことであり
中東の国だけでなく
アジアでも争いがあります。

現代当たり前のことが当たり前でなかった時代があり
今の時代の当たり前も
次の時代では時代錯誤なのでしょうね。

分からないものです。

・・・・・・・・・

夏休み鬱陶しそうに役目だと諦め表情見せるとうちゃん

・・・・・・・・・

今日の万葉集

あいびきの 山桜花  一日だに 君とし見てば 我れ恋ひめやも

・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-07-27 19:30 | 日々の暮らし | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧