朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

<   2009年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧

12月31日  お茶ノ水駅にもお世話になりました。

f0117041_18134875.jpg


巨大なビルが遠くに見え、堀があり、電車が立体的に動いている。
大人のおもちゃ
そんな感じ
しかもしれがリアルなので感動しました。

f0117041_18135799.jpg


本当にお茶ノ水駅、聖橋は楽しませてくれました。
実は、今日も出かけたついでに立ち寄ったのです。
ですから、アップした写真は、午前中に撮ったものなのです。

f0117041_1814730.jpg


最近、中央の帯と全体のオレンジが中央線、青梅線
黄色と言うかレモンイエローは東西線というのが分かるようになりました。
東京の人でも、見馴れていたり
通勤に使っていない路線の色分けはできていないのではないでしょうか。
すべてはこれからです。

f0117041_18141827.jpg


ということで来年もお茶ノ水駅、そして、浅草駅にはお世話になります。
楽しみができました。
でも、次は何を面白がるか・・・・
そんな年寄りなのです。
by hiramekarei | 2009-12-31 18:17 | お茶の水・聖橋 | Comments(0)

12月30日 電車好きです。

f0117041_15404798.jpg


この写真を撮りたくて出かけました。
今日(30日)は、ただ撮るだけ
どこから写真を撮ったらいいか
探しているうちに電車が通過してしまいました。
これから季節ごとに立ち寄ろうと思います。
これでテーマが一つ追加されました。
ぼちぼち
今日はこの二枚の写真を撮っただけで興奮しました。

素人は無邪気でいいね。
そんなことを言われそうですが
素人でなければ摂れない写真もあるのでしょうね。

f0117041_15405791.jpg


中央の大きな建物の右側に細く見えるのが電車です。
分かりますか?
クリックして拡大するとオレンジのラインが見えます。

・・・・・・・・・・・・・

躊躇ったら進め」

「してしまって後悔」することもあれば
「しないこと」を後悔することもある。
だとすれば、「して後悔しよう」
今日、テレビの中で、迷っている妻にかけた言葉


・・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-12-31 15:47 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月29日   東武線懐かしいですね。

f0117041_6443999.jpg


浅草吾妻橋から東武線を観た景色です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電車に限ったわけではないのですが
何かを見るとき
見る軸を準備しないと散漫になったまま終わってしまいます。
自分で勝手にそう思っています。

ですから、自分で勝手に軸を作っているのです。
日帰りできる場所
電車
暮らしが見える
そんな条件で写真を撮り
その写真を撮ることで何かが見えてくる。

それに歩き回り
歩いているという実感がないけれど歩いている。
日を浴びる。

そんな感じがかな。

今のところ特別の繕いをしなくてもやっていけそうです。
電車の次のものが見えたら、また、そのとき考えます。
それまでは元気で動き回りたいですね。
by hiramekarei | 2009-12-31 06:51 | 東武鉄道と墨田川 | Comments(0)

12月27日  下町です。

f0117041_6414857.jpg


車窓から見える隅田川です。隅田川と東武鉄道の組み合わせはなかなかですね。
これからも言問橋や吾妻橋から見える東武線を撮りましょう。
こんな楽しみをもったのは始めてでしょうか。
小学生の頃から、「面白がる」「無性にうれしい」経験をあまりしなかったのでしょうね。
最近は、それが嬉しいのです。

f0117041_642143.jpg


特急列車が鐘ヶ淵の駅を通過します。
たったそれだけのことなのにわくわくします。
最近はあまり周囲の視線を気にしなくなりました。

撮った写真を家で見直すわくわく感が楽しいですね。

・・・・・・・・・・・

「江ノ電の四季」「聖橋から見える季節」「浅草の橋・電車」
そんなテーマを準備しています。

とりあえず、今年はそこまで頑張ります。
その後は、青梅線、東武線なども視野に入れてます。

誰も期待しているわけではないのですが
自分が自分に期待しているのです。

「人生暇つぶし」「残すものもないなら、こだわりだけが残ればそれでいい」
そんなことかな。
by hiramekarei | 2009-12-31 06:50 | 東武鉄道と墨田川 | Comments(0)

12月27日 今年も終わりますね

f0117041_541315.jpg


鎌倉高校駅前の様子です。
湘南バイパスと言うのでしょうか
相当の車が走っています。
でも、海岸の景色に見とれていると事故を起こしかねません。

f0117041_5411826.jpg


鎌倉高校駅前に電車が入ってきました。チョコレートのパッケージのような柄
ごてごてのキャンバス調
古典的なデザイン
何でもありの面白さがあります。
デザインの違った電車が連結されていることもあります。

f0117041_5575766.jpg


甘味処ですが
店に入りためには、遮断機もない踏切を越えなくてはなりません。
でも、そんな危険なところですから
かえって、事故が起きないのかもしれません。
本当に現場にいると「当たり前に見える」景色ですが
帰って来て見ると
ずいぶんとスリリングなとこだったのだなあと思いだします。
by hiramekarei | 2009-12-30 05:42 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

12月26日  江ノ電にはお世話になりました。

f0117041_16241291.jpg


今日はNHKの特集番組を見ながら写真の整理をしていました。
夏から冬の江ノ電の写真を整理しました。

なぜか、最近の写真よりも夏の写真が楽しいのです。
だとすれば、春になると秋の写真がよくなるのかもしれません。
過ぎたものは美しいですね。

f0117041_16242499.jpg


江ノ電は数か所の駅で交換します。
でも、鎌倉高校手前では駅ではない場所で交換になります。
そのとき、若干の時間のずれがあり、しばらく停車することもあります。
その上下線が同時に停車するのはこの場所だけ
だから、、カメラマンが集まります。
考えることは同じですね。

そんなとき、みなさんが一眼レフの高級機を並べて写しているので
ちょっと羨ましい。

f0117041_16243728.jpg


腰越の駅に入ってくる手前では
電車は野良猫が家の奥からこっそり出て来るように
突然、道路に出没します。
その意外性がなぜか嬉しくて
おかしくて笑ってしまいます。
運転手は最大の神経を使い
慎重に運転しているのでしょうが
電車の外にいる私は遠目の見物です。
でも、それがなんとも嬉しいのです。

f0117041_16245585.jpg


極楽寺の手前にトンネルがあります。
唯一のトンネルですから
カメラマンもスケッチをする人も狙い目なのですね。

私は二度目の挑戦です。
時間を合わせ、タイミングを合わせるのが大変ですが
トンネルから抜け出た場所は
電線やら電柱が視界を遮るのです。

邪魔!

雪が降ったら絵になるなあ。
いつもそう思います。

そんなことをあれこれ考えていたら
厳冬期の富士山が見える。
あるいは季節に稀な雪景色
そんなチャンスに遭遇したいですね。

土門拳の雪の室生寺
by hiramekarei | 2009-12-29 16:27 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

12月27日  今年最後の江ノ電

f0117041_546371.jpg


今年も楽しませてもらいました。
来年になったら正月の江ノ電
あるいは桜の季節の江ノ電

でも、江ノ電の沿線で桜が重なる風景はあるのでしょうか。

自転車ファンは多いですね。
ジョギングする人より多いと感じられます。
時代とともに楽しみの形も進化するのですね。

f0117041_5461799.jpg


海岸が見える江ノ電を狙っています。
坂の上から俯瞰するようにし
江ノ電が通過する姿を写す。
そんなこと誰も期待していないのに
自分一人でこだわってみたいですね。

土門拳が「雪の室生寺」にこだわった話がどこかに残っているのです。

f0117041_5463139.jpg


腰越の満願寺に入るのには踏切を越えるのですが
踏切を越えたところが石段そして山門につながります。
どうしてここに?
そんな感じですが
その山門から見た江ノ電
今は工夫が足りませんが
そのうち・・・・

f0117041_5464315.jpg


江ノ島から腰越の市街地に入ってくるところです。
なにか無防備の姿で飛び出してくるような
奇妙な雰囲気があります。

何の仕掛けもない無防備な状態で交差点に入ってくる。
せいぜい、警笛程度
それが奇妙で面白い。

このイベントを見るだけでも嬉しくなります。
by hiramekarei | 2009-12-29 05:48 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

12月27日  江ノ電を撮るつもりが・・・・

f0117041_1641039.jpg


今年最後の江ノ電です

江ノ電鎌倉駅。生チューリップぎゃくに不気味ですね。
でも色どりがあって殺風景の駅を明るくしていました。
それにしても、あまりに人工的で
季節が感じられませんね。

f0117041_16411194.jpg


車窓から見える相模湾
その予定でしたが技術がついていきません。
写真を撮ったときは、うまく撮れたと喜んでいたのですが・・・
でも、意図だけ分かって見らもらいたいのでアップしました。
この同情をひきずるさが素人なのですね。

f0117041_16411967.jpg


電気が点灯されている。それだけの理由です。
けっこう真面目なのですが冗談と思われています。
冗談で突き放すだけの度量はありません。
でも、見ている人が分からない苦労の分があるから面白いのです。

f0117041_1641299.jpg


マラソン人をアップして
電車を背景にする。
その意図はまったく生かされていませんね。
でも理解してください。


f0117041_16413977.jpg


路地から見える電車
坂の上から見える電車
それが今回の狙いでしたが
それだしいのはこの一枚だけでした。

来年、その気になったら頑張ろう。
お疲れさまでした。
江ノ電は来年四季ををテーマにして写真を撮ります。
楽しみにしてください。

コメントもどうぞ。
by hiramekarei | 2009-12-28 16:43 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

12月26日 地下鉄丸ノ内線・聖橋・神田川

f0117041_557769.jpg


きれいに納まった写真になりました。
たくさん、写真を撮っていると
何となく、こんな写真になり
納まりがよくなります。
素人の自分は、この程度で「まあ、いいや」になります。

その後は早朝であったり、夕暮れなどに展開し
光を流したり

そんなところに行ってしまう。
それはまずい。
自分はカメラマニアではない。
技巧的な写真を目指しているのではなく
「絵日記」ならぬ「写真日記」

自分は「青春きっぷ」を目指しているのです。
壮大な景色の中に列車が点景として見える。

それだけでなく、沿線の人たちの暮らしが見える。
そんな写真を撮りたいですね。
「とってどうする?」ですって

美味しいものを食べてどうするの?
それと同じですよ。
それでおしまい。

そして次を探す。

それにしても、「青春きっぷ」のポスター
出るたびにハッとしますね。
by hiramekarei | 2009-12-28 06:09 | お茶の水・聖橋 | Comments(0)

12月26日  東武線の往来です。

f0117041_2149367.jpg


26日の東武線特急
型式からして特急と思いこんでいるだけで定かではありません。
大昔、東武線で北千住まできて、地下鉄に乗り換えた記憶がありますが
そのとき、この種のデザインの列車が特急だった。
それだけの記憶です。

「剣客商売」ファンなら関心がある秋山小兵衛の隠宅は、この特急列車が通過している
この周辺だったかもしれません。

ということは秋山小兵衛の最寄り駅は「業平橋」ですね。

f0117041_21492228.jpg


「スカイツリー」との組み合わせ。
きっと、いつか記念になるでしょうね。

f0117041_214937100.jpg


「水上バス」と東武線です。
意味はありませんが、こんな慾張りが好きなのです。
「お好み焼」や「五目そば」が好きな理由、分かるでしょ。

f0117041_21494938.jpg


浅草駅で出発待機の電車です。「久喜」という表示が見えますが
どのような街か知りません。
降りたことがないのです。

この駅から北に向かって歩いていけば、剣客商売の「橋場」
大治郎の道場ということになりますね。

寅さんの映画に浅草があまり出てこないのは
多分、柴又は京成線で起点は上野だからだと思います。
また、もう一つの金町はJRの駅ですから
これも上野です。

映画として、浅草は終点で銀座線にしか接続していません
(最近は増えましたが)
上野は一気に全国区で広がっていくからです。
そんなことだと思いますが
どうでもいいことですね。
by hiramekarei | 2009-12-27 21:51 | スカイツリー | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧