朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

7月27日  時には空から見る。

f0117041_2157386.jpg


世田谷のビルから見渡す風景です。

・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-27 21:56 | 東京風景 | Comments(0)

7月23日  臥して見る秋海棠の木末かな  子規

f0117041_21355086.jpg


お茶の水の風景

このようにして一つクリアーすると
興味の対象にはならないのですね。
次への関心ですね。
じっくり、こだわっていこうとするタイプと初物を追いかけるタイプがあるのでしょうかね。
どうでもいいけど
好奇心が一周するまで
じっくりにはならないのですね。
それもありか。

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-23 21:29 | お茶の水・聖橋 | Comments(0)

7月20日  今日は「風のガーデン」を見ていました。

f0117041_1832135.jpg


お茶の水の駅から見えた
鉄道です。

・・・・・・・・・・

一日、「風のガーデン」を見ていました。
完全に「風のガーデン」モードでした。

緒方拳最後のドラマですね。
by hiramekarei | 2009-07-20 18:35 | お茶の水・聖橋 | Comments(0)

7月16日  銅像に集まる人や花の山  子規

f0117041_5353124.jpg


青梅の橋

橋をわたり
さらに奥の方に進む道があります。
そこに住む人がいるのですね。
どのような生活をしているのでしょうか。
買い物はどうしているのだろうか
病気になった時はどうするのだろうか
そんなことを思いながら橋を渡った向こう側を見ていました。

・・・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-16 06:11 | Comments(0)

充電が十分でないだけで大慌て

f0117041_2035114.jpg


江ノ電のごてごて車両電車

きれいとグロテスクの隙間
そんな感じ
でも、私には薄汚いとグロテスクの間くらい。
こどもが描いたから可愛いとはいえないだろう。
そう思ってしまった。
大人げない感想かもしれません。
それでいいのだ。
きれいだね。
そう言っていればいいのだ。

・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-11 20:05 | 江ノ電の四季 | Comments(0)

7月9日 木槿咲く塀に昔の武家屋敷  子規

f0117041_725531.jpg


御嶽の駅舎です。
ねぶたのポスターがあるのが懐かしいですね。

木造駅舎を愛する人
秘境駅を訪ねる人
鉄ちゃんは奥行きが深いですね。
そのどれかに便乗して楽しもう。
それが今の私の計画です。

・・・・・・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-09 07:17 | 青梅・奥多摩 | Comments(0)

7月8日 林檎くふて牡丹の前に死なん哉   子規

f0117041_6305785.jpg


この写真、左奥に鉄橋が見えるはずだったのですが
それにしても、このような場所で暮らす人
地震のことが気にならないのでしょうか。
地震の心配と住み慣れた土地への愛着があるのでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・

勇気を与える言葉に出会うよりも
自分で生みだす言葉の方が自分を勇気づける。  あきオジ

・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-07-08 06:44 | 青梅・奥多摩 | Comments(0)

7月6日  昼寝する人も見えけり須磨の里   子規

多摩川の渓流

楽しめる人にとって渓流は豊かな恵み
そんな感じですね。

・・・・・・・・・

よく歩いた日は眠りが気持ちいい。
でもサラリーマンの営業で歩くのとは違うのでしょうね。 

・・・・・・・・

f0117041_19192763.jpg

by hiramekarei | 2009-07-06 07:24 | 青梅・奥多摩 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧