朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:電車の見える風景( 72 )

12月24日 横浜線橋本駅から電車を見る

f0117041_5555929.jpg


鉄道ファンならきっと
鉄道用語のマニアもいるでしょうね。

なるほどと思いながら意味不明
そんな専門用語に出会うと
ここにはここの「この国の言葉があるのだな」と思ってしまいますね。

専門家に特化するというのはこうゆうことなのですね。
わからない人を置き去りにして、自分たちの便利な言葉に先鋭化してしまう。
でも、それでいいかもしれません。

言葉は生き物であり、絶えず、生まれ、そして
使命を終えれば消えていくのですから。
by hiramekarei | 2009-12-24 06:00 | 電車の見える風景 | Comments(0)

横浜線が八王子みなみ野から片倉駅方面に向かう

f0117041_625524.jpg


「横浜線」

この電車上り電車です。
八王子みなみ野駅を出発しました。

八王子の次の駅が片倉
そしては八王子みなみ野と続きます。

八王子みなみ野駅には
「八王子はここから二つ目の駅です。」という大きな表示があります。
八王子と書いてあれば、ここで降りればいいのだろうと勘違いする人が多いのでしょう。

春になると近くの大学を見学する人が増えます。
両親と本人が乗り降りします。
その風景がいいですね。
親は自慢の息子
ここまで育ててきた自分をほめたい。

でも、子どもは迷惑そう。
スポンサーなのだから我慢しなさい。
一時のこととなのですから・・・・

・・・・・・・・

そういえば
大阪の大阪と梅田
神戸と新神戸

同じようで同じでなくて違うようでそうでもない。
そんなことなのでしょうね。

知る人には当たり前のことなのに
知らない人には見当もつかない。

新横浜が横浜駅からかなり離れていることなど
地方の人はわかりませんよね。

路線図では同じしるしの霞が関
乗り換えに苦労するし
距離がある。
出る場所を間違えると迷子になる。
最悪の駅

・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2009-12-22 06:29 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月22日  横浜線桜木町行きです。

f0117041_622327.jpg


橋本駅始発桜木町行き

40年前
横浜戦は田舎路線の扱いでした。
八王子駅を出発すると山の中をはいっていきます。
農家が点在するだけでした。

橋本、町田くらいしかめぼしい駅はなく
町田駅も想像できないほど淋しい駅で
小田急町田駅まで歩くのは以前と変わりませんが
いわゆる下町の小さな店の寄せ集めという雰囲気でした。

新横浜が設置され、新しい展開が始まったようです。
今では沿線に大学が開校し
若い人で溢れています。

若い人が多い町は活気があっていいですね。
橋本駅からは相模線も出ていますし
京王線の始発駅で新宿へ出るのに便利です。

そんな歴史を知っているということは年寄りですね。
この経験こそ若い人には負けないものです。
by hiramekarei | 2009-12-22 06:10 | 電車の見える風景 | Comments(0)

拝島駅は乗り換え駅です。

f0117041_645393.jpg


拝島駅は青梅線、八高線、西武線の乗り換え駅です。
ですから、いくつかの違った車両を見ることができます。

拝島駅は階上駅で本屋、薬屋、食堂などもあり人も多いです。
店は新しいし、そこそこの規模ですから気持ちいいですね。

ですから、乗り換え時間もあまり苦になりません。
苦になる駅もあれば、苦にならない駅もあるのですね。
by hiramekarei | 2009-12-18 06:49 | 電車の見える風景 | Comments(0)

列車にはそれぞれの愛称があると面白いですね。

f0117041_1355234.jpg


青梅線の青梅駅
奥多摩に向かう電車の乗り換え駅ですが
何か終点の雰囲気が溢れており
この先は山の中に入っていきますよ。
覚悟してお乗りなさい。
そんな雰囲気があり
それがいいのです。
ホームもレトロで
待合室もそれらしいデザインなのです。
それぞれの駅に個性があってもいいし
地元もそれを支援すると面白いのですがね

f0117041_1355172.jpg


電車にはそれぞれの個性がっていいような気がしますが
統一されたスタイルにすることで「何々線」とわかるようにしているのでしょうが
それがいいことなのかどうなのか・・・・

f0117041_13553068.jpg


臨時列車の表示がありますが
かつて活躍した特急列車のなれのはて
そんな表現をしたら失礼ですが
たらい回しされて
「臨時列車」として使用することになったのでしょう。
修学旅行の中学生が喜びそうですね。
by hiramekarei | 2009-12-17 14:02 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月16日  あずさの正面

f0117041_13571353.jpg


だんだん型式
デザインに目が向くようになりました。
このまま「はまって」しまいましょうか。
by hiramekarei | 2009-12-16 13:58 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月16日  中央線を走る列車です

f0117041_12415021.jpg


中央線塩山駅から勝沼葡萄郷を見た風景です。
一面ぶどう畑です。
今は休養の時期なのでしょうか
ぶどうの棚だけで葡萄は枯れたままです。

f0117041_1242462.jpg


中央線を特急
そして待機中の各駅停車
そしては反対側には逆方面に向かう電車が待機しています。

f0117041_1243331.jpg


特急「あずさ」そして「かいじ」が特急料金を払う特急です。
外見もなかなかしゃれているようですが
乗った記憶がありません。

八王子辺りからこの特急は通勤列車に覆われて
通勤電車のような表情になります。
by hiramekarei | 2009-12-16 12:47 | 電車の見える風景 | Comments(0)

塩山駅を特急「かいじ」が出発しました。

f0117041_626476.jpg


乗り降りする人はごくわずか
それでも特急列車は停車します。
人影も少なく商店街もシャッター街になっています。
でも、点々として人の生活が見えるのでほっとします。

きっと、
休日ともなると帰省する人や
ハイキング客が多く利用するのでしょう。
by hiramekarei | 2009-12-09 06:30 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月7日  特急列車待ち合わせ

f0117041_517538.jpg


中央線高尾駅です。

中央線も終点高尾で乗り換えになります。
その先に向かう列車となると
乗客が一気に減ります。
車両も通勤型からボックス型に変わります。

学校も少なく、工場もそれほど多いとは思われません。
乗っているのは登山するグループくらいです。
ですから、列車の中は一気ににぎやかになり
笑い声も大きくなります。

そんな中、眠り続ける女性がいました。

どこにでかけるのでしょうか。
by hiramekarei | 2009-12-07 05:25 | 電車の見える風景 | Comments(0)

12月6日 塩山駅は曇り、そして雨になりました。

f0117041_5505096.jpg
f0117041_551644.jpg
f0117041_5512015.jpg


中央線塩山の「ころ柿」を楽しんできました。
高尾を過ぎて大月辺りには峡谷が見えて美しかったです。
中央線は山梨県に入ると
通勤型の電車もときどき見かけますが
多くは6両編成のボックス席があるものです。

仲間と出かけるときはいいですね。
by hiramekarei | 2009-12-06 05:55 | 電車の見える風景 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧