朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:高幡不動( 27 )

7月6日 大雨ですね。

f0117041_20511432.jpg


高幡不動です。
この地方では有名な寺で駅の名前になっています。
紫陽花が有名ですが
イベントも工夫しています。

朝鮮半島も大雨が続いています。
自然災害のときは人は無力ですね。
あれこれあるのでしょうが国民が餓えることだけは避けてほしいですね。

地球の生物も気象の変化で消滅してしまうことがありますね。

f0117041_20505232.jpg


「強力伝」新田次郎著
大昔読みました。
昨日、」とおりがかりの古書店でみつけ
ファミレスで読みました。
昔の感動がよみがえり
涙流しました。

老眼を新しくしてから
活字を読むのが苦でなくなりました。

将棋「朝日オープン」
羽生VS森内
解説 及川
現代を代表する棋士の対局でした。
「それなり」に興奮してみました。

f0117041_20503092.jpg


幸福を実現させる政策はいかなるものか暢気な時代 あきオジ

幸福が実現したことあるかしら賢治ならばなんという あきオジ

f0117041_2050178.jpg


金持ちになりたい人は金持ちになったら「もっと金持ち」になりたいのでしょうか。
幸福になりたい人は幸福になったら何を望むようになるのでしょうか。
by hiramekarei | 2016-07-06 04:50 | 高幡不動 | Comments(0)

7月5日 久しぶりに雷雲をみました。

f0117041_20481873.jpg


高幡不動の紫陽花です。
ご機嫌なときは「話のタネ」に見物する。
それもいいかもしれませんね。

雷雲が迫り
真っ暗になりましたので早々に退散しました。

家に戻り「お絵かき」して一日が終わりました。

f0117041_20475348.jpg


N饗の定期演奏会を聞きました。
武満徹の組曲がよかったです。
「夢千代日記」の音楽を思い出しました。

チャック・コリアと小曽根真のモーツアルト「二台のピアノのための協奏曲」を聞きました。演奏もすごいですし「のせられたくない」N饗ファンを翻弄する芸に圧倒されました。

井上ひさし原作「木の上の軍隊」を見ました。
言葉の噴水というような
圧倒的な言葉です。
演劇も面白いですね。

チケット購入までの段取りの煩雑さと狭い空間いでじっとしている苦痛
トイレの不安がありますのでテレビで我慢していますが、
最近のテレビはテレビ用に製作されているかのように迫力がありますね。

f0117041_20473621.jpg


なぜかしら同じ過ち繰り返しドツボにはまる悪癖があり  あきオジ

紫陽花が勢い消えて新たなる花待つことも夏の楽しみ  あきオジ

f0117041_20471653.jpg


人間は「同じ誤りをする。」のです。
日常の小さなことから始まり
覚せい剤、万引き、痴漢のような「犯罪と知っていながらやめられない」こともあるのです。
戦争だって「同じ線の上にある」のです。
私が言うのではなく、歴史が示しているのです。
by hiramekarei | 2016-07-05 05:02 | 高幡不動 | Comments(0)

7月4日  猛暑になりそうですね。

f0117041_20453899.jpg


高幡不動の紫陽花です。
もう、みごろを終わりましたね。

猛暑ですが昭和記念公園に出かけました。
「ハワイアンキルト」の展示会と
「藍染め型紙」の展示会をみてきました。

今日は自転車とランを組み合わせた競技の大会なのか
人がいっぱいでした。
世の中には「つらくても、頑張る自分が好き」というタイプの人が多いですね。
家族連れの人もいます。

f0117041_20451398.jpg


紫陽花が消える細き裏道でヒマワリ居場所探して伸びる  あきオジ

f0117041_20445822.jpg


「中島みゆき」の名曲を八人の女性歌手がカバーするコンサートを聞きました。
改めて聞くと名曲ですね。
でも、何度も聞く中島みゆき本人に戻っていまいますね。
カバーするスタイルはいいですね。
名曲は個人のものではありませんからね。

「グレートトラバース」番外編
川や山岳地帯を縦走する大会に参加したときの映像が放映されました。
四人でチームを編成して競技に参加するのですが無謀ですね。
日本チームはリーダーが自転車トライアルで転倒し
鼻の骨を折り打撲自転車大破のピンチそんなことを乗り越えて二着になりました。
はらはらどきどきしました。

新しい時代の新しいスポーツが生まれるのですね。

「グレートトラバース」のカメラマンがスタッフで参加していました。
好きだけではできない体力勝負の仕事ですね。

「NHK杯将棋トーナメント」を見ました。いつも録画しながらみています。
日曜日は「こころの時代」「俳句講座」「短歌講座」「将棋トーナメント」「N饗定期演奏会」でふさがってっしまいます。
義務でもない、ある種の強迫神経症なのでしょうかね。

平日も似たようなものです。

f0117041_2044281.jpg


刺激がない日は「草間彌生」です。不思議とパワーが沸いてきます。
by hiramekarei | 2016-07-04 05:37 | 高幡不動 | Comments(0)

7月3日 猛暑でした。

f0117041_204398.jpg


高幡不動参道の風景です。
あじさいも終わりです。
人間は「飽きる」のですね。

市街地を一巡して終わりました。
家でブログ楽しんだり絵を描いているのがいいですね。

人とかかわりが少ないのがいいですね。
老化と重ねて評論する人もいますが
独りを楽しめるのがいいですね。

f0117041_20424538.jpg


「フロスト警視」最終回
中身がいっぱいの欲張りな内容でしたが
なかなかのものでした。
息子を溺愛する父親
事件を隠すために偽装工作をする弁護士など
いくつも事件が重なっているのでいつものように二度三度見ることになりそうです。

「深い河」遠藤周作著
司祭を目指す若者が登場します。
西洋文化に馴染めない東洋人であるこを意識しならが西欧的修道生活を続けます。
葛藤を抱えながら奉仕活動をしているとき
暴動に巻き込まれて
瀕死の重傷を負うのですが
見舞いに来た女性に「僕の人生、これでいいのです。」とつぶやきます。
このセリフの扱い方
小説と映画ではちがいますが
どちらにもかんどうして泣きました。
その展開を探しながら読みました。
この小説は一番大切に読んでいます。

「銀河戦」
森内VS中村
解説 村山
将棋の対局を見ていると
時代の流れを感じます。
棋士の勢いも感じます。
森内も羽生と頂点を争った時期の勢いがありません。
素人の私が感じるのですから
本人が痛切に感じるのでしょうね。
若い中村の完勝でした。

f0117041_20423056.jpg


なぜかしら言葉浮かばぬ朝があるどうしたものかそんなものかも  あきオジ

f0117041_20421214.jpg


忘れてしまうていどのことばかり。
by hiramekarei | 2016-07-03 04:55 | 高幡不動 | Comments(0)

6月14日  早起きすると何もかもうまくいく。

f0117041_16501550.jpg


高幡不動の紫陽花です。

昨日は大雨でした。
風もあり早々に家に戻りました。
家にいても退屈しません。

アメリカの銃規制
簡単に銃から離れられない。
そんな国ですね。

国が崩壊すると
驚くような事件や不正が明らかになりますね。
忸怩たるものを感じながら「生き恥」さらしていると感じている人も多いでしょうね。

都知事
貧しい日本人の定型ですね。
夏目漱石の描く人物のように見えますね。
まあ、いいか。

f0117041_16493963.jpg


佐渡裕
武満徹ベルリンフィル
ブラームスの交響曲1番を聞きました。
素人にはどの演奏も似たようなもの。
でも、曲自体は壮麗で豪華で最高の曲ですね。

打楽器を立体的に扱った曲も肉体的で楽しかったですね。

N饗定期演奏会
武満徹の詩を交えた曲をとりあげていました。
現代的で日本人的繊細さのある曲でした。
日本人は武満の楽曲が好きなのですね。

体力的に衰え
思考が機能しなくなったら
落語と音楽だと思っていましたが
順調に流れています。

f0117041_1649145.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うしろすがたのしぐれてゆくか 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨入りや中途半端な月曜日 あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

努力せぬ批判だけの正義感瀰漫し溢れて逆流はじめ  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16485853.jpg


正義は肉体的で「それらしさ」は語らない。
by hiramekarei | 2016-06-14 04:30 | 高幡不動 | Comments(2)

6月13日 高幡不動の庭です。

f0117041_16473557.jpg


毎日が日曜日
とりあえず
繁華街に出て
顔なじみの古書展に立ち寄り一遍・法然関係本を手に入れました。
320円でした。
家に帰り
いつものだんどりで
好きなことをすきなだけ
そんな日々です。

f0117041_16471331.jpg


NHK杯将棋
先崎VS藤倉
先崎の圧勝でした。
一日中将棋のことを考えている。
それも素晴らしいですね。
プロになれるような素質の人は盤面なしでも
駒を動かせるそうです。

「グレートとラバース」15分の番組をまとめて録画しました。
元気なうちは冒険をいっぱいすべきですね。
真面目に働いて安定した老後を迎えるのもいいけれど
後悔ばかり残りますね。
馬鹿げたことこそ面白い
失敗の数だけ人生は豊かに膨らむ

「こころの時代」香川県で福祉関係の施設を運営している
曹洞宗の僧侶のインタビュー番組を見ました。
刺激的な人でした、

僧侶が世襲制であったり
僧籍取得のための修行でったり
始祖の教えの受け売りであったりで
崩壊に向かって進んでいますね。
それはそれで流れです。

世の中
探せば魅力的な生き方をしている人もいますね。

f0117041_16465477.jpg


驕慢な鼻ふりかざす黒き犬  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こもり居て雨うたがふや蝸牛 蕪村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もまた腰の痛みを抱え込みこれが人生それでいのだ  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16463250.jpg


声高に正義を語る人ほど転びやすい。
by hiramekarei | 2016-06-13 05:45 | 高幡不動 | Comments(0)

6月12日 紫陽花見ごろを迎えています。

f0117041_16432546.jpg


この写真は高幡不動の紫陽花です。

昭和記念公園に出かけました。
猛烈な暑さになっていました。
それでもカメラマンはいっぱいでていますた。
本格的な写真を撮る人が増えてきましたね。

あとしばらくすると」、次の展開を工夫する人が生まれるでしょうね。

都知事への批判が押し寄せているそうです。
正義のために戦っている図式ですね。
戦前の大政翼賛会と同じですね。
不気味ですね。

自分たちは正論を主張していると思い込んでるのと同じですね。
しかも、新聞社が節操なくその雰囲気を煽っている。
そんな時代なのですね。
新聞のふがいなさが気になりますね。

f0117041_16434125.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前4時空明るいがうれしくて窓開けるのがことの始まり  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨空に注進の声消えてゆき あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

淋しい寝るホンがない  放哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16441288.jpg



早起きして
スメタナ「わが祖国」を聞きながらブログの更新
順調ですね。
夜の三時間は朝の一時間ですね。
もっとも、人さまざまですけれどね。

「フロスト警視」今日で全エピソードの録画が終わりました。
42エピソードですから膨大ですね。
むちゃくちゃ過剰なのがいいのかわかりませんがドラマですから
「めでたし・めでたし」で終わるからいいですね。

しばらく離れて
その時期がきたら見直すつもりです。
「刑事フォイル」も時代の流れを感じる名作でしたね

時代劇では、良き時代のドラマ「御宿かわせみ」「剣客商売」が待機中です。
「落語研究会」の録画も相当たまりましたから動けなくなっても
楽しめます。

新しく録画しよと思っているのは「ミス・マープル」です。
「名探偵ポワロ」は数多く流れすぎています。

「小澤征爾音楽塾」をみました。
若者をオーデションで選んで歌劇の公演をするまでを追ったドキュメンタリーです。
音楽の世界のことはわかりませんが、教えだだけはつたわないものがあるのでしょう。
それを懸命に伝えようとする小澤征爾の情熱が素敵です、

f0117041_16444238.jpg


好奇心で質問しない。
本人が話さないことは決して聞かない。
by hiramekarei | 2016-06-12 04:33 | 高幡不動 | Comments(0)

6月11日 あじさいの季節ですね。

f0117041_1642750.jpg


高幡不動です。
あじさいの季節ですね。

大雨でなかったら出かけるつもりです。

f0117041_16414878.jpg


「銀河戦」を観戦したついでに
NHK杯での対局
加藤一二三VS羽生善治をみました。
二十年ほどまえの対局でした。
内容はわかりませんが加藤一二三の完勝でした。
感想戦でも加藤一二三が圧倒していました。
いまはどうなのでしょうか
どう見ても
昔自慢のわがままじいさんにしか見えません。

「フロスト警部」
現在40話ですから
年に2本製作されたとしても20年の歴史です。
連続して見ていると主演俳優だけでなく
警察仲間を演じる俳優も年を取っているのが分かります。
実際の廃油もそうなのでしょうかね。

それにしても元気のいい
鬱陶しいような迷惑な刑事ですね。

「わが祖国」
最近、ブログ更新のときは
音楽を流します。
それが馴染む年代になったのですね。
再発見ができる年なのですね。
「わが祖国」をN饗でききました。
それぞれの国に歴史があり受難と再生の繰り返しだということが分かります。
戦争がない時代に生きて他国の侵略を受けていないだけでもありがたいことです。

f0117041_16412862.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝立ちの流れゆきし紫陽花寺 あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

働かないそれでいいと気づくとき「たよらない」もついてくる あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何が何やらみんな咲いてゐる 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_16411197.jpg


夢中になる物語を作るから好きになるのでしょうかね。
その逆ではなさそうです、
by hiramekarei | 2016-06-11 05:43 | 高幡不動 | Comments(2)

6月28日 雨降りですね。でも、今日は出かけます。

f0117041_4443471.jpg


高幡不動の紫陽花です。

最近、人身事故が多いですね。
また、我が子を餓死させるような事件も気になります。

それぞれが地獄を生きていたのですね。
死んで地獄に落ちるのではなく

生きていることが地獄なのですね。
そんな気がします。

・・・・・・・

何事もなきが極楽あることが地獄なるか境目もなく  あきオジ

駅前で聖書を配る人があり理にかなわないそれも信心  あきオジ

いつのまの改竄されたる経典もきれいごとに包まれており あきオジ

・・・・・・

 
by hiramekarei | 2014-06-28 04:44 | 高幡不動 | Comments(0)

6月27日  雨になってしまいました。

f0117041_14174433.jpg
そろそろ体力的にもブログの更新が大変になってきました。
休まないように
そして手抜きしながらがいいのかもしれません。

短歌を作るというより、自分のあれこれを振りかえる。
そんなスタイルが一番安定していますね。

・・・・・・・・

短歌にて語ることさえ面白き貧しき日々もきれいごとなるか  あきオジ
by hiramekarei | 2014-06-27 14:17 | 高幡不動 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧