朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:神代植物公園・冬( 38 )

1月16日 今日は温泉です。

f0117041_13461986.jpg


神代植物公園です。
落ちた椿は見向きもしない。
体裁いい人は残酷だ。

枯れてもバラはバラですね。

・・・・・・・

定義など壊すことこそ生きること  あきオジ

・・・・・・

傲慢な奴と言われて気にしないそれもありか人は違う  あきオジ

あったもの今あるおのは消えるもの今を楽しむ春はうれし あきオジ

常識も伝統守るそれも知恵それじゃ春はうれしくない あきオジ

・・・・・

右の手に鍬をにぎって立っておるおや左手に妻も子もいない  方代
(寺山修二を除けば、唯一関心をもっている歌人です。)

f0117041_13454913.jpg


「落語研究会」
今日は「落語研究会」を録画する準備をして温泉に向かいます。
土曜日は落語を聞かないと始まらないのです。
ベテランを中心編成されていますから、「下手な落語を聞かなければならない苛立ち」がありません。

志ん輔、鯉昇、喜多八が登場すればご機嫌です。

若手をおだてようなどという度量はありません。

「喜びも悲しみも幾年月」を見ました。
灯台守という言葉も死語ですね。
今は定住型の灯台は存在しないそうです。

いつも見て泣いています。

「高橋真梨子」を聞かないと収まらなくなりました。
by hiramekarei | 2016-01-16 05:54 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月15日 北海道では地震がありましたね。

f0117041_6294460.jpg


神代植物公園です。
少しずつ寒くなりました。

歯医者で治療したら一日がおしまいでした。

「まあ  いいか」くらいがちょうどいい。
それにしても賢い人でも仕事と通帳に夢中になっている人もいるものですね。
どうでもいいけど、なりたくないし、なれない。

・・・・・・

今日もまた自分のために書き残す歌となればうれしくもあり  あきオジ

国家とか未来などはそれなりで自分をしばるものではなくなり  あきオジ

子のたとめと語る人は不思議なり自分の立ち位置いわないっわけは あきオジ

幸せがゴールのように語る人勘違いするもほどほどがいい あきオジ

退職後働く幸せ語る人それはそれでバーゲンもあり  あきオジ


・・・・・・・

秋刀魚焼くとなりのじいさん独りもの  あきオジ

・・・・・・・

春がすみ鍬とらぬ身のもつたいな  一茶
(一茶はくち八丁で生き抜いた人ですね)

・・・・・・・・

f0117041_6291756.jpg



「大島渚」を取材した番組をみました。
大島渚のなんでもあり
そんな番組でした。
情熱と暴力的手法が魅力ある人でしたね。
このタイプの人は不要な時代なのでしょうか。

今の時代、説明上手な人だけが目立ちますね。

「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるを取り上げた番組をみました、
一番漫画的で面白いのは水木しげるという評論がいいですね。

NHKで「ミケランジェロ」をとりあげた番組がありました。
興味ある芸術家だったので見ましたが
通り一遍で初歩的な内容だったので物足りなかったですね。
裏の裏まで考察する内容であってほしかったですね。

まあ、いいか。
by hiramekarei | 2016-01-15 06:04 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月14日 ちょっと寒くなりましたね。

f0117041_6215651.jpg



神代植物公園です。
もう、蝋梅は満開です。
白梅もちらほらでした。

今日は歯の治療日です。

・・・・・・・

なにもないそれでいいのだ十分だ求めはしない満足もない  あきオジ

幸せをあるかのように捏造し追っかけ人生しむけるやつら  あきオジ

のこせない残さないでそれでいい自分の人生自己完結  あきオジ

・・・・・・・

病人よく寝てゐる柱時計を巻く  放哉
(時計を「巻く」懐かしい言葉ですね。)

f0117041_6212986.jpg


一日「高橋真梨子」を楽しんでいました。
お気に入りの内容ですし
選曲も素敵なのです。
宝物にします。

昨日も書きましたが高橋真梨子の歌った曲の中でとくにお気に入りは
吉田拓郎の「旅の宿」
河島英伍の「酒と泪と男と女」です。
名曲ですね。
歌詞も時代の雰囲気を掬い取っていますね。
歴史に残る曲です。
編曲がいいのでとてもいい歌唱でした。
感動です。


「銀河戦」の将棋をみたら一日が終わりました。
対局をそのまま中継したものと
将棋講座が満載です。
一通り見ると4時間かかります。
火曜日と木曜日の午前中に放映されます。
日曜日のNHK杯将棋トーナメントと合わせて三日は楽しんでいます。

それと非公開ですが、もう一つのお絵かきブログを準備していると時間が足りません。
たぶん、ブログを管理している人ならわかると思うのですが
ネタがなこともあるし
その気にならないときもけっこうあるものです。

一行でも十分なのですね。
よくばらず
物足りないくらいでちょうどいい。
そんなことを思っています。
できることを続ける。

ブログは見る人を意識していません。
私の場合は写真日記です。

文章だと面倒だし、長くなってしまいますから
短歌あるいは俳句で代用しています。
能力ある人や情熱がある人なら
突っ込んだ内容のものを取り上げることができるでしょうが

個人的な趣味であるとすると
意外とどのような内容にするかは難しい課題のように思えます。

テーマと表現スタイルを決めるのが一番大変でした。
当たり前でいい
無理しない。
そのことに気づくまでに時間がかかりました。

素人の暇つぶし
ぼちぼち続けます。
by hiramekarei | 2016-01-14 04:51 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月13日 このまま冬は過ぎてしまうのでしょうか。

f0117041_6192355.jpg


神代植物公園です。
季節が移り
人も変わり
何もかもが何かに動かされている。
あるものはすべて変わるのですね。

こんな賢い人がいるのに人類は自滅に向かっているのですね。


・・・・・・・・・

体裁を整えながら新しき表現探すそれもありか  あきオジ

バランスの取れた感性欠かさないそれが上品社交短歌  あきオジ

あれこれの意味を付けたしゆがめてもどうにもならない人のやりかた  あきオジ

神様がつくった天地をつくりだす神話がほしい無限の宇宙 あきオジ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるときは例外だらけの雪積る  あきオジ

・・・・・

心からしなのの雪に降られけり  一茶

・・・・・・・

f0117041_619435.jpg


アガサ・クリスティーがにぎわっています。
今日は「ナイル殺人事件を放映していました。
暇つぶしにはいいのですが
だから、どうだ。そんな問いかけは意味をなさないようです。
総括する番組もありました。

「銀河戦」を見ました。
毎日テレビで放映しています
好奇心を失わず、ほどほどの金を出せば
それなりに退屈しない時代なのですね。

「こころ旅」は香川県でした。
懐かしい景色が登場しました。
香川県はいいところでした。

「高橋真梨子」のコンサートを繰り返し聞いてます。
ご機嫌です。
吉田拓郎の「旅の宿」をカバーした歌が圧倒的でした。
by hiramekarei | 2016-01-13 05:12 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月12日 寒い冬はどこに行ったのでしょうか。

f0117041_6173856.jpg


神代植物公園です。
歩くって素敵ですね。

・・・・・・・

下窓の雪が明かりのばくち哉 一茶

・・・・・・・・・

ありがたい日々と思える心持ちそれでいいのだ小さな幸せ  あきオジ

今日もまたもっともらしさを並べてる裏の裏は語ることなく  あきオジ

神のため金を集めるそれはそれ遣いみちなど語ることなし  あきオジ

正義ぶるまとも勝負の短歌ありそれもいいがどこか違う  あきオジ


・・・・・・・

秋刀魚焼く路地裏消えて人もなし  あきオジ

・・・・・・・

f0117041_6171816.jpg



日曜美術館で放映さえていた「まど・みちお」の絵画作品をおさらいしました。
司会の二人は言葉を選ぶのに忙しくて
楽しく進行するのには適当ではないかもしえませんね。
その影響で日曜美術館は、しばらく見ていませんでした

まど・みちお
日本人が好むタイプの詩人ですね。
「ぞうさん」にしても、切り込んだ詩ですし
うつくしい。
その美しさと同じだけの裏がわのエネルギーがあるというのが私の持論です。
きれいだけを表にだしているひとは、その反対側のエネルギーを押し込めているのです。
そのようにみると安心できます。

とても面白い番組でした。


「高橋真梨子」2015年記念番組を見ました。
選曲が私の好みでしたので気に入りました。
お宝映像として大切にします。
DVDに何枚か録画しておきました。

「酒と男と・・・・」河島英伍がとくに気に入りました。
この曲は歴史に残る名曲ですね。
大のお気に入りです。
高橋真梨子が選んでうたったとなるとご機嫌です。

いままで高橋真梨子の歌曲のなかのお気に入りは
「ジョニーへの伝言」「グレート;ブルー」「桃色吐息」でした。

「オリエント急行殺人事件」を見ました。
イグリットバーグマン、リチャードウッドマークなど
かつての名優のオンパレードでした。
ポワロをアルベルト・ファニーが演じていましたが
可愛さが欠けていて不気味でしたね。
シドニー・スメットはこのような映画も演出するのですね。
映画としては上出来ではありません。
舞台劇として準備した小説なのかもしれません。
by hiramekarei | 2016-01-12 04:54 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月11日 寒さが厳しくなってきますね。

f0117041_6151839.jpg


神代植物公園です。
梅が咲き始めました。
人も増えてきました。

年間パスポートを手に入れました。
今年一年は頑張れそうです。

・・・・・・・・

軒先に荒巻一本つりさげて七十歳の春をまつなり  山崎方代

・・・・・・

生きている確かさみつける短歌には意味はなけれどそれもうれしき  あきオジ

幸福という奇妙な語り瀰漫する現代という怪しげ世界  あきオジ

銃弾を神に隠す野人らが先兵となる最近のこと  あきオジ

金もうけ世襲役得当たり前何の因果か霧に包まれ  あきオジ

始祖教は子孫利益の役得も伝承しているそれもありか  あきオジ

ベンツにて送迎される門跡の語る慈悲は上納金となり  あきオジ

・・・・・・・

語ること雪に溶ける松のうち  あきオジ

・・・・・・・

f0117041_6145373.jpg


「刑事フォイル」(丘の上)
テレビドラマも一時の熱
戦争問題を問いかけた重い内容も一時のねつ
ゲーム感覚なのですね。

「帝京大学ラグビー部」物語

「銀河戦」森内VS村山
大熱戦でした。
将棋の応援もお気に入りの騎士かどうかで熱の入れ方が変わりますね。

「高橋真梨子リサイタル」
ファンです。
動きもなく
しゃべりも少なく
歌だけで聞かせる歌手です。
女性歌手では中島みゆき
そして高橋真梨子です。

「まど・みちお」創作の秘密
NHKで放映していました。お気に入りの詩人の描いた絵です。
圧倒されるような絵です。
by hiramekarei | 2016-01-11 05:10 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月10日 すっかり老人です。

f0117041_20172437.jpg


神代植物公園です
ボタンの季節到来です。
老人がゆったり歩いているのも絵になるかもしれません。

・・・・・・・

ありがたい暖かさがおらが春  あきオジ

・・・・・・・・・

ありがたさ超えた確かな存在があればいいのさそれでいいのだ  あきオジ

今日もまたもっともらしさを並べ立てこれでどうかと新聞は書き  あきオジ

・・・・・・・

あるけばかつこういそげばかつこう  山頭火

f0117041_2017221.jpg


「アガサ・クリスティー」を探して
あもしろい番組を見ました。
アガサ・クリスティーの創作の秘密を探った番組です。
掘り下げればそれなり世界が見えてきますね。

暇しているので
テレビドラマの「ポワロ」はほぼカバーしました。
残念ながら目が本を読むのに耐えられなくなってきました。
当分はテレビドラマで楽しむことにしましょう。
繰り返し見る。
それが老人の特権です。

「フロスト警部」繰り返しの放映があります。
同じドラマを繰り返しむるのも楽しいものです。
フロスト警部の人間像も男臭くて破滅的なところもあって
面白いですね。

でも、フロストという人物の根っこが見えてきません。

ラグビーの帝京大学と大東文化大学の対戦を見ました。

鍛えればここまで作ることができるのか
そんな体形をしています。
勝利のために懸命なのですね。
自分を表現する場があることが大切なのであってそれ以上の意味をくくりつける。

それは余計だと思います。

落語研究会の「鰍沢」柳家権太楼を聞きました。
人情はなしのですが登場人物が多様で感情の起伏が大きいので難しい演題ですね。
権太楼だから演じられる世界というのもあるのですね。
by hiramekarei | 2016-01-10 05:15 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月2日 訪ね来る人もない正月でした。

f0117041_180465.jpg


神代植物公園の正月です。
正月だからといって訪ね来る人もなく
挨拶にでかけることもありません。

それがなによりです。

・・・・・・・・・

理不尽な苦情散らす若者が意味不明なる正月のなか あきオジ

死ぬために生きていたとは愉快なり多少御褒美それもありか  あきオジ

・・・・・・

素っ気ない記憶にもない雑煮食い  あきオジ

・・・・・・

どうしようもないわたしが歩いてゐる 山頭火
(山頭火と放哉を並べると、最後には山頭火の哀歓を選んでしまいます。)



f0117041_17593029.jpg


落語研究会では正月興行を放映していました。
権太朗が「火焔太鼓」を演じていました。
オーバーアクションで笑わせます、
毎週土曜日は「落語の日」です、

「グレートトラバース」の100名山を再放送していました。
見るのに忙しいので、録画しておきました。

「200名山」の総集編が終えたら
ディレクターカットを放映してほしいですね、

ミステリー番組も見直しましょうかね。
「刑事フォイル」「フロスト刑事」がいいですね。
「ポワロ」は小説で読みます。
金曜日はミステリーの日です。

銀河戦が放映される火曜日、木曜日は将棋の日です。

ブログの更新は朝の楽しみです。
朝の数時間しか頭が回らないからです。
写真を選び下準備をして、事前に準備した記事を読み直し
短歌を勢いで作ります。
別の非公開の絵日記を準備して朝は終わりです。
連ドラ
現在は「どんと晴れ」と「あさが来た」をセットにしてみて
「こころ旅」を見ながらお出かけの準備をして
8時には、散歩にお出かけです。
途中「デニーズ」で休憩して
録画しておいたビデオをみるか
ウオークマンで音楽を聴けばノルマは終わりです。
スポーツクラブ、写真、パチンコは気分転換。
3時には家に戻り
お絵かき。ノルマは一日一枚です。
それが私の一日です。
というより、そうしたいということですね。

このようにしてこのブログは回っています。
by hiramekarei | 2016-01-02 04:10 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

1月1日 正月元旦

f0117041_1113579.jpg


お元気でしょうか。

正月はじめというより
ことを始める区切り

昨日は数層に寝てしまい
早起きしています。

これからは、もう、あれこれ盛りだくさんはやめます。

日記代わりのブログにします。
ここには、日々の「当たり前」を書きます・
短歌形式ですが、短歌の格調の高さは外します。

写真は自家製写真を二枚。
ですから、これは絵日記ならぬ写真日記なのです。

・・・・・・・・

あとはその日に楽しんだことを書きます。
10年先になれば元気だったころを思い出せるでしょう。

・・・・・・・・

ここにあれこれ書いておけば、将来、体調が悪くなったとしても
なんとなく根っこにある自分の「願い事」を知ることができるでしょう、

・・・・・

お正月のまんまるいお月さんだ  山頭火

・・・・・・・

短歌する道楽もある老人の支離滅裂こそ真骨頂なり  あきオジ

過ぎ去ったあれこれ並べてしみじみと短歌読むは自分になじまず あきオジ


f0117041_11121958.jpg


紅白の裏番組を見ていました。
NHKの「こころ旅」のスペシャル版を見ました。
いつ見ても面白いですね。
名番組ですね。
火野正平の「当たり前おじさん」に徹しているところがいいですね、
この番組を見て、日本の暮らしを知ったような気がします。

地方の交通事情
政治的影響力
子どもたちがおかれた状況
人生の受け止めかた
どれもが透かし見えて面白い。
食事は事前の仕込みなしの定食屋で
スパゲッティ
オムライス
当然カレーもあり
絢爛豪華な料理はなし

来年も続くと面白いですね。

吉田類の「居酒屋放浪記」
これも面白いですね。
俳人の吉田類が地方の名物居酒屋を飲み歩く
大人のごあいさつ程度にしか女性はからまない。
ひたすら、酒、魚、常連さんとのやりとりに絞っています。

今日は午後から特集番組をみていました。

ここにも日本文化の根っこがあります。

順調に「銀河線」(将棋トーナメント戦)を見ています。
将棋を指せればもっと楽しいでしょうが余裕がありません。
by hiramekarei | 2016-01-01 01:08 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)

12月26日  雨が降り寒くなりそうです。

f0117041_2049347.jpg


神代植物公園です。
花にも関心が持てなくなりました、
「年年歳歳」を楽しめる境地にはとどきません。

転んで唇を切ったのですが月曜日は抜糸です。
時の流れは速いものです。

・・・・・・

梅咲て一際人の古びけり  一茶

・・・・・・


欲張らないそして求めぬかっこよさそれはそれで明日でいい  あきオジ

他人事関心もてぬ老人の目先をくすぐるおでんのにおい  あきオジ

かつ丼が大ご馳走の時代すぎ糖尿治療いかなる因果  あきオジ

f0117041_20482655.jpg


電気屋でパソコンソフトの指導を受けました。
もう、覚える気力はありません。
新しい技術は覚えられません。

それでも「水彩」ソフトがないと前に進みませんから挑戦しています。
来年、小さなイラスト描き始めようと思います。

高校生のバスケットボール大会をテレビで見ています。
背が高く、素早く、テクニシャンです。
いいですね。
自分の居場所、自分を表現できる場所を見出す。
それだけでも素敵ですね。

牧原敬之のライブを見ました。
昨日は小田和正の「クリスマスの約束」を楽しみました。
それぞれの人が自分を表現する場所を得ています。

それで十分ですね、
by hiramekarei | 2015-12-26 04:32 | 神代植物公園・冬 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧