朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:町中の意匠( 36 )

1月18日  穏やかな日曜日でした。

f0117041_16164676.jpg
f0117041_16171056.jpg


スカイツリーの展示場で見つけた伝統工芸品です。

昨日、このままの写真では面白くない。
そんなことを考えていたら興奮して寝そびれてしまいました。

いつもどこかにある

「どうせしろうとなのだから・・・・」
「芸術を目指しているわけではないのだから・・・・・」

それでは面白くない。

そんなことです。
朝になったらすっかり忘れていましたが、心地良い興奮でしたね・

そんなこで短歌ももっと短歌から離れたものを目指そうとも思ったりしました。

・・・・・・・・・・

形とは壊すためにあるはずだぬけだす力は生み出すものだ  あきオジ

・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-01-18 16:27 | 町中の意匠 | Comments(0)

7月24日  猛暑の始まりでしょうか。

f0117041_524236.jpg


体調はまあまあですが、気合を入れることができません。
老人というのは、そんなものでしょうね、

将棋と囲碁のチャンネルがあることを見つけてから、毎日見ています。
いつでも見ることができること
始まりから終わりまで
二時間程度なので、丁度いいですね。

展開が予想できて予定調和に流れて行くドラマを見て入るよりも緊張します。

まだまだ、見始めたばかりですし、将棋や囲碁の基礎的知識があるわけではないので
解説者の説明を聞きながら「なるほどな」と感心している程度です。

でも、それくらいがちょうどいいのかもしれません。
その程度のときがいいですね。

でも、「負けるのが悔しい」ので
実践にまではいかないでしょうね。

・・・・・・・・・

快晴だ猛暑であってもかまわない汗かくことも青春なのだ  あきオジ

素っ気ない「死ぬことはない」の言い訳が嬉しい記憶かき回しており  あおきオジ

旅客機を撃ち落とすさえ正義だと信じ込む子を夕日が襲い  あきオジ

・・・・・・・・・・

痩せた子がゴミ集積地に群れる朝夕日はあるか語ることなく  あきオジ

・・・・・・・
f0117041_5423528.jpg

by hiramekarei | 2014-07-24 05:43 | 町中の意匠 | Comments(0)

3月15日  曇りの予報でしたが雨降りでした。

f0117041_15355064.jpg


家でブログの更新をしていました。
メッセージを発するつもりもなく

単なる暇つぶしですが、意外と心地いい時間です。

・・・・・・・・・・

佐渡 裕のベルリン・フィルデビューを取材した番組を見ました。
ついでの中島みゆきの曲をカラオケで歌えるように、流しました。

・・・・・・・・

ごりごろとしていることさえ退屈な女房殿の「ちょっと」は怖し  あきオジ

ひやかしや冗談だければ動かない平和時代の格言もあり  あきオジ

・・・・・・・

最近オリンピックのことでクーベルタン男爵を持ち出さなくなりましたね。
「おかま」などという表現も消えました。

気づかぬうちに時代は変化しているのですね。

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2014-03-14 15:39 | 町中の意匠 | Comments(0)

1月23日  今日は仕事があります。

f0117041_5453848.jpg


仕事ある喜び語る人拳堅めて後ろ手にする  あきオジ

・・・・・・・・

正義を背負って理不尽にも人を斬ることを許したり
恨みつらみを崖の上であれこれ語り尽くしたり

道理を突き抜けて「それはそれ」で完結する不思議

・・・・・・・・

浮気ネタ提供しては生きのびる芸能人がいれば
それを記事にし生活費を稼ぐ人もあり

それまた噂を生んで暇つぶしする人

・・・・・・・・

いい人の顔して冷たくものを言う。
「言いたくない」と善意顔でものを言う。

わがまま娘がそのままママに

・・・・・・・
by hiramekarei | 2014-01-23 06:02 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月12日  寒い朝になりましたね。

f0117041_4454079.jpg


だんだん寒くて、起こるのが億劫になります。
若いころ、眠るしかないほどやるせないこともありましたが
それもずっと昔の話になりました。

・・・・・・・・

真っ暗な午前五時のマンションにあかりをつける窓もありて  あきオジ

変わることなき愛語る物語うたた寝気分でほおりだしおり  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-12 04:47 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月11日  追われるような日々です。

f0117041_501826.jpg


ゆらゆらと秋が深まりいつか冬気づきのときめき飽きもせずに  あきオジ

老人といえども芭蕉の年をとうに越えて未熟者なり  あきオジ

f0117041_505387.jpg


破綻しているかのごとき老後なれどそれもありと覚悟の始まり  あきオジ

捨て去りて気にもせずの老後なりなんとかなりそうそれしかなさそう  あきオジ

f0117041_512618.jpg


ズボン履くわずらわしさも靴下を履くぎこちなさも身のうちになり  あきオジ

どうでもいいことがあれこれ多くなり中島みゆき聞けば満足  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-11 05:08 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月9日  あした天気になれ

f0117041_5111077.jpg


最近の楽しみは池波正太郎の「雲霧仁左衛門」を小説そして、ドラマで楽しむこと
そして「中島みゆき」のCDをブックオフで手に入れて、カラオケのレパートリーにしようとしていること。やっと10曲くらいは歌えるようになった。

・・・・・・・

時代とはいかなる区切り一瞬の光彩放つそれだけのこと  あきオジ

総括し解説している評論家いつも過去形どうとでも言えて  あきオジ

待合室夢中になれることがあればそれはしあわせ語り合う午後  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-09 05:21 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月8日  夜明けが遅くなりましたね。

f0117041_556041.jpg


電車ではマンガ読みたる若者が携帯いじる老人となり  あきオジ

含蓄の多き言葉を重ねてはねじりまわす長老の歌  あきオジ

私生活さらすような歌あればそれもよかろう好き勝手でよい  あきオジ

生きるため働いているそれはそれそれでいいのかそれぞれのこと  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-08 05:59 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月7日  紅葉の季節ですね。

f0117041_14215899.jpg


おかしいと言いだす人の物差しがこころもとなくあやうくもあり  あきオジ


f0117041_14232917.jpg


100年で何もかもが風化して溶解するはずそんなもの  あきオジ

f0117041_142553100.jpg


不条理な残酷さにより殺戮がなくなるとき地球もないか  あきオジ

f0117041_15471091.jpg


繰り返し中島みゆき流す夜一つ一つを並べ変え  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-07 14:27 | 町中の意匠 | Comments(0)

11月7日  秋が深くなりましたね。

f0117041_5541617.jpg


じっとして冬待つ気分繰り返し衰えた足ふらついており  あきオジ

f0117041_5562255.jpg


始まったことは終わる繰り返し寄せる波なり残すものなく  あきオジ

f0117041_5594938.jpg


気になりし人もさりゆき残された人も老いたる秋になり  あきオジ
by hiramekarei | 2013-11-07 05:55 | 町中の意匠 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧