朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:仏弟子( 23 )

2月16日 オリンピックは贅沢な遊びですね。

f0117041_1759197.jpg


ブログを更新して
デニーズでコーヒーブレイク
本屋に立ち寄りジムで水泳をして
家に戻り
お絵かきをしたら
アッという間に一日が終わりました。

そんな毎日になりました。
総括したい過去があるわけではなく
目指す未来があるだけでなく
毎日がそこそこここちよければそれでいいのです。

・・・・・・・

補修したいあれこれのことできもぜずとどかぬ未来を前借もせず あきオジ

自らが生み出す悩みどの人もあると思える狡さと美談  あきオジ

被害者は無垢にしておき定型文語らせることも二重被害  あきオジ

可愛そう演じる人は何様と思い込むか裏は裏なり  あきオジ

・・・・・・・・・・・

下窓の雪が明りのばくい哉  一茶

・・・・・・・・・・・

春近い記事を読まずに消えてゆき あきオジ

f0117041_17583584.jpg


「玉置浩が二ショー」
中島美嘉エストで登場しました。
沢田研二の「時の過行くままに」名曲だったのですね。
高橋真梨子もカバーしてました。

「ニューシネマパラダイス」を見ました。
もう、最初に見た時の感動はありませんでした。
昔はよかったということでしょうか。

昔を掘り起こしては懐かしむ
横着な楽しみ方もありますが
知らぬ世界を探索するのもいいですね。
by hiramekarei | 2016-02-16 05:25 | 仏弟子 | Comments(0)

2月27日  二月が終わります。

f0117041_491567.jpg


「釈迦の入滅を悲しむ弟子」です。

・・・・・・・

桜の季節になると「あと何回、この美しさを楽しめることができるな」と思います。
後から考えると長い。でも日々の暮らしはあっけない。
そんな気がします。

・・・・・・・・

劇場でみたい映画がありません。
今日も草間弥生のドキュメントを見ました。
どうしてでしょうかね。
することがなくなると必ず彼女の制作風景を描いたドキュメントを見ますね。
自分の作品をながめて「素敵」と連発し
「どうして天才なのかしら」とつぶやく

こんな突き抜けた人がいたと思うだけで
うれしくなります。

・・・・・・・

塾終えてブックオフに集まりし塾通いする眼鏡掛けし子ら  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2013-02-27 04:17 | 仏弟子 | Comments(0)

3月2日  ランの次は櫻待ちですね。

f0117041_613329.jpg


仏陀の死を嘆く弟子

・・・・・・・・・・

いまははや見えず見もせず色はいろいろなるいろぞ色はいろなる  一遍

(語呂合わせと言うか、言葉遊びのような歌ですが、楽しそうなので、アップしました。きっと色即是空の解説歌なのでしょうね。)

・・・・・・・

西行を読みつつ春を待つ気分嬉しくもあり気恥かしさもあり  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2011-03-02 06:20 | 仏弟子 | Comments(0)

12月1日  絵も楽しみの一つに加えます。

絵のアップもしましたのでいい出だしです。
楽しみは次々現れますね。

f0117041_6554857.jpg
f0117041_6561143.jpg


絵を描いて楽しむことが増えましたそれが年寄りありがたきかな  あきオジ

・・・・・・・・

車屋のがきさえ歌がよめるかよと枕はずして往んでしもうた  方代

うるし紅葉ぬるで紅葉のあでやかに極楽寺坂の秋はゆくなり  方代


(どうでもいいことですが、江ノ電で「極楽寺」駅で下車して写真を撮ったことがあります。江ノ電の沿線は海岸と山地との隙間に人が暮らし、その庭先を江ノ電が走っている。そんな感じのところなのですね。極楽寺から次の駅までは坂道を下ってすぐのところです。遊園地の電車の気分ですね。そこが嬉しいですね。方代もこの周辺を歩いていたのですね。)

・・・・・・・・

銀杏散る教会坂をかけ降りる登校の子声も秋色   あきオジ

・・・・・
by hiramekarei | 2010-12-01 07:07 | 仏弟子 | Comments(0)

11月30日  手遊びくらいがちょうどいい。

絵を描くときのモチーフは
「仏陀の弟子」「小僧さん」「出家者」「遍路さん」
「フランチェスコの弟子」に限られています。
描くのはそのときの気分です。
申し訳ありません。

f0117041_176090.jpg
f0117041_17620100.jpg
f0117041_1764897.jpg


あれもこれもみんな消えゆく定めあれど泰山木の佇立するを頼もしく見ゆ  あきオジ

・・・・・・
by hiramekarei | 2010-11-30 17:16 | 仏弟子 | Comments(0)

11月30日 いろいろあって11月ですね。

f0117041_14512792.jpg


小僧さんです。
こんな絵を描いているときは気分がいいですね。
適度の緊張と意外性への期待などがあり
わくわくしますね。

・・・・・・・

長雨で洗濯ものが並ぶ部屋我がシャツだけが床に触れおり  あきオジ

・・・・・
by hiramekarei | 2010-11-30 14:51 | 仏弟子 | Comments(0)

11月30日  十一面観音のつもりなのです。

f0117041_14273853.jpg


円空仏のようなイメージが好きです。
何か絵にしてもいいような雰囲気が伝わってきます。
by hiramekarei | 2010-11-30 14:28 | 仏弟子 | Comments(0)

11月18日  お絵かきも楽しい。

f0117041_1852799.jpg


寒風を受けて雲が流れゆく富士の高嶺は白く輝き  あきオジ

(本歌取りなどというものではない。作ってみたら、どこかで聞いた歌になってしまったのです。「まあ、いいか」とため息です。)

・・・・・
by hiramekarei | 2010-11-18 18:05 | 仏弟子 | Comments(0)

11月18日  寒いでした。

f0117041_17304122.jpg


だんだん寒さが辛くなってきました。
出家者の絵は私の大好きなモチーフです。
もちろん、現代僧侶を描いているのではありません。
描くときイメージするのは西行であります。
また、寒山拾得であり
遍路さんです。

・・・・・・
by hiramekarei | 2010-11-18 17:31 | 仏弟子 | Comments(0)

11月5日  

f0117041_530832.jpg
f0117041_530197.jpg


紅葉まつ暦の流れは遅けれど突然現わる色なき季節  あきオジ

(正月が色合いがない季節にあるのは、華やかにする意図から始まったとは思いませんが、正月は冬がいい。農閑期だし、色がない季節、思いきり色華やかにして欲しいですね。)


・・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-11-05 05:42 | 仏弟子 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧