朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:巾着田の彼岸花( 72 )

10月2日 台風が発生しましたね。

f0117041_20531194.jpg


巾着田の彼岸花です。
彼岸花は形も色も一様ですので退屈です。
棚田、畦道などのロケーションが欲しいですね。

雨予報だったので外出しませんでした。

「名探偵ポアロ」
お絵かき
トップリーグラグビーヤマハVSリコー
それで一日が終わりました。

漫才、コント番組を楽しんでいます。
内容も展開も複雑で
笑いも多様です。

笑いがもっとも知的な娯楽に進化している。
そんな気がしています。



f0117041_20523648.jpg


何事も遠くなっても彼岸花 あきオジ

投稿句彼岸花を無理やりに あきオジ

f0117041_20515917.jpg


穏やかな感想まぜて歌作る日記代わりのささやかな日々 あきオジ

f0117041_20512513.jpg


捨てること
脱皮すること

進化するためにはそれしかありませんね。
by hiramekarei | 2016-10-02 05:48 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月29日 雨になりました。

f0117041_5205945.jpg


昭和記念公園のコスモスです。
でも、写真は去年のものです。

今日は雨です。
写真取材は中止です。

今年は天候の関係で発育不良のようです。

昨日、就活している44歳のおじさんと食事しました。
今どき定職をを持てない人がっけっこういるのですね。
就職できないから生活は親がかり
結婚もできない。
介護もしなければならない。
そんなこと新聞でしか知りませんでした。

他人の暮らしを気にいたふりしていますが似たり寄ったりですね。

「グレートトラバース200名山」をまとめてみました。
これからの暮らしに刺激を与えてくれた番組でした。

続けること
休まないこと
他人がしたことを真似しないこと
それがいいかもしれません。

f0117041_520181.jpg


コスモスが押してくれる散歩かな  あきオジ

f0117041_5193052.jpg


仲良しが美徳の真ん中かもしれない自分と仲良くそれができない あきオジ

f0117041_5185275.jpg


田舎の暮らしを身につけた人が
人生を味わっていることが分かります。

都会
マンション
教育熱心
快適生活

痩せた暮らしにしてしまいますね。
by hiramekarei | 2016-09-29 05:21 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月28日 雨になりそうです。

f0117041_5484148.jpg


彼岸花の季節ですね。
きれいとかのことではなく
風物詩ですね。

「こころ旅」が再開されました。
朝晩みています。

奈良県の十津川を取材したものでしたが秀逸の映像がありました。
つり橋の思い出をつづった手紙を追体験するという内容です。

火野正平は高度の高所恐怖症。
最初からわたることはできません。
でも、手紙の内容は「怖がったすえに渡り切った」という内容です。

スタッフは火野正平の映像は諦めるとしても
映像だけでも取っておこうということになり
怖がらないカメラマンと録音担当が渡ることになったのです。
カメラマンはすいすいわたるのですが
録音担当は身動きできず立ち往生

硬直しています。

その映像を誰がとったかわかりませんが
みごとにその一瞬を撮っています。
リアルな映像に感動しました。

レンズを通すと「怖いもの知らず」になることをグレートトラバースで知りました。

「三屋清左衛門残日録」スペシャル版を見ました。
時代劇でこれほどチャンバラシーンが少ないのも珍しいのですが
老いをテーマにした内容のドラマも珍しいですね。
主演の仲代達也だけでなく財津一郎、室田日出夫などの共演者がいいので見ごたえ十分です。
私のお宝です。

ドラマのどれを切り取ってもいいですね。もちろん、女優さんも素敵でした。
「雲霧仁左衛門」「剣客商売」とともに繰り返し見ています。

「中世和歌集」を手に入れました。
文章を読む体力がないので短歌を読んでいます。
一日一首読もうと思います。

「万葉集」の続きですね。
老人の楽しみです。


f0117041_5461058.jpg


角が立つことばとなりし彼岸花 あきオジ

f0117041_5453936.jpg


金欲しい名誉がほしい賢さで時代を生きるそれもありか あきオジ

f0117041_5451990.jpg


このごろ
もっともらしい説明が簡単にとおる時代の気分ですね。

あってはならない事件はある。
by hiramekarei | 2016-09-28 05:46 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月27日 彼岸花の時期ですね。

f0117041_4541496.jpg


彼岸花の季節ですね。
こどもじゃありまいし
好き嫌いで話を終わらせることはないでしょう。

おばさんの会話は
「来週もういちどきたいね」
「うちのはあだ咲いてない」
が必須アイテムですね・

まあ、いいか。

でも、今日も朝から雨です。

小澤征爾のベートーウベンの7番を聞きました。
比較する能力がありませんから

「そんなものか」
そんな感想しかありまでん。

音楽を楽しめるほど
夢中になった時期がありません。

「瀬戸内寂聴」を取材したドキュメントを見ました。
最近、見たばかりです。
活力満点
そして奔放ですね。

草間彌生と瀬戸内寂聴は時代を代表する女性です。

潔くて、あっけらかんとした言動がいいですね。
なによりも創作活動のエネルギーが湧き出るところが素敵です。
二人の出演番組は見るようにしています。

二人は私にとっては「宇宙人」です。

昨日から「こころ旅」西日本編が始まります。
今回はしっかり録画します。
火野正平の代表作ですね。

自転車で日本中を回る。
それだけを追いかけた番組で6年も続けるのですから
企画のちから
自転車で日常をさらす出演者

そしてスタッフの野暮ったさが楽しいのでしょうね。
定食を越えない食事も痴ほうの匂いがしていいですね。

それにしても、気取らずうまそうに食べますね。

f0117041_4535263.jpg


巾着田彼岸花きてとまる里  あきオジ

f0117041_4532143.jpg


退屈な老人語るそれはそれ聞き流すことがいたわりとなり あきオジ

f0117041_4525483.jpg


低成長高熟成時代
これからが創作の季節なのですね。
by hiramekarei | 2016-09-27 05:07 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月26日 巾着田の彼岸花です。

f0117041_1643852.jpg


巾着田の彼岸花です。
一気に咲いて一気にしぼんでしまうのですね。

花の命は短くて・・・・・・

これからはコスモスですね。
でも、今年は期待できませんね。

・・・・・・・・・・

家もなく名も残さずに生きてきた気負いがなければそれでいい  あきオジ

・・・・・・・・・・

今日は温泉に出かけます。
もう街道筋ではコスモスが咲いているでしょうか。

f0117041_1651364.jpg


将棋は「佐藤VS渡辺」を見ました。
渡辺が現代将棋の変革をもたらしたと言われます。
構成力もさることながら「勝つ将棋」を切り開いたそうです。
意味するところは分かりません。

でも、素人には中盤から終盤のはらはらどきどきは
静止しているにもかかわらず独特のものがあります。
そして、渡辺の勝ちが見えてきた段階での手際のよさは見事でしたね。

空中戦などという不思議な言葉も見えてきます。

プロどおし、素人が気づかないところで勝敗を読みとっているのでしょうね。

サムライチャンネルは無料開放日でしたのでプロレスを見ていました。

ドラゴンゲイトのプロレスしか見ていなかったので新鮮でした。
たかがプロレス
シナリオのあるインチキという言い方もありますが
ファンはそのインチキを楽しんでいるのです。
評論したがる「真剣さが大切」おじさんの上をいってますね。

それにしても体を張って仕事にしている若者がいるのは楽しいことです。
建築現場の若者
なぜか生きている現実味があります。

「フロスト警部」を見ました。
当然のことですが
警察の中にも事件があり、犯罪に加担する人もいるのですね。
そんな一面を扱ったドラマでした。

あってはならないことあり
起こってはいけないことは起こる。

そんな現実を教えてくれました。
どこにでも同じようなことが起きているのですね。

・・・・・・・・・・

仲良しも過剰になれば裏表ほどほど距離がお友達  あきオジ

・・・・・・・・・

今日の落語は「五街道雲助」と「古今亭一朝」を聞きました。
典型的な古典落語です。
歴史的背景とかに精通していないとできないネタでした。

安心して聞く
そんな落語もいいですね。
by hiramekarei | 2015-09-26 05:02 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月25日 どんよりとした天気です。

f0117041_136524.jpg


早起きしてボログの更新をしました。
BGMはスキマスイッチでした。
元気がでそうな気がしますが、あまり影響はなさそうです。

とりあえず、ファミレスで「ポワロ」を一話見て
隣町にでかけ、本屋に寄って
NOJIMA電気に回って半日終わりました。

ジムにいきたくないときの散歩です。

午後からはお絵かきをしました。
公開できるところまでは行っていません。
そのうちということでしょうか。
音楽聴きながら
見る人のことを気にしないでお絵かきしているのが
楽しい時間ですね。

・・・・・・・・・・・・

長生きを神話に仕立てたつけなるか何も生まれず何も残さず  あきオジ

・・・・・・・・・・・

 
f0117041_1372691.jpg


「ファンキーモンキーベイビー」のライブを聞きました。
若者向きの元気のいい明快な歌詞がいいですね。
八王子出身ですね。
去年解散しましたね。
メンバーの一人が坊さんの修業に入るのだそうです。
思いきりがいいですね。

それなりに楽しみました。

将棋は「豊島VS北浜」の対戦を見ました。
見ていると面白くなるのですが、そこまで見続けるのが大変です。
形勢が悪くなったときも辛抱しなくてはならないのですね、

仕事となると大変ですね。

どんなことでもそうですが、ジムに行って体を鍛えるのも同じですね。

「ポワロ」の最終回を見ました。
不気味な終わりかたでした。
ついでにスタッフの紹介などもありました。
25年も続けるとそれだけでも意味を生むのですね。

「かしまし娘」の今を取りあげたドキュメンタリーを見ました。
もう活動停止してから25年も経つのですね。
懐かしさもありますが、長いきは何をもたらすのか考えさせられました。

・・・・・・・・・

そぎおとし切り落としてもなお足りぬ強欲過ぎる老人暮らし  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-09-25 04:41 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月21日 猛暑でしたね。

f0117041_1493195.jpg


シルバーウイークというのですね。
今まで知りませんでした。

相変わらず気楽なおじさんです。
でも、猛暑でした。

そうそうに帰宅してテレビジイサンをしていました。
健康的なスポーツも
ボランティアも無縁な暮らしです。

何も役割がなく、計画も予定もない。
それがいいですね。

・・・・・・・・・・・

頑なな思いと頑張りそれはなくのぞみは小さくあきらめ早く  あきオジ

・・・・・・・・・・

f0117041_14101226.jpg


「刑事フォイル」を見ました・
主人公フォイルの洞察力もさることながら
女性運転手のサムの活躍も面白いですね。
彼女政治家志望の青年と恋仲になります。

破天荒の行動もありますが、とんちんかんな行動で危機にはまることもあります。
今日は政治活動をしているときメディアのサービスをするのですが、
反対勢力の策略でメディアにあたかも彼の主張と齟齬があるかのようなポーズで写真を撮られてしまいます。当然、新聞で利用されます。

いかにもイギリス
ジェームス・ボンドが登場する国ですね。

もっとも、日本でも形が違ってもありますね。

利用する方も利用される方もどっちもどっちですね。

日本では政治家を悪者に仕立てることで収めようとしますけれどね。

将棋は菅井VS村山でした。
将棋で生計を立てるのも大変ですね。
才能があり、好きなことで生計を立てる。
それもありかという気もしますが
それはそれですね。

NHK杯の囲碁トーナメントを見ていました。
「高尾VS許」の対戦でした。
緊迫した展開でした。
勝ち負けにこだわる私の性分は疲れてしまいました。
録画したものであれば早送りして結果を先にみたかもしれません。

ですから野球、サッカー、相撲などは見ません。
10対0位の試合でったら見るかもしれません。

ロックバンド「湘南乃風」のライブがあったので見ました。
珍しく政治的な内容もあり、歌詞で聞かせるラップでした。
始めて聞きましたが、聴衆の巻き込み方が巧みですね。

でも、長淵剛もそうですが、思いれが過剰だと
説教がましいですね。
でも、ファンも心得た反応をしていました。

それにしてもライブでの演奏時間は長いですね。

・・・・・・・・

夢を持ち追い続けても何もないどこにもないかもそれもありかも  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-09-21 05:00 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月20日  暑い一日なりましたね。

f0117041_13443255.jpg


汗びっしょりの一日になりましたね。
帰省しているのでしょうか電車は空席が目立ちましたね。

金曜日に彼岸花を楽しめてよかったです。

今日はブックオフをひと廻りして終わりです。
散歩は前日したので控えました。

テレビ小僧で一日過ごしました。

・・・・・・・・・

いいことも悪いことさえ呑み込んで死んでいくのさひとそれぞれに  あきオジ

・・・・・・・・・・

f0117041_1345698.jpg


「刑事フォイル」の後半のシリーズをみました。
戦争前の危うい気分が流れると
国家のためというもっともらしさの人もいれば
金もちに這いあがるチャンスととらえる人もいるし
それぞれの政党は権力闘争であったり
むき出し気分です。

庶民を犠牲にしてと大声で批判する人もいれば
大政翼賛会のようなお人よしの人もいます。

さまざまな人があれこれいいだして
破れ出したところから土砂がながれだす時代の気分を背景にして
個別の事件をとりあげていますから

ドラマとしても、迫力があり、スリリングですね。

「落語研究会で」は柳家さん喬が格調高く旅籠を舞台にした落語を演じてました。
後半では五街道雲助の古典落語がありました。
格調高く品のある落語家ですね。
安心して聞いていました。

「落語研究会」は土曜日の楽しみです。

落語は喬太郎の「芸賓館」と「落語研究会」を録画して繰り返し見ています。

午後からは、EXILEの特集番組を見ていました。
聞くだけの音楽から見るを楽しみ
歌とダンスが台頭になった最初のグループかもしれませんね。
マッチョなダンスなのですが歌はハイトーンです。
日本人に馴染むのでしょうか。

さだまさし、小田和正、井上陽水いずれもハイトーンですね。

「クイーン」のマッチョで圧倒的な量感のある音楽とも違っています。
コピーだという批判もあるでしょうが
可能性を広げたグループですね。

4時間たっぷり御馳走になりました。

ブログの更新準備もできましたし
お絵かきもしましたので
「まあ、いいか」です。

・・・・・・・・・

健康な精神引き出し支え合うそんな絵がらもとうに消えた  あきオジ

・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-09-20 05:11 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月19日  土曜日は落語から始まります。」

f0117041_17361991.jpg


スキマスイッチのライブを聞いて一日が始まりました。
早口言葉で延々とつながるのですね。

埼玉県日高市の巾着田にでけました。
雨の天気予報がちょっとだけ外れたのです。
土曜日は人であふれますので一日早くしました。
彼岸花は満開でした。
人は雨のせいでしょうかそこそこでした。

チリで地震があり、津波警報がでましたね。
関係ない顔しているのも申し訳ない気もします。

時代のときどきの正義も100年単位でみるとインチキくさいし
そのような見方も1000年単位でみると意味不明ですね。

とりあえず「つじつまあわせ」に過ぎないのですね。

f0117041_17365819.jpg


「ポワロ」の特集を放映して流していました。
イギリスミステリーは「ポワロ」だけです。
他のシリーズはしばらく休憩です。

そんなことで「ポワロ」を見ていました。
ほとんどのエピソードは見覚えがありました。

どのエピソードも上流社会が舞台ですから
でてくるのは立派な建物ばかりです。
家具も立派です。
登場する車は上等なものですね。
それがポワロのコンセプトなのでしょうね。

そんなことを知ると
どうしてイギリスの食事がいまひとつなのか理解できません。
もっとも私はイギリスに行ったこともありませんし、食べたこともありませんがね。

「スキマスイッチ」のライブをブックオフで見つけましたので手に入れました。
野外ライブの古典的な展開でした。
額縁画面のスタイルですね。

今は球場などを立体的に使っていますし
縦横自在ですね。

音楽は聞くもの
そんな常識が失われましたね。

テレビが登場し
音楽は聞くもの、そして見るもの

それが「とりあえず」のバックコーラスから
ダンスと歌が同じような重さになり

今は音楽処理も画像処理あり

全体的になりましたね。
クラシック音楽も映像を打ちだした
スタイルに変わるのでしょうかね。

そんなこともありますが
ライブのDVDには時代の気分があって面白いですね。
会場に集まっている人も
中途半端に参加しているのではなく
ステージを動かしていますね。

リードしているのは女性ですね。
by hiramekarei | 2015-09-19 05:41 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)

9月18日  雨が続きますね。

f0117041_553095.jpg


朝から雨でした。

ロックバンドのスキマスイッチの盛り上がりをDVDで楽しみました。
以前はなかった楽しみ方ですね。

ついでにクイーンのライブを聞いて一日がはじまりました。

元気が引き出されます。

ブログの更新を朝のうちにすませると
あとは、おまけの時間のような開放感があります。

朝日新聞のサイトで
自分の子どもを餓死させるという事件があったことを知りました。
「あんなの人間じゃない」と言う人もいますが
「人間だからする」という用法がそれらしく思えます。

警察官の強盗殺人事件
これも、事実は知りませんが「信じられないことは起こり」
「あってはならないことも起こる」のですね。

・・・・・・・・・・・

それぞれが暮らす知恵ありならいあり入り混じりては争いも起き  あきオジ

・・・・・・・・・・

f0117041_555713.jpg


現在、ミステリーチャンネルは「ポワロ」と「コロンボ」で埋め尽くされています。
ですから、「刑事フォイル」と「フロスト警部」の録画したものをみています。
冷静で慎み深いフォイルと猪突猛進で行動が先にくるフロスト
どちらも魅力的です。

日本のミステリーはまだ見ることがありません。
そのうち気が向くかもしれません。

しばらくは別のジャンルを楽しみにしましょう。

「路線バスの旅」青森方面が今回の旅です。
といっても以前放映されたものです。
なぜか、この番組が好きなのです。

元アイドルとか夫婦が仕組まれた段取りで高級料理を食べる旅番組はもう終わりですね。
意外性があり、当たり前が基本のものでなくては好まれませんね。
「こころ旅」は自転車で日本縦断する。
撮影スタッフも画面に取り込む手法
高級旅館やホテルでの会食はなき駅弁程度
多くは大衆食堂のオムライス、地元グルメは出てこない。
この企画が当たりましたね。
火野正平は画面の中でもマイルドセブンを吸っています。

「グレートトラバース」も日本200名山徒歩による踏破です。
カメラマンが先に登頂していて
登山者を「やっと登頂しました。」という画面を撮るという取材班を隠す手法はとっていません。
安心しますね。

そして「路線バスの旅」がお気に入りです。
やらせなしの本番主義です。
でも、出演者の手荷物がなく、毎日服装が違っているのですから
サポート隊がいるはずなのにないかのように見せかけるなど
不徹底なところもあります。
そこまで暴露すれば面白くなるでしょう。

あらかじめ下調べしないと企画できないあれこれや
バスの旅の狙いがいささか怪しいのが気になりますが
蛭子のいい加減ぶりが内容を豊かにしてくれます。
当たり前のぐうたらが雰囲気を作ってくれる時代になったのですね。

金のある常識人の高級ホテルの旅はもう役目をはたして終わりですね。
それにしても芸能人の家族旅行とか誰が見て楽しいのでしょうかね。

将棋は三浦VS丸山そして銀河戦佐藤VS丸山の二局を見ました。
丸山が二局とも負けました。
もちろん、テレビ放送は以前あった対局を録画しておいて後日放映するのですから
連敗したわけはありません。

それにしても集中力というか先を読みとる能力は半端じゃありませんね。
将棋は形勢が有利でもどんでん返しがあります。
きっと、素人ははらはらどきどきしているときには
勝敗を見とおしており
いわゆる「形作り」をしているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・

「居場所」ある暮らしならば耐えられる夕日が教えるたわいないこと  あきオジ

・・・・・・・・・・

家族愛とか慈悲だとかはどこか「作り上げた物語」は現実味がありません。
いい悪いは別として自分らしくいられる「場」がないと生きていけませんね。

そんなこと言えるような立場ではありませんね。
by hiramekarei | 2015-09-18 04:51 | 巾着田の彼岸花 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧