朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ

カテゴリ:美術鑑賞( 44 )

2月4日 来週また雪が降るとか

f0117041_16113363.jpg


それでも寒い日が続きますね
朝のうちブログ更新をして
デニーズでコーヒーブレイクをして
水泳をしたら
もう昼過ぎです。
年を取ると一日が早いですね。

競い合い比べあうのが苦手なら一人の世界
比べられない楽しみを生み出せばいい
それだけのこと
同じを求めることが間違いの始まり

・・・・・・・・・・・・・・・・

分別の真ん中にある仲良しのいたわりあいが闇を生みだし  あきオジ

思想さえ十年たてばごみ同然力技だけ闊歩しており  あきオジ

理由などあとからどうでもつくと了解される乱射事件あり あきオジ

仲良しもそれなり意味あるこどだけど一人を楽しむそれが始まり  あきオジ

・・・・・・

暴力団あいさつ回りのことはじめ あきオジ

・・・・・・・・・・

衾(ふすま)から顔出してよぶ菜うり哉  一茶
(一茶の取り上げた景色は昭和の時代までつながっていますね。)

f0117041_17265461.jpg


将棋加古川清流戦という
新人の登竜門というべき大会で稲葉さんというアマチュアが優勝しました。
アマチュアにはアマチュアの目指す高みがあるものですね。
ちょっと感動しました。

老人には老人でなければ見えない風景があり
楽しみ方があるのですね。
下手は下手なりでいいのですね。

それにしても年に数名しかプロになれないとか
狭き門なのですね。
力つくして狭き門に入れなくても
広い門なら無限の包容力がありますね。

「カーテン」ポワロの最終回です。
この事件でポワロは死にます。
死因は老化です。

俳優も声優もそれなり年をとります。
仲良く老化していくのが面白いですね。
最終回だけあって仕掛けは大きいですし
猟奇的殺人を取り上げています。

殺人事件はこれから先もなくならないでしょうし戦争のない時代は永遠に来ないでしょう。
私もそうですが、どうして人はミステリーに夢中になるのでしょうかね。
平和を願うのと別の道筋なのでしょうかね。

最近、解決の糸口への関心より
なぜ殺人者まで正義の世界は押し込めてしまうのか
その残酷さに興味がありますね。

「スキマスイッチ」ライブのDVDを流しました。
自慢ではありませんが、このDVDは購入したのです。
お気に入りなのです。
「ファンキー・モンキー・ベイビイズ」が活動を停止した後
次に面白がるグループを探していたとき
小田和正の「クリスマスの約束」に出演していた二人に遭遇して
「この二人だ」と思ったんです。

それ以来、ミュージック番組をチェックしていたのですが
面倒なので買い求めてしまいました。

次は「スターダストレビュー」を予定します。

先日、「高橋真梨子」「中島みゆき」「玉置浩二」の特集番組が入って
順序が揺れていますが「まあ、いいか」です。
by hiramekarei | 2016-02-04 05:08 | 美術鑑賞 | Comments(0)

1月28日 中島みゆきにはまったままです。

f0117041_21111620.jpg


キルト展の作品です。
私にはここまで精緻に仕事する根気も粘りもありません。

・・・・・・・

つらいこと始まることは終わること明日は明日の日が昇り  あきオジ

役職にしがみついてどうするの名刺はあなたを語りはしない あきオジ

残酷な傍観者としてすり抜けた若い時代が復讐はじめる  あきオジ

・・・・・・

いつも一人で赤とんぼ  山頭火

・・・・・・・・・・・・

とにかく始めることですね。
三年続ければ姿が見える。
考えるのはそれからでいい。

・・・・・

教養人それなり俳句の初茶会  あきオジ

f0117041_2110819.jpg


ポワロ「ヘラクラスの難行」を見ました。
最晩年のドラマです。

ポワロ役の俳優も吹き替えの声優も高齢になり
顔つきも声も衰えを感じます。

アガサ・クリスティーいろいろ見ましたが
殺人ゲームしか見えてきません・
それでいい人には楽しいでしょうが
それでは物足りない人もいるものです。


「中島みゆき」を毎日見ています。
彼女のいわゆる「作り笑い」しているような表情
演技している自分しかみせないところがプロですね。
きっと、渥美清にしても高倉健も同じ傾向にあったのでしょうね。

渥美清を演じている人がいて
高倉健を演じている人がいて

中島みゆきを演じている人は誰だろう。
そんな見方をしています。
演じている中島みゆきは
顔を出してはいけないのです。

演歌歌手のように感謝したり、傍によったりしてはいけないのです。
それを本人が一番よく知っているのでしょう。

それがかっこいいですね。

「銀河戦」(佐藤VS小林)
スリリングな進行でした。
今日は昨日のおさらいでしたが
将棋盤の駒が自己主張しているようで面白いですね。

でも、私には「自分の居場所」で一生懸命な若い人がまぶしく見せます。
by hiramekarei | 2016-01-28 05:08 | 美術鑑賞 | Comments(0)

1月27日 何か始めないとじり貧になりますね。

f0117041_17502268.jpg


ことの始まりです。
パソコンでの絵遊びです。
とにかく、手書きのものにしたかったのです。
写真はきれいではありますが、自分を表現するのは至難の業ですね。

花の写真は飽きました。
ですから埋め草だと思っています。

とりあえず、ぼちぼちとやっていきます。

・・・・・・

残すもの何もなくて伝えたいそれもなくて夕日が赤い あきオジ

・・・・・・・

何のためため四十八年生きてきた頭かしげてみてもわからず 山崎方代

・・・・・・・・・・・・・・・・・

何もかも触れえて足りぬ雪つづき  あきオジ

f0117041_17483971.jpg


銀河戦(佐藤VS小林)伊藤慎吾解説
素人が見ていてもスリリングで面白い将棋でした。
こんなことがあるのでやめられないのですね。
対局を見ているだけで二時間はアッという間に過ぎてしまいます。
どうやら暇つぶしとして馴染んできました。

「刑事フォイル」飛行機のパイロットだった若者がストレスのため
パイロット症候群になるエピソードがからんでいました。
イギリスミステリーは登場人物が多くいくつものエピソードが交錯するので
理解するためには二度三度とおさらいしながら見なければなりません。

暇つぶしになるのですが、相当のひまがないと大変です。
二時間番組なので、将棋とミステリーで一日が終わってしまいます。

「喬太郎の芸賓館」
喬太郎は過剰なくらいに気遣いし
慎重な配慮をする落語家です。
公務員もできそうですね。

白酒の「新三十石」を聞きました。
品があり、堂々としていて気持ちがいい落語家ですね。
卑屈さがないのがいいですね。

市馬の「三十石船」は絶品ですね。
この落語家は名を残しますね。
さん喬、市場、権太郎がベテラン組で追っかけたい落語家です。
それ以上になるとまだまだいっぴいますね。
品があるし、人物描写が的確ですね。
当分楽しめる落語家です。

なれてくると
それぞれの落語家に味があると言いたくなりますね。
by hiramekarei | 2016-01-27 05:24 | 美術鑑賞 | Comments(0)

10月6日 

f0117041_2021880.jpg


すっかり、秋の気分ですね。

立川で発見した「芸術です」
本人が芸術だと言えばそうなのしょうね。

でも、こだわりをもって表現できるって素敵ですね。
これは技術という後付けがなければできないことですね。

・・・・・・・・・・・・・

それとなく駄菓子商う婆さんに「ほっ」を見つける百日紅のにわ  あきオジ

・・・・・・・・


f0117041_2024773.jpg


「玉置浩二」の歌番組を見ました。
いいですね。スキマスイッチがゲストで出ていました。
いま、一番の歌手です。
自分の声を自在にコントロールし
目いっぱい表現する。
そんな時代なのですね。


「刑事フォイル」も順調に見ています。
警察、軍隊の癒着などがごろごろ登場します。

先生も裁判官も同じ人間
考えること間違えること
どれもこれも同じなのですね。

それにしても裁判官が金欲しさに
幼い子を罠にかけて殺害し、自分を被害者に見せかけるなど手の込んだことをし
あげくのはての妻に撃たれて殺される。

いただけない内容でした。

人を殺害した人は、そのことが地獄であり
生き伸びるとすれば、その日々が地獄なのですね。

・・・・・・・・・・

今朝もまた無病息災祈りつつパソコン開くまっ白な始まり  あきオジ

・・・・・・・・・

金があると買えるものは買える。
でも、買えないものは手に入らない。

あたりまえのことが分かるほどに未熟なのですね。
by hiramekarei | 2015-10-06 05:03 | 美術鑑賞 | Comments(0)

10月5日  日ざしの強さがコスモスに影響しましたね。

f0117041_1725404.jpg


昭和記念公園に展示さえていた彫刻です。
時代は形式を変えてしまうのですね。

日曜日ですが仕事をしていないと曜日感覚が怪しいですね。
ファミレスに寄って
ああ、今日は人が多いなと思い
今日は休日?
そんな暮らしです。

・・・・・・・・・・・・・・

意味さえもつっかえ棒になるていど仕事だけが生きがいじゃあるまい  あきオジ

・・・・・・・・・・・・

f0117041_17255886.jpg


日曜日は朝からテレビジイサンです。
「こころの時代」今日は医師で牧師の方のホスピスの話を聞いて
いました。
もっともな内容ですが、全体を包むものは歪んでいるような気がします。

心を浄化してからNHK俳壇を見ます。
刺激的な言葉がありはしないかと思うからです。
教養的な言葉の並べ替えだけでした。

それが終わると古民家で田舎暮らしを体感する「はれ、ときどきファーム」とかいう番組を見ます。
この番組、出演者の若い二人が爽やかで賢いので楽しい番組です。
再放送を見ています。

ファミレスで「刑事フォイル」を一話見ました。
カプチーノ一杯で、二時間近く居座るのですから
迷惑でしょうね。
平日なら水泳に出かけるか
写真を撮りに行くのですが、
日曜日は市街地に出てしまいます。

「グレートトラバース」(200名山踏破)をDVDに移しながら見ていました。
イラストを描くのが楽しみです。
いつか公開できるようになりたいですね。

将棋はNHK杯ベテラン久保と若手藤森の対戦を見ました。
これで一日が終わりです。


食事を記録するだけでも自分史になりますね。

・・・・・・・・・・・

シャボン玉親子を映して飛んでゆく一気に消えるそれもいいね  あきオジ

・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-10-05 06:22 | 美術鑑賞 | Comments(0)

6月19日  天気がよさそうです。

f0117041_5575356.jpg


天気がよければ外に出たいですね。
今日は昭和記念公園に出かけようと思います。
出歩くことが一番楽しいですね。

徘徊老人へいちもくさん
そんな感じです。

人に笑いを提供する。
笑顔をあふれさせる。

それが一番安直ですがいちばんの人生のような気がしてきました。

・・・・・・・

笑顔からことははじまりお笑いの暮らしにしたてるそれがいいかも  あきオジ

・・・・・・・

発想を切り替えるだけでいろいろな生き方が可能なのですね。
最近、思うのです。深刻な顔して
真面目な態度をとるのは、とりあえずはいいけど
次元が低い

f0117041_673768.jpg


笑いこそ老人求める道草かそんな思いが浮かんでは消え  あきオジ
by hiramekarei | 2014-06-19 06:07 | 美術鑑賞 | Comments(0)

1月21日  ジャンクアート

f0117041_17142349.jpg
f0117041_17144015.jpg
f0117041_1715032.jpg
f0117041_17152540.jpg


立川で展示会がありましたので覗いてきました。
廃物利用のアートということになるでしょうか。

できがどうか素人には分かりませんが
作品は面白いですね。
廃物の利用の仕方が巧みです。

・・・・・・・・

しつこいと言われるほどに饒舌で言い訳多き治らない癖  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2013-01-22 17:18 | 美術鑑賞 | Comments(0)

9月4日  

f0117041_5585164.jpg
f0117041_559015.jpg
f0117041_5591339.jpg
f0117041_5593119.jpg


神代植物公園の「押し花」の続きです。

・・・・・

説教をしたがるまでに貧しくないされど寂しき朝顔の花   あきオジ

もめごとを聞きし夕べの道遠くひとりあるきのたよりなきさま  あきオジ

ときたてばもの言う人が増えてきて寂しき秋は悲しくもあり  あきオジ

・・・・・・
by hiramekarei | 2011-09-04 17:58 | 美術鑑賞 | Comments(0)

9月2日  台風の影響で大荒れです。

f0117041_17165326.jpg
f0117041_1718042.jpg
f0117041_17182382.jpg
f0117041_17184329.jpg


神代植物公園の「押し花」の展示会の出品作品です。
九月は仕事がたてこんでおり、更新する余裕が作れないかもしえません。
まあ、そのときは、そのときの話です。

・・・・・・・・・・・・

寒いので落葉を焚いてこの冬もここに籠りて待ちくらすかな  方代

・・・・・・・

境涯を語る起伏もありもせず短歌を作る夕餉のサラダ  あきオジ

こんなことあんなことさえきずかれぬ誰にも見えぬ山の夕暮れ  あきオジ

多分そうきっとそうだと思いこむ昨日に続く明日の不思議さ  あきオジ

思いつきそれだけでいいわが言葉それ以上は自分ではなし  あきオジ

あのころも居場所違っているような歌作りする居心地不思議  あきオジ

(「不思議」に逃げないで言葉を見つける。それもいいけど、それができないのです。残念)

・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2011-09-02 17:17 | 美術鑑賞 | Comments(0)

8月6日  あらゆるところに工夫は進化しますね。

f0117041_7101269.jpg
f0117041_7103415.jpg
f0117041_7104822.jpg
f0117041_711313.jpg


最近、工事現場を覆うパネルのデザインに工夫が凝らされています。
面白いですね。
こんな看板に夢中になるのもいいかもしれません。

・・・・・
by hiramekarei | 2011-08-06 07:14 | 美術鑑賞 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧