朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

カテゴリ:スカイツリー( 73 )

5月5日 こどもの日

f0117041_510193.jpg


スカイツリー周辺です。
スカイツリー景気に便乗した商店がは峠を越したようです。
目先の利益を追いかける人生は疲れますね。

したいことをしたか
人生の物差しはそんなところにありますね。

このごろ気分は爽快です。
身を軽くしてしたいことをしたいだけ
年を取るとよくはないものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「とりあえず」似つかわしい  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死の準備それも楽しき旅に似てこころ弾む営みになり  あきオジ

本捨てて背広も捨ててひたすらに自分を隠すなぜだろう  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春の海のどこからともなく漕いでくる 山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_593772.jpg


ドラマ「ながらえば」
1982年の作品です、
笠智衆主演の老人問題を取り上げたドラマ
笠智衆のそこにいるだけで人生を表現する俳優はめずらしいですね。
お気に入りの俳優でした。

「こころ旅」長野編です。
この番組だけが「ほっとする」番組です。
朝と晩の放映を見ています。
街道筋でであう人たちの生活のにおいがいいですね。

録画しておいて繰り返しみています。

将棋
銀河戦
どうやら解説を聞きながらですが
どちらが優勢か見えてきました。
by hiramekarei | 2016-05-05 05:47 | スカイツリー | Comments(0)

5月4日 「消息たより」のようなもの

f0117041_5525387.jpg


東京スカイツリーのインテリアです。

すっかり疲れてしまい二度寝しました。
気分はそこそこです。

日記代わりのブログですが、気力がとぼしくなりました、
続けることにしかがありませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

苔むした感想 日々の暮らし あきおじ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日もある明日もあると疑わぬ子ども同じ春の空なり  あきオジ

雨降りの連休中日のマンションはこどもあふれるそれぞれの朝 あきオジ

いそいそと仕事に向かう人もあり病院通いは自慢にならず あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ころし寝ころべば青空  山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_552243.jpg


「秋日和」
小津安二郎監督作品です。
黒澤明作品もそうですがおマージの意味しかありませんね。
原節子が登場しない二番煎じの作品は物足りないですね。
「晩春」と同じですね。
娘を嫁に出した男の「淋しさ」を映像化したものです。
笠智衆げ演じる父親とその仲間とのやりとりで雰囲気を盛り上げて
親子のやり取りを進めます。
親が決めた縁談を軸に展開する。
そんな時代風景が懐かしいですね。

「銀河戦」
先崎VS北島
峠を過ぎた棋士と若い棋士との対戦ですが
だいたい、組み合わせで勝敗が見えますね。
昔習得した技術を駆使しただけですが
若い棋士はそのような手法は研究済みなのですね。

峠を過ぎて努力しない棋士の悲哀もありますね。

朝NHKBSの幼児番組「ワンパコホテル」を見ています。
ほのぼのさんと犬のわんわんがお気に入りです。
なんとなく見ているうちに好きになりました。
幼児番組にしては台詞の雰囲気がおしゃれですね。
by hiramekarei | 2016-05-04 06:10 | スカイツリー | Comments(0)

5月3日 スカイツリー

f0117041_20285976.jpg


スカイツリーの展示です。
だんだんと体の柔軟性が弱まり
立ち上がるのさえ負担になりました・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕掛け花火 そうかもしれない  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生きがいを仕事に求める愚かさを切り捨てられる現実にみる あきオジ

気休めに趣味に生きると豪語するつかの間の夢生まれて消えて  あきオジ

過ぎ去りし栄光の日々語るよりほかにないのか老人たちよ あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある朝の出来事でしたこおろぎがわが欠け茶碗とびこえゆけり  山崎方代

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0117041_15473326.jpg


NHK杯小学生将棋大会
元気な小学生の大会の模様を放映していました。
自分の「好き」を「生きる」につなげる。
そんな子どももいましたね。
そんな面白さがある世界なのかもしれません。

「グレートトラバース200名山」
テレビでは東北の山を縦走中です。

「こころ旅」は長野県に入りました。
山の見える風景はいいですね。

NHK杯将棋トーナメント
木村一基が登場しました。
なぜか、才気あふれる語り口がいいですね。
将棋指しているときよりも解説しているときの方が生き生きしています。
by hiramekarei | 2016-05-03 05:46 | スカイツリー | Comments(0)

5月2日 久しぶりのスカイツリーです。

f0117041_15453485.jpg


亀戸の藤を見学に出かけましたが、終わっていました。
「船橋屋」で葛餅を食べました。
それからスカイツリーまでキリコ工房に立ち寄りながら歩き回りました。
まだまだ元気です。
でも、とても疲れました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歩くことで広がる 春  あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

疲れてもそれを感じぬ年寄りのしたたかさとは魔物のようだ あきオジ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨だれの音も年とつた  山頭火

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f0117041_15451242.jpg


NHK杯将棋トーナメントで木村一基が大逆転で勝ちました。
ファンとしては対戦をたくさんみたいです。
彼の解説もいいですね。

NHK小学生将棋大会が放映されていました。
天才少年はいるものですね。
素人ですから、どこがどのように強いのかわかりませんが解説を聞いて「なるhど」と思いましたね。

クラシック音楽館でマーラーの「亡き子を偲ぶ歌」を聞きました。
ときには、「しみじみ」もいいですね。

f0117041_1544346.jpg

by hiramekarei | 2016-05-02 04:45 | スカイツリー | Comments(0)

9月28日 秋の気配が深まってきました。

f0117041_4552257.jpg


スカイツリーです。

スカイツリーのカテゴリーで見れば
建築中の姿を見ることができます。

興味ないでしょうが
写真を撮った思い出もあり
私には興味深いです。

伊香保温泉にでかけました。
丁寧にいえば
連れて行っていただきました。
人がいっぱいでした。

石段の温泉でした。

・・・・・・・・・・・

どれもこれも言い訳ことばにすぎないと気づく山の霧は深い  あきオジ

・・・・・・・・・・・・

f0117041_4561613.jpg


「日曜美術館」で「まどみちお」の画業を紹介していました。
詩人が抽象絵画に熱中していたことを知り興味深いものがありました。

私も「草間彌生」の真似をして心象風景とも言える絵を描いてアップしようと思っていたので
いいきっかけになりました。

来年正月までにスタートしたいですね。
でも、気負いがないようします。

・・・・・・・・・

透かし見える何かに気づくそのために言い訳言葉を捨てること  あきオジ

・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-09-28 05:12 | スカイツリー | Comments(0)

9月24日  平日に戻るのですね。

f0117041_5454955.jpg


寝坊しました。
といっても午前五時です。でも、すごくもったいないことをしたなという思いになります。
昨日は、スカイツリーを楽しむために浅草とスカイツリーを往復してしまいました。
そのせいでしょうか、疲れました。

朝のうち、スキマスイッチを録画しておいたので見ていました。

でかけたのですが、気分が乗らないので本屋を一巡しただけで
戻ってきてしまいました。

・・・・・・・・・

幸福は思わせぶりの未来形信じる惨めさいつごろ捨てた  あきオジ

・・・・・・・・

ごろごろしながら録画しておいたライブを聞きながらお絵かきをしているのが
一番の至福のときですね。

草間彌生を思いながら元気をいただいています。

f0117041_5461469.jpg
f0117041_5465295.jpg


・・・・・・・・

夢見れば二つの人生楽しめるそんな贅沢老人のもの  あきオジ

・・・・・・・・・・・

老人が見る夢は覚めても困りません。
目が覚めても遅刻することはありませんし
死んでいることもないのですからね。

「稲垣潤一」のライブを聞きました。
これまでなったくの無縁でした。
馴染むのに時間がかかる歌手なのかもしれません。

別の「スキマスイッチ」のライブを聞きました。
年寄りにはどれも同じということですね。
でも「奏」という曲は聞きなれてきました。

「ターシャ・チューダー」をNHKで放映していたので見てしまいました。
絵本作家で古典的な暮らしぶりを貫き通した人ですね。
NHKだけでなく、教養ある女性なら興味もつ人ですね。
老人の私でも、何度見ても刺激を与えられますね。

年寄りの嬉しいことはこぼしたものを拾い集める余裕があえうことですね。

これまで素通りしてきた商店街のようなもので
ひっかかりがありませんでした。

「高橋真梨子」をカラオケレパートリーにしているのですが
あっさり歌えるほどの技量がありません。
彼女は偉大ですね。

「ポワロ」も連日見るのは得策ではありませんね。
作者と言うかテレビドラマ脚本家というか
ドラマを作る人の癖が見えてきてしまうのですね。

ときどき、そんなものを感じますね。
by hiramekarei | 2015-09-24 04:02 | スカイツリー | Comments(0)

9月23日 いい天気になりました。

f0117041_1792859.jpg


念願のスカイツリーに出かけました。
明日アップします。

待ち時間の多さに圧倒されました。
一日がかりのイベントでした。
とにかく疲れました。

・・・・・・・

気遣いの多さが人を傷つける知らぬが仏そのままでいい  あきオジ

「あるべき」が静かに崩れる日々なれば流れのままで恐れもなくて  あきオジ

・・・・・・・・

f0117041_17103110.jpg


スキマスイッチのライブを見てから出かけました。

言葉がさだかでないのが気になりますが
それはそれなのでしょう。

言葉は楽器である。
そんな読みとりかたもあるのかもしれませんね。

古典的な愛だとか恋だとかもっともらしく並べるなら不要ですね。

そう言えば、個人的趣味の問題ですが
あれこれしたいこともあるので、出かけるのはほどほどがいいです。

スカイツリー踏破のために
将棋番組を見ることができず
お絵かきの時間もなくなってしまいます。

高橋真梨子の2009年のライブを録画しておいたのを聞きました。
女性歌手の中では抜群の歌唱力ですね。
とくにスローバラードの低音の響きはしびれますね。
ちあきなおみ、中島みゆき、高橋真梨子がお気に入りです。
この三人でいまのところ間にあっています。

・・・・・・・・・・・・・・

気遣いと気配り競争したがりしいい人だらけのお疲れの日々  あきオジ

・・・・・・・・・・・
by hiramekarei | 2015-09-23 05:35 | スカイツリー | Comments(0)

4月13日  スカイツリーとも御無沙汰でした。

f0117041_17455215.jpg
f0117041_17461279.jpg
f0117041_17463283.jpg


昨日、浅草に出かけました。
浅草寺の池も見学しましたし
スカイツリーの新しい撮影スポットも見つけました。

・・・・・・・

春の陽を冷たい風が横切ってぼんやり親爺はとまどっている  あきオジ

・・・・・・
by hiramekarei | 2013-04-13 17:50 | スカイツリー | Comments(0)

3月12日  もうすっかり春の気分ですね。

f0117041_16484495.jpg
f0117041_1649498.jpg


水泳をしてきたらすっかり疲れてしまいました、
家で居眠りです。

・・・・・・・

花粉症春の行事になったのはいつごろからかどうしてなのか  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2013-03-12 16:54 | スカイツリー | Comments(0)

12月20日  今年暮れは寒くなりそうです。

f0117041_555739.jpg
f0117041_562676.jpg
f0117041_572293.jpg


スカイツリーにもそろそろ登らなくちゃ
そんな気になっています。

・・・・・・・

足のまま気分のままに歩いてるそんな自分にそこそこ満足  あきオジ

・・・・・・・
by hiramekarei | 2012-12-20 05:11 | スカイツリー | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧