朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

12月17日  どんぐりを摘まみ上げる平成の子

f0117041_03542260.jpg
鎌倉です。


ラジオ体操のおかげでしょうか。
そこそこ快適です。

今の時代の常識は50年後の非常識。
正義論に群れない。

山本周五郎「赤ひげ」
「おくめごろし」日本昔話であることを再確認。
テレビドラマでは小説と違った配役でした。
役者の演技力のせいでしょうか。
展開が唐突でした。

「なかにし礼」を取り上げた番組をみました。
戦後の修羅場
兄弟という宿業を背負った「すごさ」がありました。

将棋「竜王戦」
羽生VS渡辺
ダイジェスト版を見ました。
深く読める人には興味あるのでしょうね。

「阿久悠リスペクト」番組を見ました。
時代をえぐっていますね。


f0117041_03551036.jpg


正論にしがみいつく人より反対がわも語れる人の話を聞きたい


f0117041_03563700.jpg


縄帯の倅いくつぞ霜柱  一茶

f0117041_03572919.jpg
  1. 髭おやじ「ごくろうさん」も「ありがとう」もやさしくなりし壁補修  あきオジ

# by hiramekarei | 2017-12-17 03:57 | Comments(0)

12月16日 寝坊する老人暮らしも年の暮れ

f0117041_06011434.jpg

御茶ノ水駅です。

寝坊するほど元気です。

金をばらまき
依存的にしてしまう手法はいつの時代も同じですね。

山本周五郎「赤ひげ診療譚」
「おくめ殺し」をドラマ化したものをみました。

大人の昔話ですね。

読み続けると展開が読めてしまいますね。
ほどほど
ぼちぼちがいいですね。

そういえば、「刑事フォイル」「フロスト警部」というミステリーでも同じような経験をしました。

「中島みゆき」リスペクト番組を見ました。
録画しておいたものです。
久しぶりです。
お気に入りです。

将棋の羽生と囲碁の井山
七冠達成で国民栄誉賞授与活気がでていいですね。



f0117041_06014285.jpg

ふりかえらない。言い訳をつくりださない。



f0117041_06022298.jpg

寝るてふにかしておくぞよ膝がしら  一茶

f0117041_06031309.jpg
書置きが浮かんでこない怠惰なる横着じじいは言い訳巧み


# by hiramekarei | 2017-12-16 06:03 | Comments(0)

12月15日」 としよりをわきに押しやり風が抜け

f0117041_05095493.jpg

鎌倉です。

年をとったら「疲れた」と嘆くより「暇ね」がいいかもしれませんね。

孫のことを気にすることはあっても
孫の子を想像できないですね。

ひ孫の時代を気にすることはない。
自分の描く未来とはその程度かもしれない。

「赤ひげ診療譚」を一話読了
名前を仕分けて覚えるのが大変です。
山本周五郎は「爽快などんでん返し」がお好きなのですね。

「刑事フォイル」もそうですが
テレビドラマにするとスピード感がありますね。
何と言っても楽です。
でも、内面表現は乏しいですね。

将棋「銀河線」みました。
アマチャンピオン登場です。
将棋チャンピオンですがプロになれなかった人です。
若手プロに負けました。

「地球劇場」
谷村新司のワンマンショーです。

更新作業のときに流しています。

f0117041_05105566.jpg
世間話はそこそこの相槌ていどで深入りしないのが老人の知恵

f0117041_05120809.jpg


老が身の値ぶみをさるるけさの春  一茶


f0117041_05130964.jpg

恨みこめ愚痴を始めた老人を「終わり」と仕切る月曜日の午後  あきオジ




# by hiramekarei | 2017-12-15 05:13 | Comments(0)

12月14日  間の抜けた師走ですかそれもあり

f0117041_05315475.jpg


昭和記念公園です。

プールでトレーニングしたためか足腰がフラフラです。
ほどほどでいいのですね。

経済的繁栄を求めている限り
飢餓感は増幅する。
そんな気がします。

時代には王道や「ありたい形」などありはしないのですね、

清原啓子「銅板画」展覧会を見学しました。
息の詰まるような緊迫感のある作品でした。
素敵だけれど「お疲れさん」


倉本聰「100年インタビュー」
作品は分別臭く好きではありませんが、行動し、動き続けたことがすごい。
脚本は虚構を作り出し「あるかもしれない」と思わせる。
そんな「摩訶不思議な世界」です。
プラトンの「イデア論」を思い出しました。

いきものがたり水野良樹
「阿久悠をめぐる対話」を見ました。

短歌がそのやくわりを終え
「歌詞」という表現形式が誕生した時代なのですね。
先が見える展開で「上品な総括」の短歌より
浮遊感がある音楽の「歌詞」が面白い。

演歌から突出した「大人の童話」が見つかるかもしれませんね。
今は安直な「未練」ばかりで魅力的な女性が登場しませんね。

将棋「銀河線」
「屋敷VS青島」おさらい。

「伊奈VS中座」
木村九段の解説が絶好調
楽しい。

山本周五郎「赤ひげ診療譚」を半分読了
ドラマで表現される明快さと違い
内面表現が深いですね。





f0117041_05323784.jpg

言葉では十分ではない。表情と背中が語る人でありたい。


f0117041_05332986.jpg

砂山のほてりにむせる小舟哉  一茶


f0117041_05344165.jpg

正論をつまみ食いする時代なり我も同業にたりよったり  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-12-14 05:35 | Comments(0)

12月13日  やわらかき小さな手にも雪が降り

f0117041_05260258.jpg

昭和記念公園です。


コートを羽織らなくては間に合わない寒さですね。

あらゆることが時間が薄めてしまいます。
親切風を装い、誠意を語りながら
記憶から消してしまうのですね。
拉致問題も「誠意を尽くした」という
言い訳しか残りませんね。

NHK杯将棋トーナメント
郷田VS増田
ベテランと若手意外性があって面白い。
楽しみました。

「赤ひげ」
石見銀山ネズミ駆除剤を使用して
一家心中をはかるエピソード
映画とテレビドラマでは長治という子どもは
診療所の人たちの献身的な努力で
一命をとりとめるのですが小説では死んでしまいます。
脚本家も大変な仕事ですね。

「ミニバー夫人」ウイリアム・ワイラー監督作品
古き良き時代の「大人の童話」ですね。
ドイツを悪ものにして
「正義の戦い」にのっかる。
インディアンを悪者にする「西部劇」の伝統ですね。
成熟していない伝統なのですね。

今の時代は何を悪者にしているのでしょうか。

中国の「紅衛兵」
ロシアの「共産党員」は
どのような「知恵」で生き延びているのでしょか。




f0117041_05270024.jpg

誠意ある態度で心配そうに語るなら沈黙がいい。


f0117041_05274860.jpg
としよれば犬も嗅ぬぞ初袷  一茶

f0117041_05285891.jpg
ながれきて流れさるがお似合いのぐうたらオヤジの鼻毛は長い あきオジ


# by hiramekarei | 2017-12-13 05:29 | Comments(0)

12月12日  雪降りの音に目覚めるなつかしさ   

f0117041_05345598.jpg

昭和記念公園です。

一段と厳しい寒さだとか。
ご苦労様です。

日本に限定すれば「そこそこ平和」なのですね。
ブログを更新

早起き読書

隣駅までウオーキング
まあまあの朝です。

「地球劇場」と「スタレビ」で
根本要の「木蓮の涙」繰り返し聞いています。
穏やかな哀愁が素敵な名曲です。
根本要の人柄も素敵です。

「赤ひげ診療譚」
登場人物の名前が独特で面白い。
江戸時代の女性の身分とか与えられた役割も見えてきますね。

Bリーグバスケットボール
観客を集めようと必死になっていますね。
ここにも生活の場を求める若者がいるのですね。

トップリーラグビーを見て終わりです。

一茶の語法になれてきました。
楽しみはこれからです。
f0117041_05353675.jpg

パソコンを支配するのはことのほか難しい、じゃじゃ馬ならし

f0117041_05363203.jpg

土蔵からかすかいにさすはつ日哉  一茶


f0117041_05372561.jpg
言葉さえ引き出しにない時代の子他人の辞書をお借りするだけ  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-12-12 05:37 | Comments(0)

12月11日  愚直まで張り付ているサンマ漁 

f0117041_04402746.jpg
昭和記念公園です。

寒波が押し寄せるそうです。
転ばぬ先の杖。
用心しましょう。

昭和記念公園は閑散としていました。
紅葉も終わっていました。

饒舌とはったりで生きる男。
気遣いと品定めで生きる女。
コンビ誕生

「赤ひげ」一話読了。
予想通りの展開
どんでん返しの結末爽快感が嬉しい。
毎日の楽しみです。
テレビドラマも見ているはまり方です。

NHK杯将棋トーナメント藤井VS稲葉
稲葉序盤でリードし、そのまま勝利。
聡太君テレビ露出が少なくなりますね。

谷村新司「地球劇場」をおさらい。
名曲を選んでいますね。
アイドル系の若い歌手は皆無でした。

「スターダストレビュー」を見る。
「スターダストレビュー」のリーダー根本のファンになりました。
「木蓮の涙」名曲ですね。




f0117041_04412622.jpg


気遣いし、気遣い求めて腹立てる。生きるのも大変だ。


f0117041_04430547.jpg


夜神楽や焚火の中へちる紅葉  一茶


f0117041_04452751.jpg


愚かさとこだわり根っこやっていく今日の空は無限なのだ  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-12-11 04:45 | Comments(0)

12月10日 受験生留守番をする雪が降る

f0117041_04565969.jpg
昭和記念公園です。

一段と寒くなりましたね。

受験生にとっても厳しい季節ですね。
年を取ると一日が短かくなりますね。

山本周五郎「赤ひげ」の親子心中のエピソードを読みました。
人物の細部までこだわるので年寄には疲れますが、頑張っています。
一日一時間が限度ですね。

テレビ「赤ひげ」も面白いですね。

日本音楽コンクールのピアノ部門を取材したドキュメント番組をみました。
17歳の高校生が優勝しました。
素人目に見ても才能ありますね。
面白いですね。

「地球劇場」拡大版を見ました。
谷村新司を中心とした45曲をそろえていました。
面白い番組でした。
録画しておきました。

バスケット番組もみたし
散歩もしたし

そんなもの。



f0117041_04575783.jpg


あんなことこんなことすべては自分が決めたこと自分が消えたら責任取りようがない。


f0117041_04584160.jpg

たばこ盆足で尋る夜寒哉  一茶


f0117041_04593235.jpg


退屈を手のひらにのせ吹き飛ばす肺活量も乏しくなりて あきオジ


# by hiramekarei | 2017-12-10 05:00 | Comments(0)

12月9日 苦労さえほどほどがいい老いの暮

f0117041_05280733.jpg
鎌倉です。

起きるのに気合が必要になりました。

甲高い早口の政治家が多いですね。

NHKドラマ「赤ひげ」テンポがあって面白い。
再放送も見ています。

「新日本風土記」で「永平寺」をみました。
そんな「生き方」もありますね。
以前、見たこともあります。

「アジアカップ」浦和レッズVSサウジアラビア
サッカーには興味ありませんがサポーターの応援に感動しました。

新しいスタイルが生まれていたのですね。


f0117041_05290793.jpg
「罵り合い」「がんばれ」「根性」だけの応援が成熟したのが嬉しい。次なる高みに

f0117041_05300967.jpg


長き夜や心の鬼が身を責める  一茶


f0117041_05311481.jpg



# by hiramekarei | 2017-12-09 05:31 | Comments(0)

12月8日 就活も熱が見えぬ年の暮

f0117041_05123398.jpg
神代植物公園です。

今年は雪が多い年でしょうか。
雪は老人には大敵です。

とりあえず体力の衰えだけです。
ありがたいことです。

テレビ体操一日二回やってます。
効果は感じます。

国際情勢のことは分かりませんが
どの国も、きなくさいですね。
生き延びるのは大変なことなのですね。

「中国の農村部の医者」を取材した番組を見ました。
善良で柔和な医者とその息子の年月を取材した内容でした。
中国の暮らしは骨太ですね。

将棋番組を見ていますが飽きました。
でも続けます。
どんなことだって続けなければ上達しない。

「ブラックジャック」
そして、「山本周五郎短篇集」で朝が始まります。


f0117041_05132038.jpg


年寄は「気兼ねして」「遠慮して」「我慢する」その逆がいい。


f0117041_05142897.jpg


夕月や涼みがてらの墓参り  一茶

f0117041_05155318.jpg


さからわず時の流れに身をまかせあるがままにそこそこでいい

# by hiramekarei | 2017-12-08 05:16 | Comments(0)

12月7日   二度おいしい暮らしもいいか冬支度

f0117041_05114290.jpg

昭和記念公園です。

転ばぬ先の杖。
歩くのに細心の注意をして散歩しています。

「不安幻想は膨張する。」
個人も国家も同じですね。

山本周五郎で泣いています。
小説に出てくる女性は
したたかで潔いですね。
短編小説を一話読むのが
朝の楽しみです。

人には裏側の豊かさがあるのです。
上品なきれいごとは「怪しい」ですね。

羽生が永世7冠達成
同時代を生きたことを語るようになるでしょう。
f0117041_05125638.jpg

「そんなこと当たり前」という残酷な説教。



f0117041_05135767.jpg

孤(みなしご)我は光りぬ蛍かな  一茶


f0117041_05150491.jpg
ぐうたらであってもなくても年の暮れ干し柿たべるありがたさでいい


# by hiramekarei | 2017-12-07 05:15 | Comments(0)

12月6日  老い背負い階段上る師走かな

f0117041_04270353.jpg

昭和記念公園です。

寒くなりました。

戦争は意外なきっかけで始まるのでしょうね。
そして、終わり方も同じ。

過剰な国家支援
寄り掛り国民
すっかり足腰を弱くする流れになりました。

「山本周五郎短編小説」読破が来年の目標。
一茶は継続。
宮沢賢治も面白そう。
「短歌集」手にいれました。

色街の男女を描いた「ほたる放生」山本周五郎
身を売る女
その女にを食い物にする男
でも離れられない二人

山本周五郎の小説には「根っ子」がありますね。
悲しいけれどしたたかな結末がある。
そこが面白い。

NHK杯将棋トーナメントを見る。
全盛期を過きた棋士は
どのような思い出で過ごしているのでしょうか。




f0117041_04285279.jpg


勝った理由など勝ったものが適当に作る。


f0117041_04321117.jpg


世に飽きた顔をしつつも衣替  一茶


f0117041_04362581.jpg


自分らしい自分などありゃしない真似っこ老人それでいいのだ  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-12-06 05:42 | Comments(0)

12月5日  おお寒いタイツ穿いてでかけよう

f0117041_05542299.jpg

昭和記念公園です。

人も少なくなりましたね。

天皇のことになると格調高い議論になりますね。
歴史にかかわる問題なのですね。
賢い人にお任せしましょう。

メモしておかないと前日のことが思い出せません。
メモは、このブログを書くために役立ちます。

本当に大切なことは忘れたくても忘れない。

まあ、いいか。

順調に一日一短篇進んでいます。

山本周五郎の短篇には「大人の童話」というべきものがありますね。
「かあちゃん」はその代表でしょうか。

繰り返し読んでは泣いています。
大人の目薬ですね。

プールに出かけました。
長生きしたいのでしょうかね。
分かりませんが
すっきりするのは間違いありません。

トップリーグのラグビーを見ていました。
大学生はいつ勉強するのでしょうか。
社会人は「ラグビーが仕事」なのでしょうか。

それもいいですね。
漫才も仕事です。

好きなことして生活できればそれがいい。


f0117041_05552527.jpg


過労死するまえに仕事やめてください。いつの時代もわかっているけどそれができない。


f0117041_05561038.jpg


能なしはつみもまたなし冬籠り  一茶



f0117041_05565225.jpg
闇のない光などはありえないせこいやつらも時代をつくる  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-12-05 05:57 | Comments(0)

12月4日  秋寒を口実にする怠け者

f0117041_05074167.jpg

昭和記念公園です。

紅葉も落ちてしまいました。

「おんぶにだっこ」の時代の気分ですね。

jリーグで川崎フロンターレが優勝しました。
新聞では大騒ぎです。
川崎では祝賀バーゲンやってますかね。
私は興味が持てませんしテレビ観戦もしません。

でも、老人は夢中になって応援するのもいいですね。
羨ましい。

テレビドラマ「赤ひげ」を再放送も見ています。
一本で二度楽しいです。
何度も制作されていますが脚本がしっかりしているからでしょうか
ずっしりきます。

遊郭を舞台にした物語でした。
時代の制度の犠牲となった
貧しい女性たちが登場します。

山本周五郎全集は短篇進行中です。

全日本バドミントン選手権大会をライブで見ました。
青春を賭けるというより
生活を賭けているのですね。

宮沢賢治の評価は高まりますが石川啄木は
時代の証言者のままですね。
文学史も揺れ動く普遍性などありゃしないのですね。



f0117041_05081676.jpg

品定めが好きな人に巻き込まれないがいい。


f0117041_05091872.jpg

麦秋や子を負ながらいわし売  一茶



f0117041_05101648.jpg

新しい時代などはありゃしない期待せずに歩いていくだけ   あきオジ




# by hiramekarei | 2017-12-04 05:10 | Comments(0)

12月3日 言い訳を許さぬ北風そんなもの

f0117041_16425899.jpg
昭和記念公園です。


紅葉も後半戦ですね。
そして、色のない季節になりますね。

昭和記念公園に出掛かました。
顔見知りの職人と
老人暮らしの楽しみを語り合いました。

「山本周五郎」順調に進んでいます。
頑固で一途な文体はいいですね。
比較して「しあわせ」を知る。
そんな「何者でもない時代」を思い出します。

来年は「宮沢賢治」にこだわりたいですね。

真実の追求というメディアのいかがわしさ。
裏側にある「底意地の悪さ」
でも記者にとっては生活が懸かっているのですね。

f0117041_16435990.jpg

立場が違えばそれなりの言い訳はなりたつものですね。


f0117041_16451601.jpg


ひいきめにみてさへ寒き天窓(あたま)哉  一茶


f0117041_16462101.jpg

               
   生きることこだわりもなくいい加減自己撞着の安全暮

# by hiramekarei | 2017-12-03 06:58 | Comments(0)

12月2日  「忖度」に秋風抜ける夜もあり

f0117041_05150611.jpg

鎌倉です。

山本周五郎「日々平安」
黒沢映画では「椿三十郎」ですね。
映画では人物がくっきりしていましたが
原作では多様で難解でした。

テレビドラマ「赤ひげ」は展開が早く見ごたえがあります。
楽しみにしています。
映画もなかなかのものです。

「宮沢賢治」取り上げた100分で「名著」を見ました。
突っ込んだ解説で面白かったです。
来年は「宮沢賢治」の短歌を読みたいですね。

流行語大賞で「忖度」が選ばれました。
日本人は「洒落」を心得ていますね。

f0117041_05165284.jpg

「危機を煽り」新聞社も製薬会社も商売しているのかな


f0117041_05174210.jpg


藪陰をてふちん通る夜寒哉  一茶



f0117041_05190416.jpg

気の利いた飾りもありてクリスマス売り買い楽しむそれもいい  あきオジ




# by hiramekarei | 2017-12-02 05:19 | Comments(0)

12月1日  北風の縁側避ける黒き猫

f0117041_04221011.jpg
昭和記念公園です。


寒さが厳しくなってきました。
だんだんと動くのが面倒になてきました。
時間をかけて老いていくのですね。

心構えができて安心しました。

政治家や高級官僚は些末なことで騙し合い
言い訳し合うのですね。
新聞も同じですね。

山本周五郎全集を読破する予定です。
「赤ひげ診療譚」を読みました。
映画「赤ひげ」もおさらいしましょう。

朝の作業を終わり
駅の高倉珈琲で新聞読んで
山本周五郎の短編小説一話読んで

散歩して
古書店で世間話をし
帰宅

将棋「銀河線」一局観戦。
藤井VS田上
藤井の負け

プレミアムカフェ「北極圏サバイバル」を見る。
冒険ドキュメントは
企画が分かりませんし
冒険者とカメラマンとの関係がわからず面白くありません。

お絵かきをして一日が終わりました。



f0117041_04223953.jpg

「いい人」とは反対もせず流すことができる人のことかもしれません。


f0117041_04242570.jpg

石仏誰が持たせし草の花  一茶

f0117041_04254952.jpg

あるはずのなき幸福を探してる中年オヤジの婚活不思議

# by hiramekarei | 2017-12-01 04:26 | Comments(0)

11月30日 銀杏舞う踏切渡る遍路かな

f0117041_05255670.jpg


昭和記念公園です。

寒くなりましたね。
転ばないように注意してあるきましょう。

NHKの「プレミアムカフェ」を見ました。
音楽を写真にするカメラマンの次は
佐渡の海に生息する
「こぶだい」を撮り続けるカメラマンでした。

居場所を見出した人の自信と爽快感がいいですね。

「あかひげ診療譚」を読み直した爽快感もあり
山本周五郎全集を手に入れました。
また、本が溢れ始めました。

来年は山本周五郎おさらいしようと思います。
「赤ひげ診療譚」がお気に入りなのですがどうなるでしょうかね。

哲学的な姿勢が強い手塚治虫の「ブラックジャック」と並行して読んでいます。
パソコン不良で更新が大変でした。
f0117041_05570887.jpg

みんなと同じ走路で競争するのは止めました。


f0117041_05251752.jpg

古郷はかすんで雪の降りにけり  一茶


f0117041_05234902.jpg

また一つ年を加えて何になる白秋終わり玄冬になる  あきオジ





# by hiramekarei | 2017-11-30 05:32 | Comments(0)

11月29日 寝起き悪き三毛猫歩く秋の寺

f0117041_04285163.jpg

横浜風景です。

水中ウオークをしただけで腰が重いです。
順調に老化が進んでいます。

天気がさえないので遠出は止めました。
やめる理由ならいくらでも作れます。

高倉珈琲で「赤ひげ診療譚」を一話読んで
そして隣駅まで散歩
川沿いの並木が美しい素敵な道です。
散歩はじいさんを哲学者にします。
以前はウォークマン聞いてましたが最近は邪魔になりました。

将棋銀河戦
若手同士の対局でした。
プロ棋士とも思えぬ大乱戦。
ついつい夢中になって観戦しました。

NHKで「音楽を写真」にする。
そんなタイトルの
面白い番組を見ました。
写真家が音楽家専科で撮り続けるドキュメンタリーです。

楽しい人はいっぱいいますね。


f0117041_04295237.jpg
あなたがいるだけで暖かくなる。

f0117041_04305558.jpg


何をして腹をへらさん衣替  一茶


f0117041_04320164.jpg


飽きがきた暮らしに落ちれば見えてくる鰯雲の修羅のまぼろし  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-29 05:15 | Comments(0)

11月28日 午睡してみかん一つで日が暮れる

f0117041_18225556.jpg
みなとみらい周辺です。

最近見つけたお気に入りの高倉屋珈琲で
なれないコーヒーを飲んで
「あかひげ診療譚」
「ブラックジャック」それぞれ一話読んで
ささやかな贅沢をしました。

隣町のジムで水中ウオークをして

午睡をして

新日本風土記「出雲」
「日本伝統芸能」をテレビを見て
一日が終わりました。

順調に老化が進んでいます。
テレビ体操で対抗しています。

まあ、いいか。


f0117041_18235089.jpg


結局は好きなことを思い切りやった人が未練を残さない。


f0117041_18252466.jpg


念仏に拍子のつきし一葉哉  一茶


f0117041_18263299.jpg
そこそこと総括しても満たされない秋は夕暮れ短篇一話  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-28 04:52 | Comments(0)

11月27日 これがまあ横浜色の年の暮れ

f0117041_17035070.jpg
横浜風景です。

久しぶりの横浜です。
クリスマス飾り
そして紅葉でした。

こうして、独りで出歩けるのもあと少しでしょうね。

将棋朝日杯トーナメントで
山崎隆之が優勝しました。
NHK囲碁講座MC二人がタイトルを取りました。

活気があっていいですね。

「赤ひげ診療譚」を読んでいます。
小説、映画、テレビドラマと並行して楽しんでいます。

以前池波正太郎で「雲霧仁左衛門」のドラマ化したものを
較べたことがあります。

どれも面白いですね。

しばらくお休みしていた「落語研究会」を楽しんでいます。
欲張らず続ける。


f0117041_17011911.jpg


飽きたら休む。そして、再開する。やめない。

f0117041_17020040.jpg


木からしや物さしさした小商人   一茶


f0117041_17052246.jpg


「寄りかかる」それは椅子だけ潔い言葉飛び出す年の暮れ  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-11-27 16:57 | Comments(0)

11月6日 秋の暮老眼見通す暮らしぶり

f0117041_17393780.jpg
昭和記念公園です。

「赤ひげ診療譚」を手に入れました。
もう一度読み直すつもりです。
山本周五郎は深い。

「こころの時代」
被災地福島で活動する住職の思いをとりあげていました。
久しぶりに内容の濃い企画でした。
録画しておきました。

山本周五郎の描く世界は普遍的ですね。
NHKのドラマをNHKドラマ「赤ひげ」を見ました。
今日は、映画「赤ひげ」をみましょうかね。

「こころ旅」愛媛、高知編見ました。
半日見ていました。
いい番組です。

トレッキング番組をみました。
山小屋管理人を取材した内容でした。
こんな生き方もあるかなと思いますね。

風景が圧倒的ですね。

昨日は天理大学VS同志社
ラグビー試合
学生は疲れ知らず

居場所を見出している。



f0117041_17403385.jpg


理不尽な裏側世界にも支配する「正論」があるのですね。


f0117041_17413401.jpg

炭もけふ俵焚く夜と成にけり  一茶



f0117041_17423947.jpg


正論を絡みつけたる暇つぶし柿残りたる庭の残照    あきおじ


# by hiramekarei | 2017-11-26 06:19 | Comments(0)

11月25日 ぼんやりが景色に馴染む里の秋

f0117041_20140872.jpg

昭和記念公園です。

寒いですね。
そして夜明けが遅いですね。
早起き老人には朝が分かりません。

定期検診を受けました。
忙しい若い医者が話も聞かず
言いたいことだけ言って立ち去る。
これが現状ですね。
医者がいるだけでも
それでいいか。

散歩しました。
古書店に立ちより
いつものスタッフと雑談。
けっこう面白い。

落語研究会の口演を一話だけ聞いています。
日本人の底流に流れる「柔らかな」心情が素敵です。
橘屋園太郎の「おたふく団子」

「赤ひげ」第四話
原作は「赤ひげ診療譚」
お気に入りです。
大工の兄貴と弟分の心情を描いたもので
濃厚な内容で面白かったです。

将棋銀河戦藤井聡太君
11連勝でストップしましたね。

「カバーズ」矢野顕子登場でした。
天才ですね。
楽しかったです、。

来年は体力に応じた内容にします。


f0117041_20151715.jpg

病院に行くとこれだけのスタッフを養っているのだから高額になるのだと納得します。


f0117041_20172125.jpg


わらの火のへらへら雪はふりにけり  一茶


f0117041_20161624.jpg


まあいいか何も残らぬ金曜日そのままでいいそんな夕暮れ  あきオジ





# by hiramekarei | 2017-11-25 06:38 | Comments(0)

11月24日 栗ご飯両手でかかえる里帰り

f0117041_14170047.jpg
昭和記念公園です。

寒いですね。
大雨の予報でしたが
午後からは快晴になりました。

「こころ旅」は四国を回っています。
田舎には年寄しか残らない現実が分かります。
どきにいっても「うどん」を食べていますね。

タイトルは忘れました
「名古屋が一番」という番組を見ました。
名古屋の仏具店では
仏壇一基3500万円をとか
どのような背景かわかりませんが魂胆は見えますね。

教会では始祖はそんな華美をもとめたのでしょうか。

宗教も侵略の先発隊であったり
学校を利用した政治制圧の道具であったり
言い訳であったりで怖いですね。

「ラグビー大学」を見ました。
早稲田VS慶応
帝京VS明治でした。

貧困や戦乱の国では
想像できない長閑さですね。

Bリーグ
バスケットのプロリーグです。
地域密着型で頑張っています。
応援も熱がありますね。
琉球VS名古屋を見ました。

好きなことを好きなだけ。


f0117041_14183430.jpg

顔色うかがい相槌もとめる人、相槌で「とりあえず」間に合わせる人。ごくろうさん。

f0117041_14205653.jpg
年寄や月をみるにもナムアミダ  一茶


f0117041_14221483.jpg

とりえずそこそこ食える平穏を温めているか山茶花の街



# by hiramekarei | 2017-11-24 04:41 | Comments(0)

11月23日 寝坊なれど小言もなしの目覚めかな

f0117041_20034391.jpg
昭和記念公園です。

寝坊しました。
サーバーの調子が悪いのか
更新した記事が消えてしまいます。
苦労して、ここまでたどり着きました。

「こころ旅」
四国を回っています。
「グレートトラバース」に登場した
高知の「ひばり食堂」が登場しました。
例のごとくの「巨大とんかつ」を提供していました。
全国区になりましたね。

うどんが繰り返しでてきます。
四国はいいところですね。

外出が難しくなったら
「こころ旅」と「グレートトラバース」で元気をもらいます。
今はせっせと録画しています。

土曜日は将棋の生中継があります。


f0117041_20043164.jpg
調子に乗ってしゃべると怪我をする。品定めの話題に乗らない。

f0117041_06433746.jpg

猫の手がちよいと押へるおち葉哉  一茶

f0117041_20052607.jpg
寝坊する老人暮らしもいいものだせかせか暮らしはもうたくさん



# by hiramekarei | 2017-11-23 05:59 | Comments(0)

11月22日 起きるさえ仕事となりし寒さかな

f0117041_17014690.jpg
御岳渓谷です。

寒いですね。
常夏の国ではどのような挨拶をするのでしょうか。

将棋番組を見て
「こころ旅」の愛媛編をDVDに移植しながら見なおしました・

番組を見ると「田舎の老人」には素敵な人が多いなと思います。
気の利いた上品でそつのない都会の人と違う気がします。

でも、どこもかしこも同じものさと言い出す人に負けそうです。
都会とはそんなものです。

「ブラックジャック」毎日一話読んでいます。
テーマも展開も新鮮です。

コーヒーブレイクの場所を変えてみました。
新聞も雑誌もあり快適です。
居場所を変えるのも新鮮ですね。

テレビ体操を続けています。
ジムに出掛かるより効果的です。
こまめに回数をこなしています。

「宮沢賢治アルバム」を手に入れました。
読み直してみようかなと思っています。

興味を持つと欲張る悪い性分です。





f0117041_17023620.jpg

塵も積もれば山となり地殻変動起こすことになるかもしれません。

f0117041_17040870.jpg

藪陰をてうちん通る夜寒哉  一茶

f0117041_17070033.jpg

挨拶で「ここにいます」を確かめるエレベーターに深きやりとり あきオジ


# by hiramekarei | 2017-11-22 06:10 | Comments(0)

11月21日 俳句する気合もうまれず二度寝かな

f0117041_16411175.jpg
御岳渓谷

天才舞踏家を描いたバレー
「ニジンスキー」をハンブルグバレー団で見ました。
芸術とはそんなものでしょうが
異様でした。

バレーだけでなくオペラはなじめません。
文化を理解する土壌の差なのでしょう。
まあ、そんなものです。

銀河戦
佐藤VS小山アマ
プロになった人と
プロになりたかったのになれなかった人の対局でした。

将棋プロには変な人が多いと話していた人がいましたが
世界世界にはまったあことを批判しているのでしょうが

みんな違っていて、それぞれいい。
それにしても日本人はバランスがいいというか
何でもバランスよくというのが好きですね。

そのために自分を抑えるのが好きなのですね。

「ブラック・ジャック」2巻目を読んでいます。
医学書であり哲学書ですね。順調に進んでいます。

NHK俳句・短歌
日曜日の朝はかならず見ます。
でも、得るものはありませんし
面白くありません。
ポップスに才能が流されたのかもしれません。

今日は、二駅分歩きました。
哲学者になった気分です。

「日本縦断各駅停車の旅」
NHKで放映しました。
ただ、南から北まで各駅停車に特化して乗り継ぐというものです。
ハプニングもなく、それなりでした。

「200名山縦走」
「自転車縦断こころ旅」
この二つのシリーズで日本の懐を感じました。

「ぐっさんの大型トラック・高速道路縦断」
「路線バスの旅」
これも面白いですね。

竹原ピストルの紅白決定の予想をして
当たりました。

ただ、それだけのことです。




f0117041_16421480.jpg

議論する友達はいらない。根っこのある冗談を投げ合うしたたか友達がいい。


f0117041_16432828.jpg


吹かれ吹かれ時雨来にけり痩男  一茶

f0117041_16444440.jpg

ぐうたらがそのまま暮しで年をとり何も残さぬそれでいいのだ あきオジ




# by hiramekarei | 2017-11-21 05:17 | Comments(0)

11月20日 雨に降りの茶会の始まり品定め

f0117041_16424427.jpg

昭和記念公園です。

すっかり秋ですね。

ラジオ体操を続けています。
健康だけは、あと少しは間に合いそうです。
好きなことを好きなだけ。

準備万端
後は野となれ山となれ
「阿弥陀堂だより」を思い出します。

NHK将棋トーナメント
羽生VS山崎
山崎の完勝
勝負の世界に入ると
てっぺんを目指すものなのですね。

ラグビー
トンガVS日本
日本チームの主力は外国人
経緯は分かりませんが
それがいいですね。
すこしづつ「純血」愛国心が薄められてきましたね。

「ブラックジャック」
順調に読んでいます。
大人向けの漫画ですね。

サーバーのエラーが続き更新に苦労しました。




f0117041_16411277.jpg
人の品定めに加わらない。語らない。その方が気楽になれる。それだけのこと。

f0117041_16471794.jpg

目出度さもちう位也おらが春  一茶


f0117041_16481495.jpg

短歌する自己完結の厚化粧どろどろ闇を覆ったままで  あきオジ



# by hiramekarei | 2017-11-20 05:57 | Comments(0)

11月19日 風寒くだからどうだの日曜日


f0117041_05223063.jpg
御岳渓谷です。

寒いので朝はエアコンつけています。
そんな時期ですね。

先日、手塚治虫の「ブラックジャック」全巻手に入れました。
一日一話で十分です。
欲張らないのがいいですね。

女流棋士の対局を観戦しました。
まさに「殴り合い」ですね。
時代が変われば棋風も変わるでしょう。
それにしても一途ですね。
羨ましい。

豊かな時代にあっても「節約」「安物探し」に夢中ですね。
いっそのこと
もたないことにすればいいのですが
社交であり文化なのですね。
スーパーに行くと老人が溢れています。
平成という時代ですね。

相撲は密室社会ですから
裏でなにがあるか分かりませんね。
すでに工作完了で「なにもなかった」ことでおさまるのすね。

そんなとき元検察庁官が登場する。
「闇から闇へ」
本当なことを暴露するよりいいかもしれませんね。

「こころの時代」
大部分は退屈ですがとりあえずみています。

苦手なのは着飾った法衣でブッダの教えや「無」を解いているものですね。
既得権を守り、世襲制の教養人
観念で語って欲しくないですね。
でも、自己崩壊に進んでいますね。

「始まるものは終わる」のですね。

f0117041_05233088.jpg

きれいごとや美談の裏側の闇は広大で無限。無邪気に持ち上げる人には警戒する。


f0117041_05242635.jpg


川霧にまくしかけたり茶つみ唄  一茶


f0117041_05252499.jpg



迫りくる危機を煽り武器産業ごきげんさんのそれもあったか  あきオジ




# by hiramekarei | 2017-11-19 05:18 | Comments(0)

11月18日  きれいごと剥ぎ取って散る紅葉哉  

f0117041_15490710.jpg
青梅です。

寒さが厳しくなりましたね。
ラジオ体操順調に続けています。
一日二回は楽しんでいます。
懸命にやるより
適当にやる。

「赤ひげ」第三話
佐七とおなか純愛物語の構想がいいですね。
涙ボロボロでした。

「スターダストレビュー」を繰り返しみました。
好きなことにこだわり食っていければそれでいい。

例のごとく将棋一局見て一日が終わりました。

「人によりつかず・群れず・頼らない・そして頼られない」
いまのとろろ順調です。

午後三時に玄関を通過したら管理人から
「今日は、遅かったですね」とあいさつされました。

竹原ピストル紅白歌合戦出演きまりましたね。予想的中しました。
泥臭い、野暮ったい歌が今の時代必要なのかもしれませんね。


f0117041_15501569.jpg

改札での別れの挨拶、あれほどいっぱい押し付けないと気が済まないのかなあ

f0117041_15512925.jpg
ぼた餅の来べき空也初時雨  一茶

f0117041_15524585.jpg

空高い朝になれど品定め始めるころはエンジン最高  あきオジ


# by hiramekarei | 2017-11-18 05:06 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧