朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

2017年 10月 16日 ( 1 )

10月16日  ありもせぬ儲け話に揺れる秋

f0117041_04590841.jpg

昭和記念公園です。

秋も深くなりましたね。

真面目に日本の将来を考えているような
「お友達大切」もありそうな
候補者の真剣を演じているのが気の毒です。

また、かりだされて雨の中応援しているおじさんもご苦労様です。
旗を振る人がいつも「加害者」になるのです。
みていると「政治家」でしか生きられない人もいるのですね。

それもありか。

「西会津のお天気母さん」というドキュメント番組をみました。
懸命に勉強して米つくりしている夫人を取材した番組です。
日本は庶民によって支えられている。
人は良かれと思って間違える。
そんなことを教えてくれる内容でした。

東京が生み出しているのは「虚構の豊かさ」ですね。
商品は「作り出すもの」なのですね。

将棋はNHK杯トーナメント
菅井VS橋本
これだけ平和な状態であるならば将棋で老後を過ごすのもいいかもしれません。
若い棋士の活躍は楽しいです。

「こころの時代」に安藤忠雄がでました。
「しゃあない」人生論は関西風の骨太のしたたかさがあり
面白かったです。

日曜美術館では「運慶」を紹介していました。
圧倒される「ど迫力」ですね。


安売り卵に行列を作る老人
イベントを楽しんでいるのですね。
それもいいかも。



f0117041_05000458.jpg


鉄砲も担げぬ老人が「もっともらしい危機」を煽るのも奇妙な絵柄ですね。


f0117041_05010748.jpg

木がらしや鎌ゆひつけし竿の先  一茶

f0117041_05020027.jpg
とりあえずあと十年はこのままでいさせてほしいわがままな秋  あきオジ


by hiramekarei | 2017-10-16 05:30 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧