朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

2010年 12月 03日 ( 2 )

12月3日  怪獣の展示です。

f0117041_2015395.jpg
f0117041_20155354.jpg

f0117041_2018436.jpg


何となく不気味ですが
どこが頭でどれが尻尾なのか分かりませんね。
でも有名な怪獣なのでしょうか。
女性があれこれいいながら携帯で写真を撮っていました。

「怪獣」という命名、ずいぶん古典的な命名ですね。
それをそのまま受け入れているのが、楽しいですね。

・・・・・・・

怪獣もともだちとなる怖さなき時代の子こそ怪獣なのだ  あきオジ

・・・・
by hiramekarei | 2010-12-03 20:17 | 東京風景 | Comments(0)

12月3日  雨の冬は侘しいですね。

f0117041_636344.jpg


この写真、以前、別のアングルのものをアップしました。
写真としては未熟かもしれませんが「後ろからみた記念写真」という撮り方が
お気に入りです。
そんなことを思い出してアップしました。

・・・・・

氷雨という感じですね。
こんな日はじっとしているに限ります。
何もしなければ退屈ですし
「何もしなかった」という思いは残りますが
交通事故には合わないでしょう。

・・・・・・・

それなりの師走ということになりました賀状も書かずテレビ見てます  あきオジ

・・・・・・

少年も少女もじっと雪の夜の雪話を聞いていた   方代

(方代の歌は「クスッ」という要素があり、その意表をついた趣向が楽しみる時もあれば「はずしたな」というおかしさもあります。その感覚が素敵ですね。生真面目で神経質な技巧を駆使しした現代作家の中が多い中で「ほっ」とする野暮ったさがいいですね。この歌は成功しているとは思えませんが、それもありかなという感想ですね。)

・・・・・・・
by hiramekarei | 2010-12-03 06:37 | 昭和記念公園 | Comments(0)


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧