朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ

12月30日  青梅は独特の雰囲気があります。

青梅の雰囲気です。
あれこもこれも懐かしさに満ちています。
でも、若い人が働く場所はなさそうです。
東京のベッドタウンなのでしょうか。

f0117041_5111524.jpg
f0117041_5112822.jpg


煙草買ふ銭無なかりし時

けぶり草 それだに煙 立ちかねて なぐさめわぶる 窓のつれづれ  橘曙覧

(貧しい生活を彷彿とさせる歌で、このしみじみがいいですね。しみじみとしたゆったりした歌なので、そんなに悲壮感がありません。それが曙覧の魅力だと思います。)

・・・・・・・

のこり葉のかずをたしかめ朴の木の広き落葉をあつめていたり  方代

(方代作品は、「くすっ」という感じがないと、物足りない。「あれこれあるけれど笑っちゃお」「じたばたしてもしかたがない」という達観とは違う開き直りが魅力なので、このようなそのまんまだと、読むほうがどこを笑ったらいいの、そんな感じを歌の中に探してしまいますね。この歌はお札が落ちてきたつつもりだったのだと思うのは品がありませんか?)

・・・・・・

もういくつねたら極楽行けるかと思えるまでの苦労なし  あきオジ

・・・・・・

生きる   

        谷川俊太郎

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

by hiramekarei | 2010-12-30 05:14 | 青梅・奥多摩 | Comments(0)
<< 12月30日  青梅で見つけた昭和 12月29日  どうやら元気で... >>


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧