朝日のように爽やかに


「自家製短歌」とイラスト・写真の組み合わせです。
by hiramekarei
カテゴリ

11月2日  冷たい雨にうたれるほど若くはない。

つつじが丘駅を通過する京王線

私の住んでいる場所から都心に出るのには
JR八王子に出て、中央線に乗り変える方法
JR八王子から京王八王子まで歩き、京王線に乗る方法

JR橋本まで出て、京王線に乗り換える方法などがあります。

便利なところです。
どの鉄道に乗るかは
若い人なら一番安い運賃を考えるでしょう。

あるいは目的地に一番早く到着する路線を考えるでしょう。

でも年をとると
時間と金ならそこそこありますから
出発地から目的地まで座っていけること
乗りえが便利で、移動距離が短いこと
そして、階段が少ないこと
そんなことが選ぶ時の目安ですね。

ですから、お茶の水、神田、浅草などへ出かけるときは中央線
新宿など京王線沿線に出かけるときは橋本始発の京王線です。

交通の便利そうな都心近くでは、電車は込み合い、座ることは難しいですが
思い切り郊外の始発駅ですと
乗っている距離の問題がありますが
安心して適当な場所に座れることがいいですね。

電車に乗っているのも本を読んだりする楽しみがあったりいいですね。
私は、ぼんやりしていることが多いのですが、カバンの中には
「剣客商売」と文庫本の「万葉集」を入れてあるので
退屈しません。

海外とか遠出はしませんが
都心とか鎌倉方面とは東京周辺なら
けっこう動き回っていますし性分にあっていると思います。

電車に乗り、途中下車して、その街を楽しむ。
それもいいですが、そこまで広がりません。

f0117041_5302319.jpg


悲しいと感じたことない作りごと山茶花垣ごしに聞こえることあり  あきオジ
by hiramekarei | 2009-11-02 05:30 | 電車の見える風景 | Comments(0)
<< 元興寺の塔依然なる野分から  蕪村 ちまちまとした海もちぬ石路の花... >>


以前の記事
ブログジャンル
画像一覧